Archive RSS Login

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられた猫とウサギの親子と筆者の趣味の釣りに関するブログです(たまに自動車関連の記事あり)

 
Category: 釣り   Tags: 釣り  料理  三崎港  城ケ島  サビキ  マハタ  ハタ  

【城ケ島・三崎港】サビキでナント!幻の高級魚が!

お盆休みの最終日、8月14日に連休の締めでいつもの城ケ島サビキ釣りに行って来ました。

観音崎の夜釣りと迷ったのですが、無難にいつもの城ケ島へ。

この日の潮は引いていくタイミングとはいえ、潮回り的には悪くないコンディションでしたが何かが変でした。

潮見表


現地に着いたのは午前4時頃。

まだ真っ暗です。

早速、準備をし釣り開始。

最初から「ん?」て感じだったのですが、真っ暗な時に竿を出し第一投。

いきなりヒットしたのはなんとサバ。

続いてウルメイワシ。

いつもですと、暗いうちにアジを釣り、明るくなってサバ、イワシなんですが、アジはまったく釣れずサバ、ウルメイワシが1匹ずつ釣れるとあとはネンブツダイばかり。

城ケ島の猫


いつもの猫にも「はぁ?なんでこいつ?」と嫌な顔される始末。

※ネンブツダイ

もしかして、最終日にやっちゃった?感が漂う中、粘ること30分。

明るくなる頃になってアジが釣れ始めました。

海を見るとイワシ、サバっぽい魚が回遊しているのですが、なぜか食いません。

今年のイワシは出だしも遅く、食いも渋い印象です。

アジもそこそこ釣れたので、やはりイワシが1匹では…と、仕方ないので少しコマセを撒きました。

粘りも虚しくイワシは一向に釣れません。

足元が根魚の気配で覆われてきたその時、メジナ(グレ)がヒット。

あぁ…やはり無理かな…と思っていたら本日の主役、なんと!マハタがヒット。

一瞬またメジナか…と思いましたが、なんか引きが違う。

横に走らず、グイグイ下に潜っていく…

なんだ?これは?と思いながら水面近くにきてビックリ!

なんとマハタです。

マハタとメジナ


さすがにサビキマハタを釣ったのは初めて。

※マハタ

もう遠い記憶の何十年も前…まだ学生の頃にイシダイ釣りにハマり、一時期江ノ島に通っていた頃に外道で40cmほどのマハタを何度か釣ったことがあります。

マハタは美味しいのですが、あまり市場にも流通せず、釣るとなっても渡し舟で沖磯に行ったり乗合船で釣ったりと専門でやっている人も少なくあまりメジャーな魚ではありません。

かと言って、外道で釣れることも少ないです。

故に、「幻の高級魚」などと言われることもあります。

当然お刺身から煮付け、塩焼き、一夜干し、なんの料理でも美味しく頂けます。

味は金目鯛とかに近いかもしれません。

白身でしっとりしていて、程よく脂も乗っており、臭みが全くありません。

料理の話に入る前に少しお話ししておきます。

私がサビキで良くメジナなどを釣りますが、過去には60cmオーバーのボラなども釣りました。

さすがにタモ網ですくいますが…w

ただ、そこまでサビキの糸が切れないのは、こういった大きな魚が稀に掛かることを想定しサビキの針を大き目のものを使っています。

サビキ針


写真の針は6号ですが、どのメーカーもサビキですとMAXが6号くらいです。

一般的にサビキは小さい魚をたくさん釣るイメージで、針も3号くらいのものを使っているかと思います。

3号くらいですと、ハリスも細いので大きな魚が掛かった時に走られたり、潜られたりした瞬間にハリスが切れてしまいます。

また、竿も竿先が柔らか過ぎないものを使っています。

道糸を引っ張った時に全体がしなる竿が理想的です。

竿の号数で言うと、磯竿の2号~3号。

竿先だけ極端に柔らかい竿は大きな魚が掛かった時に竿が折れるか、折れなくともハリスに極端な負荷が掛かることが多く、そのタイミングで切れてしまうことがあります。

まぁ、これは大型の魚に対応出来る釣り方で、デメリットを言うと…

①針が大きいので食いが必然的に渋くなる。
②ハリスも太くなるので上記同様、海が澄んでいると食いが渋くなる。
③口が小さい魚の針掛かりが悪くなる。

どちらをとってもメリット、デメリットはありますので、ご自身の釣り方に合わせて釣って下さい。

そして、久しぶりにこんな魚も釣れました。

この日は虫餌もあったのでアオイソでチョイ投げもしていました。

ゴンズイ


ゴンズイくんです。

※ゴンズイ

見た目は派手なナマズみたいで、泳いでいる姿とかは愛嬌もあるのですが、これも毒魚です。

ヒレに毒があるトゲがありますので素手で触らないようにして下さい。

ちなみに、ゴンズイも前回お話ししたアイゴ同様、食べると美味しです。

アイゴ同様、トゲにしか毒はありませんので、トゲをハサミやペンチで切り、三枚に卸しあら汁を作る要領で味噌汁にするとかなり美味いです。

ゴンズイは群れで泳いでいますので、一度釣れたポイントに投げるとまたゴンズイが釣れることが多いです。

だいぶ話が反れましたが恒例の釣果ですが、この日はこんな感じです。

釣果

釣果


結局、サバ、イワシ類は1匹ずつ。

イワシ類が去年みたいに釣れないのが残念です。

そして料理はこんな感じにしました。

マハタとメジナのお刺身


マハタとメジナのお刺身です。

メジナは今回は皮は剥ぎました。

マハタの兜焼き


マハタの兜焼き。

マハタとメジナのあら汁


マハタとメジナのあら汁。

今回はメジナ(グレ)があったので、マハタの美味さが余計に際立ちました。

刺身は特に臭みもなく、身もしっとりとしていて、程よく脂も乗っている。

小さくても幻の高級魚でした。w

アジ・ウルメイワシ・サバの天ぷら


本当は本命の青魚達はこの日は全て天ぷらに。

これで約大人2食分。

釣って楽しく、食べて美味しい釣りでした。

今週は台風の予報もありますが、週末にはまた青魚を狙って釣りに行こうと思います。

またご報告させて頂きます。

ロップイヤーと猫の動画






釣り・フィッシング ブログランキングへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 釣り    ジャンル : 趣味・実用


12-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

11   01

大塚幸一

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。
FaceBook:Koichi Otsuka
Instagram:Koichi Otsuka
YouTube:猫とウサギ・少し釣りの動画チャンネル
筆者プロフィール詳細:Koichi Otsuka's Profile

ご質問・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
【城ケ島・三崎港】大サイズのマイワシが回って来てくれました(2017年12月17日) Dec 17, 2017
布団を奪う猫 Dec 13, 2017
【城ケ島・三崎港】地上にマイワシ大漁の形跡が…しかしそうは問屋が卸さない?(2017年12月10日) Dec 10, 2017
【城ケ島・三崎港】鳥と猫によるマイワシ争奪戦が勃発!肝心の釣果は?(2017年12月3日) Dec 03, 2017
【城ケ島・三崎港】11月最終週・まだマイワシ好調です(2017年11月26日) Nov 26, 2017
人気ブログ
Instagran
ペット用品・釣り具をネット通販
AdSense
廃車費用一切無料