Archive RSS Login

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられた猫とウサギの親子と筆者の趣味の釣りに関するブログです(たまに自動車関係の記事あり)

 
Category: ミステリー・超常現象  

「2012年人類滅亡」ウソだった?マヤ最古のカレンダー発見

中米グアテマラにある9世紀初期のマヤ文明遺跡の壁画に、月や惑星の周期を計算したマヤ最古のカレンダーがあるのを米ボストン大学などの研究チームが発見した。

天体の周期を計算した最古のカレンダー
天体の周期を計算した最古のカレンダー


欧米などではマヤの暦(こよみ)に基づき、今年、世界が滅びるとする「2012年人類滅亡説」がまことしやかに流布しているが、精査したところ、終末を示すような計算結果は見当たらなかったという。

成果は2012年5月11日付の米科学誌「サイエンス」に発表された。

■優れた天文学の知識

研究チームは2010~11年、グアテマラ北部の遺跡を調査。

寺院の住居部分とみられる小部屋の内壁や天井に、青やオレンジ色の衣装で着飾った王族の姿や、黒や赤色の点と円、棒線を組み合わせた数百個の象形文字が描かれていた。

マヤ文明は優れた天文学の知識があったことが知られており、解読したところ、文字は数字を表しており日食、月食の時期や月の満ち欠けなどを示していた。

このほか金星や火星について、太陽、地球と一直線に並ぶ現象が起きるタイミングを計算した結果もあった。

ただ月食や日食についての計算は、不正確なところもあったという。

これまで見つかっていたマヤの暦は、樹皮の紙に書かれた13~14世紀のものだった。

その中で歴史は繰り返すという概念が描かれ、ある起点日(紀元前3114年とみられる)から13バクトゥン(187万2000日)経った段階で「時間の区切り」を迎えると記されていた。

バクトゥンとはマヤ文明の長期暦での年月の単位で、約394年に相当する。

13はマヤ文明で最も神聖な数字とされている。

■7000年は先がある

21世紀に入ると、1999年に騒がれた「ノストラダムスの大予言」がはずれたことの埋め合わせのように、マヤ文明でいうところの「時間の区切り」とは人類の滅亡を想定しているとする説がオカルト雑誌や予言関連書で喧伝され、起点から13バクトゥン経った2012年12月21日から12月23日頃に人類は滅亡するとした終末論が広まっていった。

09年には、この問題をテーマにしたハリウッド映画「2012」も公開されている。

今回、マヤ最古のカレンダーを精査した研究チームは「終末論を裏付けるような計算結果の記述はなかった。逆に、世界には7000年は先があると考えていたようだ」としている。

「生け贄が盛んに行われた神秘的な宗教儀式を、天体の動きと合わせるためにカレンダーを使っていたのだろう」とチームでは分析。

研究のさらなる進展が期待されている。

マヤ文明 4~15世紀に中米のユカタン半島(メキシコ南東部)からグアテマラ、ベリーズ、ホンジュラスにかけて栄えた高度な都市文明。

巨大なピラミッドや神殿を特色とし、石器を用い(金属器は持たず)、4万種もの象形文字を作り出した。

二十進法を用いて数学を発達させ、火星や金星の軌道を計算するなど、極めて正確な暦も持っていた。

16世紀にスペイン人によって滅亡。

(MSN産経ニュース)

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。

Twitterでフォロワーを増やしたい方





Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!


Category: ミステリー・超常現象  

タイタニック号沈没の「真犯人は月」、米研究者が新説

タイタニック号の沈没事故から4月で100年を迎えるが、米テキサス州立大学の研究チームは、事故原因として月の影響があったのではないかと指摘している。

月


1517人が命を落とした同事故は、深夜に氷山に接触したことが原因と言われている。

同大で月の役割を研究するチームを率いる物理学者ドナルド・オルソン氏は「タイタニックの航路に異例なほど大量の氷山があった理由は、月との関係で説明できる」と語った。

1912年4月15日未明に沈没したタイタニック号をめぐっては、エドワード・スミス船長が氷山警告信号を軽視したように見える点について、研究者たちは頭を悩ませてきた。

スミス船長は、タイタニック号運航会社のホワイト・スター・ラインで最も経験豊富な船長であり、北大西洋航路は何度も航海していた。

タイタニック号の処女航海の船長に選ばれた理由も、知識と注意深さを買われてのことだった。

タイタニック号


オルソン氏によると、タイタニック号が衝突したのと同じグリーンランド氷山は通常、カナダのニューファンドランド・ラブラドル沖の浅水域にとどまり、融けて小さくなるか、潮位が高くなって再び浮くまで南に向かって動き出すことはないという。

同氏が率いるチームは、1912年1月に月が地球に接近し、その引力で海面が高まったことで、通常よりはるかに多い氷山がタイタニックの航路にも入り込んでいたとする海洋学者ファーガス・ウッド氏の推測を調査。

氷山


調査の結果、「極めて珍しい」出来事が起こっていたことが分かった。

同年1月4日は、月と太陽が一直線に並び引力が強まる大潮の状態で、さらにほぼ満月だった月が1400年の間で最も地球に近づいていたという。

加えて、その前日は1年で地球が太陽に最接近していた日だった。

オルソン氏は「この条件によって月が地球に与える潮汐力を最大化させた。驚くべきことだ」とコメント。

タイタニック号に迫った氷山があれほど大きく大量だったことは、当時のスミス船長には知る由もなかっただろうと述べた。

(ロイター)

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。

Twitterでフォロワーを増やしたい方





Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!


Category: ミステリー・超常現象  

富士山で“異常現象”相次ぐ!“幻の湖”まで出現-噴火の予兆?

2011年3月の東日本大震災以降、富士山で異常現象が続いている。

dms1202031121009-p1.jpg
霊峰・富士に何が起きているのか?


春の到来を告げる残雪の模様「農鳥(のうとり)」が厳冬のこの時期に出現。

昨年夏には、富士山麓の富士河口湖町で普段はみられない幻の湖が姿を現し、富士宮市では、異常な湧き水被害が頻発している。

富士山の火山活動への影響が懸念される中、相次ぐ異変に地元住民は不安を募らせている。

富士山の北西斜面の8合目付近に羽ばたく鳥のような残雪の模様が現れたのは1月31日。

「農鳥」と呼ばれる毎年恒例の自然現象だが、地元住民の間では、「よくないことが起こる前触れではないのか」と不安の声が挙がっている。

「例年、雪解けを迎える5月中旬から6月ごろにかけて現れる現象です。厳冬期に起こるのは非常に珍しいため、富士山の異変に結びつけて心配に思う人もいるようです」(山梨県富士吉田市富士山課の担当者)

富士山周辺でみられる異常現象はこれだけではない。

「昨年の夏ごろから、台所や居間の床下から噴出する湧き水に悩まされている。ポンプで排水しなければ追いつかない水量で、今も被害は続いています」と訴えるのは、富士宮市の淀師地区に住む主婦(70)。

富士宮市によると、同様の湧水被害が出始めたのは、昨年9月初旬。

「この年は、5月から夏にかけて例年以上に大量の雨が降った。加えて、8月、9月と連続して台風が来襲。短期間に降った大雨との関係が疑われますが、はっきりした原因はわかっていません」(同市秘書広報課)

井戸から水が噴き出すなど、同地区などの99カ所で同様の現象が確認されたという。

さらに、富士五湖を抱える富士河口湖町では、昨年9月ごろに幻の湖が出現し、注目を集めた。

富士五湖の1つ、精進湖の近くにあって地元では『赤池』と呼ばれています。普段は枯渇しているのですが、精進湖の増水に伴って突然現れる不思議な湖です。2カ月ほどで消えましたが、一時的に富士六湖になった。今回出現したのは7年ぶりのことです」(同町の住民)。

「赤池」は、直径50メートルほどの小さな湖。

dms1202031121009-p2.jpg
7年ぶりに出現した赤池


「はっきりした由来は不明だが、真っ赤に焼けた溶岩で湖が赤色に染まった」(別の住民)という言い伝えから、その名が付けられたという。

過去にも何度か姿を現しているが、原因は何なのか。

山梨県環境科学研究所の研究員、内山高氏は「湧水被害と同じく、この地域の大量降雨が原因と考えられます。精進湖と赤池は地下でつながっており、精進湖に降った雨水が地中に浸透しきれず、赤池に流れ込んだために起きたものと思われます」と話す。

一連の異常現象は地震や噴火との直接の関連はないようだが、内山氏は「山中湖付近でも湧水で道路が冠水したと聞いています。これほど大規模な被害が出るのは異例のこと。大量の雨水が地中に浸透することで地盤に悪影響を及ぼしている可能性は十分あります」と危惧する。

大災害のサインでないことを祈りたい。

(zakzak)

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。





Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!


Category: ミステリー・超常現象  

バミューダトライアングルから日本の「魔の海」まで-超常現象伝説を探る

この世に数ある船舶事故や航空機事故の中でも、特に超常現象が起きやすいとされる場所がある。

こうした謎の地域とされる事故多発エリアで発生した事故と、そこから生まれた伝説を探ってみる。

■バミューダトライアングル

バミューダトライアングルは、バミューダ諸島とフロリダ半島、プエルトリコの3つの拠点を結んだ架空の場所で、船舶や航空機が突然姿を消すといった不可思議な現象が起こるとされている。

1_20120122211618.jpg


バミューダトライアングルが注目され始めたのは1945年12月。

14人を乗せた軍の航空機がフロリダ半島南沖で突如行方不明になった事件がきっかけだ。

その後、遭難機の捜索に向かった13人のクルーも姿を消し、その遺体も発見されなかったことからバミューダトライアングルの伝説が生まれた。

その後も巨大オイルタンク船やレジャーヨット、小型旅客機などが行方不明となり、この地域に何らかの不可思議な力が働いているとされていた。

しかしその後の調べで、この地域で行方不明となった船舶や航空機の数とその他の地域での事故の数にそれほど大きな違いがないことがわかってきた。

ここは海上交通路として世界でも特に混雑した地域で、ほとんどの船は4次元の世界に引き込まれることなく無事航海を終えているのだ。

■サルガッソー海

大西洋に広がるサルガッソー海は不気味なほど静かな海だ。

2_20120122211844.jpg


大西洋中心部は凍り付くような寒さだが、サルガッソー海は暖かく海藻も多い。

ここで多くの船の乗組員が行方不明になり、無人の船がさまよっているというのだ。

1840年にこの地域を航海した帆船「ロザリー」もこの海の犠牲となった。

その後ロザリーは漂流している状態で見つかったが、乗組員は全員行方不明のままだ。

サルガッソー海は海流の強い地域に囲まれ、太平洋のほかの地域から封鎖された状態になっていることから「海の中の海」とも言われている。

そのため水温も高く静かな場所となっているのだが、それが風力で動く帆船を完全に足止めし、幽霊船伝説が生まれているのだ。

■魔の海

ドラゴントライアングルとも呼ばれる魔の海は、東京から約100キロ南の三宅島近辺に位置する場所だ。

3_20120122212218.jpg


古くから日本列島沖には竜が住んでいるとの伝説があり、そこからドラゴントライアングルという名が生まれたとされている。

作家チャールズ・バーリッツ氏によると、1952年から1954年の2年間に日本の軍用艦艇がこの地域で5隻行方不明になったという。

超常現象専門家のアイバン・サンダーソン氏は1972年、魔の海やバミューダトライアングルなど超常現象が起こるとされる場所を「悪魔の墓場12カ所」として紹介した。

これらの場所は、南半球、北半球という位置は違っても赤道からの緯度が同じで、暖流と寒流が交差していることから電磁異常が発生し、超常現象が起こりやすくなっているのではないかという仮説がある一方で、こうした仮説は誤りだという主張もある。

■ミシガントライアングル

米国ミシガン湖は、不思議な物体や幽霊航空機が目撃される場所として知られている。

ミシガントライアングルの伝説は、1937年にジョージ・ドナー船長が貨物船から突然行方不明となったことから始まった。

4_20120122212625.jpg


ドナー船長は、港に近づいたら起こしてくれと言い残して船室に入ったが、そのまま姿を消してしまったのだ。

船室には鍵がかかったままだった。

その13年後、今度はニューヨーク市からミネアポリスへと飛び立ったノースウェスト航空2501機が、ミシガントライアングル上空にてまるで蒸発するかのように消え去ってしまった。

この事件はその後長年にわたって調査されているが、2501機の残骸は未だ発見されていない。

(CNN)

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。





Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!


08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07   09

大塚幸一

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。
FaceBook:Koichi Otsuka
YouTube:猫とウサギ・少し釣りの動画チャンネル
筆者プロフィール詳細:Koichi Otsuka's Profile

ご質問・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
アジ狙いなのに…サビキでは嫌われるあの外道が… Aug 20, 2017
バカ猫が干してある紐で遊んだ結果… Aug 09, 2017
【城ケ島・三崎港】サビキの夜釣りでアジ狙い(2017年8月6日) Aug 06, 2017
換毛期のデブいウサギが眠くなると… Aug 02, 2017
【城ケ島・三崎港】可もなく不可もなくダラダラと…(2017年7月30日) Aug 01, 2017
今日の天気予報
魚の漢字読めるかな?
人気ブログ
Instagran
ペット用品・釣り具を通販
AdSense
直輸入フード・キャットタワー
日用品のお買い物
娘と我が家のウサギ達
宝くじ購入代行