Archive RSS Login

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられた猫とウサギの親子と筆者の趣味の釣りに関するブログです(たまに自動車関係の記事あり)

 
Category: まとめ  

「地球温暖化のせいで寒冷化…」-なぜそんなことが起こるのか

このところ寒い日が続いている。

気象庁によると、この寒さは、日本付近の上空を流れる2つの強い偏西風寒帯前線ジェット気流」「亜熱帯ジェット気流」が南へ蛇行し、北からの寒気が入りやすくなっているためだ(図1)。

1_20120210085134.jpg
図1 偏西風の蛇行によって寒波が流入する仕組み。図は2005年(平成17年)のケース


2011年12月の東日本の平均気温は平年を0.8度、東京都心では1.2度下回った。

2012年1月も冬型の気圧配置が長く続いた。

さらに2月も寒くなると予想されている。

12月~2月の3カ月をトータルでみても、ほぼ全国的な「寒冬(かんとう)」となる公算が大きい。

6年ぶりの寒冬だという。

こう寒い日が続くと、次のような疑問が浮かぶ人も多いだろう。

「あれ、地球は今、温暖化しているのではなかったのか?」と。

■異常低温、世界各地で発生中

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の発表では「地球が温暖化しているのは間違いない事実」とされており、多くの学術的な研究によってそれを裏付ける結果が出ている。

また、気象庁が発表している日本の冬の平均気温のグラフをみても、全体的なトレンドとして温暖化の傾向は明らかだ(図2)。

2_20120210085526.jpg
図2 近年の日本の冬(12~2月)の平均気温


ただ、図2のグラフを見ても分かるように、平年と比べて寒い冬は、近年でもたびたび出現している。

気象庁が発表している2011年の「異常高温・異常低温出現頻度」を見ても(図3)、アジア、オーストラリア、中近東を中心に、頻繁に「異常低温」が発生している。

3_20120210085737.jpg
図3 2011年の異常高温・異常低温の発生頻度。赤・オレンジ色が異常高温の発生、青・水色が異常低温の発生を示す


また2009年、2010年も、北半球を中心に、世界各地で大規模な「異常低温」が発生している(図4、図5)。

4_20120210085857.jpg
図4 2009年に世界で発生した主な異常気象

5_20120210085857.jpg
図5 2010年に世界で発生した主な異常気象


■北極海の海氷が解けて日本が寒冬に

今冬のような日本の寒い冬は、まさに温暖化に起因する現象、とする学説もある。

「温暖化が日本の寒冬につながるメカニズム」は、次のようなものだ。

(1)まず、温暖化によって北極海の氷が解ける。実際のところ、このところ特に夏の海氷面積が縮小している(図6)。

6_20120210090120.jpg
図6 北極海の海氷の比較。左が1979年9月、右が2011年9月


(2)海氷は太陽光の反射率が海よりも高いので、その面積が縮小すると、従来よりも太陽の熱を吸収しやすくなる。さらに海氷は海から大気への熱伝達を遮断する“断熱材”としても働いているが、海氷面積が小さくなることで大気への熱放出が増え、北極海周辺の大気が暖まる。

(3)大気が暖まると、そこの上空で気圧が高くなる。

(4)偏西風帯のジェット気流がスカンジナビア半島北東、北極海の一部「バレンツ海」付近で北側に押し上げられ、その反動でシベリアから中国大陸に向かって、南側に大きく蛇行する。

(5)蛇行によってシベリア高気圧を強める作用が働き、強い寒気が中国大陸から日本列島に南下しやすくなる。

もちろん、気候システムは多くの要素が複雑に関連し合って成り立っているので、北極海の海氷の減少だけで日本の冬の寒さが説明できるわけではない。

また、さらに温暖化が進めば、こうしたメカニズムも働かなくなって、一気に暖冬傾向へと局面が転換する可能性もある。

■地球規模の「熱塩循環」に注目

欧州に関しても、「温暖化によって逆に寒冷化する」という学説がある。

この説の根底にあるのが、「熱塩(ねつえん)循環」「グローバルコンベヤーベルト」などと呼ばれる、地球規模の海水循環だ。

海水の密度は、海水温と塩分濃度によって決まる。

海水温が低いほど、そして塩分濃度が高いほど密度が高くなる。

密度の高い海水の塊は、深海に沈み込み、深層水となる。

例えば表層海流であるメキシコ湾流は、大西洋の赤道付近から北極付近に向かう間に次第に冷えて密度が高くなり、高緯度に達したときに沈み込んで北大西洋深層水を形成する。

この深層水は深層海流となって移動し続けるが、移動するにつれて各海域で表層近くの海水と混ざり合いながら均一化し、およそ1000年~1200年後に、北東太平洋に達して再び表層に戻る、と考えられている。

この過程で、海水の塊は、見えないコンベヤーベルトのように塩などの溶解物質熱やエネルギーを輸送し、地球各地の気候に大きな影響を与える(図7)。

7.jpg
図7 熱塩循環の概略図


これが熱塩循環である。

■“海のコンベヤー”が止まって寒冷化?

「温暖化で欧州が寒冷化する」という説の根拠は、温暖化でこの熱塩循環がストップする可能性があることによるものだ。

このコンベヤーを動かしている“エンジン”は、前述の通り、表層海流と深層海流の密度の差だ。

温暖化によって北極海など北半球の海氷が解けて塩分濃度が下がると、海水の密度が下がり、水塊の沈み込む力は衰える。

エンジンのパワーがなくなっていくわけだ。

それには海水温の上昇による密度低下も、拍車をかけるだろう。

こうして熱塩循環が減速し、やがてストップしてしまう可能性があるという。

欧州は、表層海流として赤道付近から運ばれてくる温かいメキシコ湾流の恩恵を受けて緯度のわりに比較的温暖なわけだが、ここが寒冷化してしまうというシナリオである。

熱塩循環が温暖化によって減速しつつあるのか、それが欧州に寒冷化をもたらすのかといった事象について、まだ決定的なことは分かっていない。

ただ、地球の複雑な気候メカニズムを考えると、このように「風が吹けば桶(おけ)屋がもうかる」式の、一見温暖化とは逆にも思えるような現象が局地的に起こる可能性が、十分にあるということだけは確かだ。

(日本経済新聞)

気象庁 異常気象に関する情報

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。





Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!


Category: まとめ  

大震災と確定申告…被害に合われた方・寄付をした方

■大震災と確定申告

所得税の確定申告の受付期間は来年2月16日~3月15日だが、雑損控除に必要な損失額の計算などは、事前に税務署で済ませておくことができる。

相談時間は1件当たり45分程度かかっているという。

被災地以外でも義援金を支出した人は、確定申告すれば寄付金控除で還付などが受けられる。

被災自治体や日本赤十字社への震災関連寄付金は控除の限度額が通常より大きくなっている。

申告には領収書や振込票の添付・提示が求められる。

(時事ドットコム)

寄附金・義援金を支払った方

東日本大震災により被害を受けた場合等の税金の取扱いについて

東日本大震災関連の国税庁からのお知らせ

一定の寄附金を支払ったとき(寄附金控除)

災害や盗難などで資産に損害を受けたとき(雑損控除)

東日本大震災義援金の確定申告について 日本赤十字社


確定申告の書き方

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。





Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!


Category: まとめ  

暮らしどうなる?チェルノブイリの経験から-内部被ばく減らす食事を…

チェルノブイリ原発事故が起きたウクライナで、内部被ばくの一番の原因は、放射性物質で汚染された食品の摂取だった。

ウクライナで事故以来25年間、子どもの健康調査を続ける医学博士、エフゲーニャ・ステパノワさんに、被害の実態と大人ができることを聞いた。

■野菜は洗い、皮をむく/肉、魚は塩水に漬ける/干しぶどう、チーズ有効

事故前はロシアの小児科医だったステパノワさんは現在、ウクライナ放射線医学研究センター放射線・小児・先天・遺伝研究室長。

NGO「グリーンピース・ジャパン」主催の福島市での講演会で今月、子どもたちの健康被害について語った。

ウクライナは、放射性セシウムの汚染度によって、被災地を

(1)立ち入り禁止区域(原発から30キロ圏内)

(2)強制移住区域(年間被ばく線量5ミリシーベルト超)

(3)自主移住区域(同1ミリシーベルト超)

(4)放射線環境強化管理区域(同0・5ミリシーベルト超)

の四つに分けた。

汚染地域の住民の被ばく量は年間1ミリシーベルト以内、生涯で70ミリシーベルト以内と法律で決められた。

福島市郡山市のそれぞれ一部は、ウクライナでいえば強制移住区域にあたる。

ステパノワさんによると、事故で被災したウクライナの子は90万人で、そのうち86年から08年までに甲状腺がんになった子は6049人。

事故前は発症者10~20人の珍しい病気だったという。

「汚染された食品が最大の内部被ばく源で、牛乳がその8割を占めた」とステパノワさん。

子どもの主要な栄養源だったからで、今も汚染されていない乳製品の入手は困難な地域があるという。

がん以外の異変もある。

汚染地域に住む子どもは複数の慢性疾患にかかることが多い。

「病が長く続き、再発する傾向がある。治療の効果は薄い」とステパノワさんは話した。

汚染地域では消化器系の病気の子が増えた。

年間線量が5ミリシーベルト超の強制移住区域では汚染が少ない地域と比べ、気管支炎などの呼吸器疾患、肝臓組織の筋腫化、血液系障害、免疫障害になる子が約2倍になった。

がん以外の病気や障害は、事故との関連を含め研究が始まったばかりという。

ステパノワさんが強く訴えたのは「毎年必ず子どもの健康診断をすること」だ。

ウクライナでは、被災地に設置した国の健康保護センターで健康診断を行う。

小児科▽内分泌▽血液▽神経▽眼▽咽喉(いんこう)(のど)▽外科の7分野で各専門医が超音波や血液検査を毎年実施し、国へデータを送る。

被災者への医療や健康診断はすべて無料だ。

「早期発見が最も大事。ウクライナで甲状腺がんで死んだ子は、早期発見できなかった2人だけ。できることはたくさんある」。

その一つが、毎年子どもを汚染地域外に送り健康増進プログラムを行う国の事業だ。

4週間以上保養地で過ごし、被ばく量を減らすのに大変効果があるという。

食品による内部被ばくはどうしたら減らせるのか。

ステパノワさんによると下ごしらえが重要で、▽よく洗う▽ゆでる▽肉や魚を塩水に漬ける--ことを住民に指導している。

野菜はまず洗い、5ミリの厚さで皮をむき、さらに洗い、ゆでる。

こうした処理でセシウムは30~50%減らせるという。

ゆで汁は捨て、使わない。

肉や魚は2~3時間塩水に漬け、この間数回塩水を替える。

塩水の濃度はしょっぱければよい。

桃やにんじん、りんご、ぶどうなど植物由来の抗酸化物質が入った食品には、放射性物質を排出させる働きがある。

ウクライナの強制移住区域の小学校や幼稚園ではこれらの生ジュースや食物繊維のペクチンを含む補助食品が与えられ、無料で給食が出る。

カリウムはセシウム、カルシウムはストロンチウムと体内での動きが似ている。事前にカリウムをたくさん取れば、放射性セシウムが体内に入る余地がなくなる。同様に、カルシウムをたくさん取れば、ストロンチウムも入ってこられない」とステパノワさんは言う。

積極的に食べたいのは、カリウムをたくさん含む、汚染されていない干しぶどうや干しアンズ。

生より干した物の方がカリウム濃度が高い。

カルシウムはチーズで取るのがおすすめ。

牛乳が汚染されていても、チーズの製造過程で液体部分の乳清に放射性物質が出ていくからだという。

「農家には、汚染された牛乳はチーズにしなさいと助言している。穀物や野菜、海藻を豊富に取るのも効果があると思う」と話す。

ウクライナの北隣、ベラルーシに90年に設立された民間研究所「ベルラド放射能安全研究所」の放射能対策をまとめた「自分と子どもを放射能から守るには」は、食事対策を詳しく解説している。

同書によると、放射性セシウムは水に溶けやすく、油脂類とは結合しない。

セシウムがたまりやすいレバーなどの内臓や、ストロンチウムがたまりやすい骨付き肉は放射能検査済みの物を買い、魚は内臓、頭部、えら、皮、骨を取り除く。

肉も魚も2%の塩水に12時間さらし、その間数回塩水を替える。

骨を煮出したスープは飲まない。

訳者の辰巳雅子さんによると、野菜は洗って皮をむいた後に、再度よく洗うことを徹底する。

キノコと肉・魚は、塩水に漬けると浸透圧で食材の水分がしみ出してくるため、除去効果が上がる。また塩水に酢を少し入れると、肉や魚のたんぱく質流出を防ぐという。

(毎日jp)



エフゲーニャ・ステパノワ博士・子どもたちへの健康影響について



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと-チェルノブイリの体験から

ベクレルとシーベルトの変換

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。





Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!


Category: まとめ  

大震災・トモダチ作戦-米のアジア太平洋戦略、鮮明

東日本大震災の被災地支援に陸海空で緊急展開した米軍。

最大時約2万4000人を動員した大規模作戦「トモダチ」は、窮地の同盟国・日本を救うための活動だったが、一皮めくれば、軍事的に台頭する中国をにらんだ米国のアジア太平洋戦略が色濃く浮かぶ。

米政府・米軍は作戦を通じ、どんな目的から何を実施し、教訓を残したのかを検証した。(肩書は当時、日本時間)


2_20111230092405.jpg


◆発生直後

◇強行着陸に空自「衝撃」

「全可動艦艇出港」。

海上自衛隊自衛艦隊(司令部・神奈川県横須賀市)の倉本憲一司令官が「戦時」を思わせる緊急命令を全国部隊に発令したのは東日本大震災発生から6分後の3月11日午後2時52分のことだ。

海自の歴史上初めて出された命令だった。

横須賀基地にいた護衛艦は緊急船舶の指定を受けて、通常の倍以上で、最高速度にあたる最大戦速に近い時速27ノット(約50キロ)で東京湾を抜けた。

同司令部と隣り合わせの米軍横須賀基地。

在日米海軍司令部があり、日本防衛と米軍世界戦略の拠点だが、08年から同基地を母港とする原子力空母ジョージ・ワシントンは定期整備中で、稼働できる状態ではなかった。

代わって米国防総省が投入したのが、韓国軍との合同演習に向かうため西太平洋を航行中だった原子力空母ロナルド・レーガンを中心にした空母打撃群。

大震災発生から4時間余経過した午後7時に首相官邸に「ロナルド・レーガンを宮城県沖に派遣する」との連絡が伝わり、13日朝に三陸沖に到着した。

直ちに、米部隊司令官のギリア少将が、海自の護衛艦きりしまに乗り込み、指揮を執る第1護衛隊群司令の糟井裕之将補と会談。

日米互いの艦艇に1佐(米軍では大佐)クラスを連絡官として送り込むことを決めた。

米軍の被災地支援「トモダチ作戦」は、米海軍と海自が主導して始まった。

米海軍と海自には戦後構築してきた「太いパイプ」がある。

米海軍にとって日本は東アジアだけではなく、中東やアフリカまで含めた安全保障の要衝であり、双方は半世紀以上、環太平洋合同演習(リムパック)などで訓練を重ねてきていた。

米空母と海自の両指揮官は毎晩、「テレビ会議(VTC)」を開いて活動内容を話し合った。

ロナルド・レーガンが合同演習用に積んでいた生活物資類などはすべて被災地支援に使われた。

防衛省幹部は米海軍の迅速な対応について「アジア太平洋の米軍戦力の要は海軍。日本という拠点を失うわけにはいかないという危機感の表れ」との見方を示す。

「事態にどう対処すればいいのか」。

3月12日、在日米軍司令部がある米軍横田基地(東京都福生市など)では、フィールド司令官(空軍中将)ら幹部が対応を協議していた。

防衛省・自衛隊との連絡でいくつもの項目が支援リストに挙がった。

13日には通常は横田基地の要人輸送に使うUH1Nヘリコプターで捜索・救援要員を仙台市の陸上自衛隊霞目駐屯地に輸送した。

そして米軍は自衛隊の度肝を抜く作戦にとりかかった。

特殊部隊潜入などに使われる米空軍嘉手納基地(沖縄県)特殊作戦航空群の輸送機MC130Hが仙台空港に着陸したのは16日。

滑走路にがれきが散乱していたが、偵察を兼ねた捜索飛行などの調査結果をもとに「仙台空港を拠点とする」との方針が決まり、最低限のがれき除去で強行着陸し、復旧作戦に着手した。

仙台空港の管制塔は1階のレーダー室に土砂が流入し、使用不能になった。

米軍の特殊作戦部隊は独自のレーダーで飛行経路と地形を掌握していたという。

空自幹部は「トモダチ作戦の中で最も衝撃的な作戦だった」と驚きを隠さない。

◆原発事故

◇連日の会議、不信払拭

国防総省を巻き込んだ米軍と自衛隊の連携はスムーズに走り出したが、大震災翌日の3月12日午後に起きた東京電力福島第1原発1号機の水素爆発で、日米両政府は情報不足と連携の欠如で互いに疑心暗鬼を深めていく。

「正確な情報を教えてもらいたい」。

大震災発生から2日後の13日昼前、ルース駐日米大使が枝野幸男官房長官に電話で直談判した。

枝野長官は「自衛隊と米軍の間で、連携はちゃんと取れている」と説明した。

首相官邸は早くから米軍との連携を模索。

11日夜には外部電源を失った福島第1原発の原子炉冷却に必要となった電源車(約8トン)を米軍の大型ヘリコプターで輸送できないか米側に打診したが「重すぎて困難」との返答を受けていた。

その後始まった「トモダチ作戦」は順調に稼働しているはずだった。

だが、複数の日本政府関係者によると、ルース大使の懸念は、爆発事故を起こした原発の現状がさっぱりわからないところにあった。

14日深夜、大使は再び枝野長官に電話で「わが国の原子力専門家を首相官邸に常駐させたい。意思決定の近くに置きたい」と申し出た。

同盟関係とはいえ、機密情報があふれ、厳しい政策判断を次々と迫られる官邸中枢部に入り込まれることに抵抗感を覚えた枝野氏は「難しい」といったんは断った。

日本側は、菅直人首相が15日、東電本店に政府との「統合本部」を置き、海江田万里経済産業相と細野豪志首相補佐官を常駐させるまで、原発事故に関する十分な情報を得られていなかった。

米国は日本の情報提供を待たず、グアム基地の最新鋭無人航空機グローバルホークや、米ネブラスカ州に駐機中の放射性物質を観測できる大気収集機WC135コンスタントフェニックスを出動させ、独自の情報収集と分析を進めていた。

ルース大使が「米専門家の官邸常駐」を要請した翌日の15日、来日中の米原子力規制委員会(NRC)とエネルギー省の担当者が、班目(まだらめ)春樹原子力安全委員長、原子力安全・保安院の担当者らと面会した。

「炉心は損傷しているが、メルトダウン(溶融)は起きていない」という班目氏らの説明を米側は黙って聞いていたが、日本側の出席者の一人は「米側はここで日本側との認識のズレを感じたのではないか」と振り返る。

米側はすでにメルトダウンの発生を推定しており、「日本側が情報を隠しているのではないかとの疑念があった」(日本政府関係者)という。

一方、躍起になって情報を探る米側の対応に日本政府内では「エシュロン(米軍を中心に運用されているとされる世界通信傍受システム)を使っているのではないか」との声も漏れた。

菅首相や枝野長官は協議の末、NRCの担当者らが官邸内の危機管理センター横の原子力安全・保安院や東電担当者が詰める「連絡室」に16日から常駐することを認めた。

しかし、大使の懸念は消えず、北沢俊美防衛相とのパイプを頼って情報不足の解消を求めた。

北沢氏はNRCの担当者を防衛省に呼び、経産省や東電の担当者らとの情報交換の場を設置。

会議は計4回に及んだ。

一方、防衛政務官を経験し、太い対米人脈を持つ長島昭久民主党衆院議員は18日午後、福山哲郎官房副長官、細野補佐官とともにルース大使と東京都内のホテルで会談した。

長島議員「世界が注目している。日米協力で乗り切るしかない。情報共有の場を作りましょう」

ルース大使「それはいい。複合的な災害の初期段階だから各省庁とも大変でしょう。お手伝いしたい」

大震災発生から11日後の22日、官邸横にある内閣府ビルの一室で日米政策調整会議の初会合が開かれた。

統括役の福山副長官は「この協議で出なかった話が、他の場で出ることはあり得ない」と表明した。

日本側からは福山副長官のほか、官邸の細野補佐官と伊藤哲朗内閣危機管理監、防衛省、外務省、経産省、原子力安全・保安院、資源エネルギー庁、文部科学省、厚生労働省などの局長クラス、東電の武藤栄副社長らが参加。

米側はズムワルト駐日公使、在日米軍副司令官、NRCやエネルギー省担当者が参加した。

同会議は以後、連日午後8時から開かれ、原発への注水や、ロボットや真水を運ぶバージ(はしけ)船投入などが議論され、原発事故収束に向けた日米協力の一元的・基幹的会議となった。

長島議員は言う。

「(同会議設置で)深刻な不信感が払拭(ふっしょく)された。喉元過ぎれば熱さ忘れるではなく、日米協力の常設の調整機関の設置が重要だ」

20111229dd0phj000003000p_size5.jpg
米軍の女性兵士(左)と交流する児童

◆総力投入

◇「強圧的な組織」 日本側戸惑いも

米軍は原発の異常事態が始まった3月11日夜には米エネルギー省の専門家が米ネバダ州ラスベガスを放射線量測定器を携えて出発し、横田基地へと向かった。

測定器は上空から地上の放射線量を測定することができる。

しかし、在日米軍には放射線被ばくを想定したリスク管理の厳格なガイドラインは存在しなかった。

フィールド司令官は放射性物質が人間や自然にどんな影響を与えるかについてほとんど知識がなかったことを悔いた。

「ここには輸送機もヘリもある。おそらく放射性物質がある未踏の場所へと飛んでもらうことになる。だれがやる?」。

専門家らが基地到着後、フィールド司令官は基地のパイロットらにこう聞いた。

あくまで志願制をとるしかなかったが、全員が「やります」と返事した。

上空からの測定作業は14日に始まった。

米軍は生活支援に心遣いをみせた。

<ここには何人いますか?>

<必要なものはどんなものですか?>



友達作戦 『Operation Tomodachi』


米軍は孤立した地域にヘリで降り立って、事前に準備していた、日本語で書かれた質問票を見せる。

回答を持ち帰り、大急ぎで英訳して、その地域で必要な物資を配る。

ニーズを的確に把握し、その変化に即応できる態勢が整っていた。

米軍は、現場の指揮官に多くの日本勤務経験者を派遣、「日本のルール」に従う姿勢を通した。

3日目以降は支援物資の搬送も頻繁になった。

通常、米軍はヘリで上空から物資を投下し帰還する。

04年のスマトラ沖地震・津波の災害現場でもそうだった。

しかし、今回は時間をかけて着陸し物資を手渡した。


c1b32bb1.jpg


緊急食として出した「戦闘糧食(レーション)」の食べ方が分からないという被災者の声を聞いて、急きょ日本語の説明書を作成した。

フィールド司令官はこのころ、制服組トップのマレン統合参謀本部議長(海軍大将)からの電話を受けた。

マレン議長「これからウォルシュ太平洋艦隊司令官とチームをそちらに送る」

フィールド司令官「私はクビということですか?」

議長「違う。できうるすべてを提供するということだ」

海軍大将のウォルシュ司令官はフィールド司令官より格上で、米政府の総力を挙げた支援の意思を示すことになる。

ウォルシュ司令官は3月下旬から約3週間にわたり、トモダチ作戦の指揮をとる。

迅速で入念な米軍の対応に自衛隊側がけおされる場面もあった。

「なんだか占領軍みたいで、どうも気になるのだが」。

震災後しばらくしたあと、制服最高幹部の集まる防衛省内の非公式の会合で、そんな意見が表明された。

ウォルシュ司令官派遣に伴い、米太平洋軍がJTF(Joint Task Forces)の司令部を米ハワイから東京・横田基地に移すとされたことに対する懸念だった。

太平洋地域で起きる有事・大規模災害に対処するための統合任務部隊の常設司令部だが、一部将官の目には「支援はしてくれるが米国流を押し通そうとする強圧的な組織」に映った。

米軍は司令部移転の際は名称を変え、JSF(Joint Support Forces=統合支援部隊)として設置。

日本に対する配慮を見せた形だった。

作戦面でも一部に戸惑いがあった。

強襲揚陸艦エセックスは多数の沖縄の海兵隊員を乗せて訓練のためにいたマレーシア沖から急きょ北上。

18日には秋田沖に到着したものの、物資輸送などが主で、海兵隊の機能を発揮した27日からの宮城県気仙沼市・大島での復旧活動まで約1週間かかった。

防衛省幹部は「まさか精鋭の海兵隊の部隊にゴミ拾いをさせるわけにもいかず、どこに行ってもらっていいか迷いがあった」と振り返る。

日米共同復興作業の象徴と位置づけた「ソウル・トレイン(魂の列車)」作戦では、在日米軍にJR仙石線の野蒜(のびる)駅など、2駅の復旧を依頼した。

そこはすでに、自衛隊が遺体の捜索を終えていた。

もし、米軍が遺体を見つけ、被災地とトラブルが起きれば「米国が支援しようとしているのに、逆効果になる」(陸自幹部)との配慮があったからだ。

さらに米軍との調整に関わった自衛隊幹部は「普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題もある中、沖縄の海兵隊に活躍の場を与えてほしいという米軍の意思を強く感じた」と明かす。

◇空母、中国の接近けん制

日本の防衛の重点が「東方集中」する中、その空白を埋めるように米軍が静かに動き出した。

「なんでこんなところに米軍がいるんだ」。

3月17日、統合幕僚監部内がざわついた。

マレーシア沖での訓練を切り上げて被災地支援へと向かう米強襲揚陸艦エセックスが、被災地に近い太平洋ではなく、日本海を航行していたためだ。

呼応するかのようにロシア軍の動きが活発化。

17日にはIL20電子情報収集機が日本領空に接近し、航空自衛隊が戦闘機を緊急発進(スクランブル)させた。

続いて、米軍横須賀基地で定期整備中だった原子力空母ジョージ・ワシントンが21日、急きょ乗員や民間の整備員らを乗せ出港した。

その後、伊豆大島、土佐湾沖で洋上整備を続け東シナ海にまで足を伸ばした。

防衛省幹部によると、この頃、中国空軍が偵察機を頻繁にジョージ・ワシントンに向け飛ばしたことが自衛隊の警戒・監視活動で把握された。

同幹部は「中国軍の偵察対象になっていたのは間違いない」という。

また、中国は日本にも行動をとった。

26日に東シナ海で警戒監視中の海自護衛艦いそゆきに中国国家海洋局ヘリZ9が約90メートルまで接近。

4月1日には中国のプロペラ機Y12が同様に異常接近する行為もあった。

3月21日には領空約60キロまで接近した集塵(しゅうじん)装置をつけたロシア軍のスホイ27戦闘機とAn12電子戦機に空自がスクランブルをかけ、29日にも情報収集機が接近。

戦闘機は福島第1原発事故に伴う放射性物質の飛散状況調査が目的とみられるが、同幹部は、米軍の動向に神経をとがらせていた表れとみている。

ジョージ・ワシントンは東シナ海を経由し、4月に2回、長崎県・米軍佐世保基地に物資補給などのために寄港。

米海軍によると、原発事故の状況が発生当時より改善されたとして同20日に横須賀基地に帰港した。

当初、ジョージ・ワシントンが横須賀基地を離れたのは、原発事故による放射性物質の被害を避けるため、と見られていた。

しかし、防衛省幹部は「米軍は空母を前進配備させた。日本から要請したわけではないが、日本に手を出したら許さない、という意思表示だった」と解説する。

「お客さんが来ないとおもしろくないよね」。

トモダチ作戦終了後、米国防総省幹部は防衛省幹部に冗談めかして伝えたという。

中露側の動きを想定し、関与を強める狙いがあったとみられる。

一方、被災地支援では、中国政府による「軍事支援」の申し出が、幻に終わった事例もあった。

大震災から5日後の3月16日、中国国防省が病院船派遣の用意があることを伝えたが、日本政府は27日、「港が津波で被害を受け、船を接岸できない」と、謝意を伝えたうえで辞退。

だが、米海軍幹部は「中国軍の病院船が入ればトモダチ作戦のオペレーションに加わることになり、作戦会議を通じ情報を一部共有しなければならなくなる」と指摘。

米軍の意向が働いた可能性を示唆した。

米中両国が東日本大震災の舞台裏で繰り広げた激しい「神経戦」の背景には、中国の軍備拡大と海洋進出への野心から、劇的に変化するアジア・太平洋地域の安全保障の構図がある。

中国は近年、米空母を近海に寄せ付けない「接近阻止」戦略を進め、地上から空母を攻撃する世界初の車載型対艦弾道ミサイルDF21D(通称・空母キラー)を開発。

日本やフィリピン諸島を射程(約2000キロ)に収めたとされる。

米国防総省によると、その攻撃能力を米領グアム付近にまで拡大させつつある。

これに対して米国は昨年2月、米議会に提出した「4年ごとの国防政策見直し(QDR)」で、新構想「ジョイント・エア・シー・バトル(米空海統合戦略)」を公表。

米海軍が開発中の世界初のステルス式空母艦載型無人爆撃機で対抗する戦略だ。

戦闘行動半径は2780キロと長く、空母キラーの射程外から攻撃できる。

米海軍関係者は「横須賀基地を(事実上の)母港とするジョージ・ワシントンに艦載することになるかもしれない。この爆撃機は日本や在日米軍基地を最前線で死守する防波堤になりうる」と話した。

ただし、防衛省では大震災後の中国軍の動向を分析した結果、「日本の混乱に付け入るような不穏な動きはなかった」と結論付けたという。

一方、トモダチ作戦終了後、中国関係者が防衛省幹部に伝えた。

「自衛隊10万人と米軍2万人が短時間であれだけ調和した作戦を実行したのは驚きだ」

◇韓・豪と同盟強化へ布石

米国のアジア太平洋での抑止力強化をベースとする対中戦略は、東日本大震災での被災地支援でも如実に透けて見えた。

大震災後、被災地に世界23カ国・地域から救助隊などが駆けつけたが「軍事作戦」を組んだのは、日本の自衛隊のほかには米国と同盟関係にあるオーストラリアと韓国だけだった。

豪州東部クイーンズランドを拠点とする捜索・救援タスクフォースが捜索犬を伴い大型輸送機C17で東京・米軍横田基地に着陸したのは大震災3日後の3月14日早朝。

国際的な災害救援で急派される精鋭チームだ。

すぐさま、米軍との調整で豪州主導の別の作戦「パシフィック・アシスト(太平洋支援)」が動き出す。

到着したC17を被災地支援の輸送業務に任務変更して活用する作戦だった。

C17は大型貨物を搭載できる一方、短い滑走路でも発着できる即応性・機動性に優れた輸送機。

横田基地から沖縄の米軍嘉手納基地へと向かい、陸上自衛隊第15旅団の要員とトラックを乗せ、被災地へと運んだ。

豪国防省は4機のC17のうち、さらに2機投入を決定。

スミス国防相が21日、北沢防衛相に電話で伝えた。

同夜と翌22日朝に相次いで豪州から飛び立ったC17は、米国の要請に基づき福島第1原発事故対応で使用する遠隔操作高圧放水砲システムを積んでいた。

豪政府関係者は「日米豪の普段の連携があって初めてできたことだ」と振り返る。

日本政府高官は「豪州からは同盟国の米国と、豪州が加盟する英連邦を通じたNATO(北大西洋条約機構)の情報が入ってくる。豪州との連携は有益だ」と語り、日米豪の連携の重要性を強調した。

韓国の対応も早かった。

「史上例のない大災害を経験している日本への支援に最善を尽くす」。

震災当日の11日夕、韓国の李明博(イミョンバク)大統領は関係閣僚を緊急招集して指示した。

12日に先遣隊を派遣し、14日からは空軍輸送機C130で救助隊や自衛隊の使う装備などを搬送。

災害派遣では「過去最大規模」(韓国政府)となった。

被災地支援で構築された日米韓豪の「同盟連合」の伏線は、大震災の5カ月前にさかのぼる。

「エア・シー・バトル構想の成功のカギを握るのは、情報共有だ」。

昨年10月、米軍の呼びかけで韓国で開催されたアジア太平洋の同盟国・友好国軍幹部の非公式会合で、同地域の米軍トップ、ウィラード太平洋軍司令官が表明した。

日韓豪やシンガポール、フィリピンなどが参加。

各国の軍幹部らが中国海軍力の拡大に懸念を示した。

米国は、空軍の最新鋭無人偵察機グローバルホークを同盟国に売却する交渉を進めている。

30時間以上の連続飛行ができ、約560キロ先まで見通し、ほぼリアルタイムで地上に情報を送ることができる。

「地域全体を広範囲に監視下に置き、情報共有するネットワーク構築につながる」と米軍関係者は狙いを語る。

韓国政府は「北朝鮮の警戒に役立つ」として4機を購入する計画。

豪政府も「インドネシアからの不法移民や中国艦船の監視」を念頭に15年ごろをめどに5機前後を導入する方針だ。

米軍は大震災の翌12日からグローバルホークをグアムの空軍基地から福島原発上空に急派した。

5月11日までの2カ月間、撮影した4400枚以上の写真を日本に無償で提供した。

トモダチ作戦終了から半年を経た11月。

オバマ米大統領は豪州北部のダーウィン空軍基地を訪れ、最大2500人規模の米海兵隊を来年から順次駐留させると発表。

中国をにらんだ同盟強化の布石を着々と打つ。

トモダチ作戦で日米の「軍と自衛隊」の一体化は進んだ。

しかし、米国では景気悪化で国防総省予算が今後10年で最低でも5~10%削減される見通しだ。

同盟国に軍事的責任と負担を分散し、「より低コストで、より大きな効果」(クローニン新米国安全保障センター上級顧問)を生み出す狙いもある。

だが、グローバルホークの売り込みに防衛省は「現在保有する偵察機で必要な役目は果たせる。日本も財政的な余裕がない」(幹部)と消極的で、米軍関係者からは「具体的な交渉の進展はない」との不満も漏れる。

米国を軸とする「同盟強化」路線は、一皮めくれば、日本の防衛戦略の拡大と防衛力整備を一層迫るものでもある。

窮地の日本を手助けしたトモダチ作戦や日米韓豪の軍事的連携が、日本に突きつけた課題は重い。

◇自衛隊派遣「10万人」 「防衛空白」を回避

被災地支援と原発事故対応での日米作戦の裏側で、防衛省・自衛隊ではもう一つの「作戦」を遂行した。

東日本大震災発生直後、東京・市ケ谷の防衛省の情報本部は緊迫した。

電波や電子情報、衛星画像情報などの分析を通じ、国際的な軍事情勢や外国軍隊の動態を把握する機密情報の「総本山」だ。

「本来任務を怠らず、万全を期すように」。

本部内では幹部から冷静な指示が飛んだ。

史上空前の災害だけに自衛隊派遣が大規模になるのはすぐに分かった。

防衛省幹部が警戒したのは、大規模災害派遣と原発事故対処で国の守りに穴があく「防衛空白」だけは避けなければならない、ということだった。

情報本部が収集・集約した機密情報は、司令部となった中央指揮所(CCP)にも送られ、自衛隊の運用に反映された。

情報本部が提出する資料には、海上人命安全条約(SOLAS条約)に基づく船舶自動識別装置(AIS)による日本近海での中国民間船の動きや、電波情報などでとらえた中国海軍艦船の動きも含まれていた。

「防衛空白」を警戒したのは、CCPに陣取る折木良一統合幕僚長も同じで、細心の注意を払った。

官邸からは大震災発生直後から「大規模派遣」を促す指示が北沢俊美防衛相を通じて矢継ぎ早に出された。

救援や復旧作業の要となる陸上自衛隊は地域ごとに全国に5方面隊あり、大規模部隊の師団9、機動的な旅団6で構成される。

折木統幕長は幕僚会議の結果、九州や沖縄を防衛する西部方面隊の第15旅団(司令部・那覇市)と第8師団(同・熊本市)、関西地方を担当する中部方面隊の第3師団(同・兵庫県伊丹市)と、北海道防衛にあたる北部方面隊の第7師団(同・北海道千歳市)を極力、動かさないことを早々と決めた。

九州や沖縄の海域を警戒する海上自衛隊佐世保基地(長崎県佐世保市)の艦なども動かせないと考えた。

背景にあるのは中国軍やロシア軍の存在だ。

こうしてはじき出された派遣可能な自衛隊規模は、陸自に海自と航空自衛隊を含めて「12万~13万人」だった。

折木統幕長は北沢防衛相に「13万人までは大丈夫です」と伝えた。

陸海空3自衛隊の実員は約23万人で、半数以上が災害派遣に割かれる事態になる。

政治的な判断は実員半分以下の「10万人」に落ち着いた。

(毎日jp)



「operation tomodachi 」 米軍による救援活動 ~友達作戦~


Operation Tomodachi トモダチ作戦


米軍部隊の「トモダチ作戦」へ感謝を込めて「ARIGATO PIZZA」


未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。





Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!


Category: まとめ  

震災前/震災後の航空写真・衛星写真

【Wara Zone】


【ABCニュース】


【ITmedia】


001961.jpg



10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09   11

大塚幸一

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。
FaceBook:Koichi Otsuka
Instagram:Koichi Otsuka
YouTube:猫とウサギ・少し釣りの動画チャンネル
筆者プロフィール詳細:Koichi Otsuka's Profile

ご質問・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
【城ケ島・三崎港】秋雨前線が停滞する中マイワシ好調でした(2017年10月15日) Oct 15, 2017
小腹が減った荒ぶるウサギ Oct 15, 2017
無精なウサギのロング寝ポリ Oct 14, 2017
【城ケ島・三崎港】サイズも上がりマイワシまだまだ好調です(2017年10月8日) Oct 09, 2017
【城ケ島・三崎港】10月に入りましたがマイワシ好調(2017年10月1日) Oct 01, 2017
人気ブログ
Instagran
ペット用品・釣り具をネット通販
AdSense
廃車費用一切無料