Archive RSS Login

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられたキジトラ(キジシロ)猫と、子猫を育てたウサギの親子の日常と、筆者の趣味の釣りに関するブログです。(たまに自動車関連の記事あり)

 
Category: 釣り   Tags: 釣り  城ケ島  三崎港  料理  サビキ  ハゼ  落ちハゼ  丸干し  

【城ケ島・三崎港】まだ釣れる?サビキ釣りと落ちハゼ釣り

10月も半ばを過ぎ、肌寒いを通り越して普通に寒い10/18に城ケ島サビキ釣り落ちハゼ狙いで釣りに行って来ました。

サビキ釣りと言えば「夏」の釣り…というイメージで寒い中エサのコマセやらの準備に違和感を覚えながらいざ城ケ島三崎港へ。

現地には午前5時過ぎに到着。

空が薄らと明るくなり始めた頃でした。

さすがに寒いと感じる気温の影響か、全盛期ほど人もおらずムキになって場所取りをしなくて良い感じの釣り人の数でした。

そんな中、5時半頃から釣り開始。

明るくなり始めても天候が曇りと明け方はジャンパー無しではいられない感じでした。

城ケ島の夜明け
城ケ島大橋方面を撮影


サビキで釣れるイワシを狙ういつもの猫もスタンバイ。w

城ケ島の猫
早朝よりスタンバイ


この日の潮は決して悪くなかったのですが、私が行った時間があまり良くありませんでした。

潮見表
10/18の潮の状態


画像の潮の満ち引きを表すグラフの色が薄くなっている時間帯が一番潮が動く時間帯なのですが、釣りを開始してからわずか30分程で終わってしまいました。

ハゼ釣りに関しては、この時間以降ピタリとアタリが止まりました。

潮の満ち引きだけが魚の食いに影響するわけではありませんが、この日は露骨にこの時間以降アタリも無くエサをまったく食った形跡がありませんでした。

前回の釣りハゼ釣りもそこそこの釣果だったので期待しましたが残念な感じでした。

一方、サビキ釣りは好調でした。

ウルメイワシがメインですが、この時期になるとさすがにデカイ。

あまりこの時期までサビキで釣れた経験がないのでサイズはもとより、何が釣れるか最近では楽しくなってきました。

前回の珍客は稚鯛(マダイの稚魚)が釣れましたが、今回はそこそこのサイズのシマアジが釣れました。

10/18の釣果
ウルメイワシを除いた釣果


上からウミタナゴ、シマアジ、マハゼ、マイワシです。

前回の稚鯛は投げ釣りで、エサはアオイソメで釣れました。

今回のシマアジはサビキで、エサはアミコマセです。

もっと小さなシマアジはポツポツ何度か釣れましたが、このサイズは今年は初めてです。

ウルメイワシを含めた全体的な釣果はこんな感じ。

10/18の釣果
10/18の全体の釣果


シマアジ、マイワシは数が釣れませんでしたが、まだ回遊はしてきているようです。

ハゼ落ちハゼ)に関しても、今回はタイミングが合いませんでしたがまだ釣れると思いますし、1日釣っていればそこそこの数は釣れると思います。

シマアジの握り寿司
シマアジの握り


シマアジは握り寿司にしてみました。

身が締まっていて美味しかったです。

ハゼの天ぷら
マハゼの天ぷら


数が残念な感じですが、ハゼはいつもの如く天ぷらに。

ここからは捌く疲労が否めず、やっつけ感タップリですがウミタナゴは塩焼きに、ウルメイワシの「大」はフライにしました。

ウミタナゴの塩焼き
ウミタナゴの塩焼き

ウルメイワシのフライと天ぷら
ウルメイワシのフライと天ぷら


ウルメイワシは揚げている途中にパン粉が切れてしまい、途中から天ぷらが混じってます。w

最後に、今年は本当にサビキでのイワシ類の釣果が好調だったので、何度か干し物に挑戦しました。

このブログを書いている段階で、まだ干している最中なので別途ご報告したいと思っていますが、今回はウルメイワシの「中」くらいのサイズはウルメイワシの丸干しを作っています。

ウルメイワシの丸干し
ウルメイワシの丸干し


丸干しは基本的に「腸」を取り除かず乾燥させます。(干します)

個人的にはサンマの腸が好物なくらい、魚の腸は残さず食べる方なのですが、如何せんサビキで釣った魚の場合、エサのアミコマセをお腹一杯に釣ったイワシが食べていることが多く、そのまま干すとどうしても腸が臭うことがありました。

だいたい一般的な丸干しの作り方ですと、鱗を剥ぎ水洗いして塩水に漬けます。

それを目刺しや頬差しにして乾燥させます。(干します)

今回はアミコマセの臭い対策として腸は取り除いて干しました。

夏の場合室内で一夜干し以外、湿度も高く、外で干すと日差しが強すぎたりして上手く干物類が出来ないことがあります。

秋は干物作りには向いている時期と言います。

日差しも湿度も適度なので失敗が少ない時期です。

サビキでウルメイワシが釣れ過ぎたら保存食として、一度作ってみては如何でしょうか。

一週間以内には今回の丸干しがどうなったかご報告します。

ロップイヤーと猫の動画






釣り・フィッシング ブログランキングへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 釣り    ジャンル : 趣味・実用


Category: 釣り   Tags: 料理  フィッシング  釣り  城ケ島  三崎港  サビキ  落ちハゼ  

【城ケ島・三崎港】まだまだ釣れるサビキ釣りと落ちハゼ釣り

10月の三連休最終日、10/12の体育の日に性懲りもなく城ケ島サビキ釣りに行って来ました。

城ケ島の朝


前回のブログでも書きましたし、ここ数回のブログで毎回のように書いていますが、例年ですとサビキでイワシ類が釣れる時期としては遅く「いい加減、今回は釣れないかな…」と思いながら家を出ました。

気温も低くジャンパーが無いと陽が出るまでは寒いくらいでした。

釣り場に着くと、そんな思いを払拭するかのようにサビキ仕掛けで釣りをしている人がチラホラ。

しかし、本当に釣れているかはやってみないと分かりません。

夜明けと共に釣り開始。

アタリはあり数匹ヒットするもトウゴロウイワシばかり…

やはり、もうさすがにサビキでイワシは無理かな…と諦め始めた頃、ナント良型のマイワシがヒット。

これを機にナブラが立つくらいの魚の群れが集まってきました。

陽も昇り完全に明るくなって周りを見渡すと、あちらこちらで良型のイワシ類を釣り上げていました。

当然のことながら、釣れて悪いことはないのですが、やはり海がおかしい…と率直に思いました。

ということで、まだもうしばらくは「城ケ島三崎港」でサビキ釣りを楽しめそうです。

しつこいですが、今回は本当にサビキは釣れないかもしれない…という思いがあり、実はアオイソメと簡単な投げ釣りの準備をして来ました。

落ちハゼ、落ちキスでも釣れたなぁ…という感じで1.8m程度の短いロッドと余っていた磯竿で投げ釣りをしました。

落ちハゼ釣り


手前の短いロッドは何年も使っておらず、誇りを被っていたものをわざわざ引っ張り出しました。

小学生低学年の頃、このくらいの竿で朝から晩まで必死になって釣りをしていたのを思い出しました。

それから30年以上経って未だに釣りをしている自分にも驚きます。w

と、思い出話はこのくらいにして、実際の釣果ですが今回は読みが当たりました。

投げ釣りの釣果
投げ釣りの釣果


大きい物で20cm弱の落ちハゼ(マハゼ)がヒット。

左上の銀色の魚はウミタナゴ、その下のピンクの魚は稚鯛(マダイ)です。

稚鯛はリリースサイズなのですが、ガッツリ針を飲み込まれてしまい死んでしまったので仕方なく持ち帰りました。

あとはリリースしてしまいましたが、メゴチが釣れました。

仕掛けは至って簡単。

テンビンに市販の投げ釣り用の仕掛けで十分です。

テンビン
テンビン


市販の投げ釣り用の仕掛けもたくさんあると思います。

3本針のもの、2本針のもの、ハリスに色が付いているもの等々。

ハリスに色が付いているものは、海底の状況などで絶大に効果を発揮することがありますが、的が外れると全く釣れません。

針の数もキス狙いであれば、キスは群れているので数が多い方が良いですが、ハゼ釣りなら2本針くらいが無難かと思います。

小まめにエサは代えた方が良いので、エサを取り換える作業が大変になります。

結果、ハゼ釣りであればオーソドックスにハリスは透明、針は2本以下の流線型の12号くらいが良いと思います。

また、ハゼは本来アオイソメよりもゴカイを好んで食べます。

投げ釣りで良く使われるアオイソメは、ゴカイに比べて身が固く遠投に向いているので投げ釣り=アオイソメのように思われています。

同じ投げ釣りでも今回ご紹介しているハゼ釣りはチョイ投げなので、遠投せずチョイ投げでハゼ釣りならゴカイを使う事をお勧めします。

アオイソメを使う場合で、食いが渋い場合はアオイソメの尻尾の方を針の長さに合わせて切って使うと食いが良くなります。

短い竿や磯竿等々、道具を気にすることもなく簡単に釣れて食べて美味しい釣りですので、宜しければお子さんを連れて釣りに行ってみては如何でしょうか。

そして全体の釣果ですが、こんな感じです。

10/12の釣果
10/12の釣果


サビキに関してはマイワシ、ウルメイワシ以外は全てリリースしましたが、サッパ、トウゴロウイワシ、シマアジの稚魚、ウミタナゴなどが釣れました。

当日の潮はこんな感じ。

潮見表
10/12の潮


潮見表でもお分かりの通り、今回は露骨に6時過ぎの潮が動く時間帯がサビキもハゼ釣りも釣れました。

海へ帰してあげたかった稚鯛は塩焼きにしました。

稚鯛の塩焼き
稚鯛の塩焼き


ウミタナゴは普段はあまり持ち帰らないのですが、今回はそこそこのサイズだったので持ち帰りました。

ウミタナゴの煮付け
ウミタナゴの煮付け


そして久しぶりのマハゼの天ぷら。

マハゼの天ぷら
マハゼの天ぷら


ここまでがチョイ投げで釣ったお魚達です。

ここからはサビキで釣ったお魚です。

握り寿司各種
握り寿司各種


左から、トウゴロウイワシ、マハゼ、ウルメイワシ、マイワシの握り。

トウゴロウイワシは刺身に出来る大きいサイズを少し持ち帰りました。

最後はやっつけ仕事感が否めませんが、ウルメイワシとマイワシの天ぷら。

ウルメイワシとマイワシの天ぷら
ウルメイワシとマイワシの天ぷら


今年はどっぷり城ケ島でサビキにハマった感じでしたが、そろそろ違う釣りも再開しようと思います。

手始めに落ちハゼ、落ちキス、または夜釣りで大物…

毎回釣果をご報告出来るか分かりませんが、がんばります!

ロップイヤーと猫の動画






釣り・フィッシング ブログランキングへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 釣り    ジャンル : 趣味・実用


09-2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

08   10

Koichi Otsuka

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。釣り歴は小学1年生から30数年…本当は船釣りをしたいのに船酔いが激しく断念。自分に与えられたフィールドは陸しかないと神奈川県内を中心に陸釣りに奮闘中。釣行先は気分によって変わります。予めご了承下さい。
※当サイトはリンクフリーです。釣りのみの記事をご要望の場合「釣りの記事のみのRSS」をご利用下さい。
FaceBook(著者プロフィール)
Instagram
YouTube
Twitter(釣り専用)
■我が家の猫が「TBSテレビ・トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」に出演しました
猫の夏ちゃんの動画がTV番組で紹介されました
■我が家のウサギの親子が「うさぎの時間」というウサギ専門誌に掲載されました
うさぎの時間に掲載されました
■Instagramに投稿していない猫とウサギの動画像はこちらをご覧下さい。(デジカメで撮影)
猫とウサギの動画チャンネル(FaceBook)

ご質問・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のリンク
投稿順で全ての記事のリンクが表示されます
最新記事
【城ヶ島・三崎港】簡単に釣れる北条湾の意外な高級魚?(2018年9月16日) Sep 16, 2018
【城ヶ島・三崎港】今までと違うマイワシの群れが回って来ました(2018年9月9日) Sep 09, 2018
【城ヶ島・三崎港】またまたサビキでセイゴがヒット!これも何かの異変?(2018年9月2日) Sep 02, 2018
ズッコケながら水槽の中のドジョウを狙うバカ猫 Sep 01, 2018
【城ヶ島・三崎港】釣れる魚種は秋めいてきましたが…如何せんサイズが…(2018年8月26日) Aug 26, 2018
ブログ内画像一覧
人気記事
人気ブログ
Instagran
Amazon
AdSense
AdSense
釣り専用Twitterアカウント
リアルタイムな釣行・釣果情報をお伝えします。
当ブログのQRコード
QR