Archive RSS Login

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられた猫とウサギの親子と筆者の趣味の釣りに関するブログです(たまに自動車関係の記事あり)

 
Category: 地震  

三陸沖~房総沖で「M9」30年以内に30%-地震調査委

政府の地震調査委員会は25日、巨大津波で2万人以上の犠牲者を出した明治29(1896)年の明治三陸地震を起こした三陸沖北部から房総沖の海溝寄りで、大津波を伴う最大でマグニチュード(M)9.0の地震が30年以内に30%の確率で起きるとの長期評価を発表した。

東日本大震災に伴う見直しで確率が10ポイント上昇した。

三陸沖北部から房総沖の海溝寄りでは、太平洋プレート(岩板)と陸側プレートの境界部でM8以上と推定されるプレート間地震が過去約400年に3回発生。

大震災もこの領域を震源域に含んでおり、今回で計4回になった。

この領域で起きる地震は、揺れは比較的小さいが、海底が大きく動いて津波が高くなる「津波地震」として知られ、明治三陸地震のほか江戸時代の慶長16(1611)年に三陸沖、延宝5(1677)年に房総沖でも起きた。

また、大震災の震源域の北端に当たる三陸沖北部では最大M7.6が30年以内に90%、南端の茨城県沖では同7.2が同90%以上の高い確率で起きるとした。

一方、大震災の発生直前の確率は30年以内で最大20%だったと試算。

同87%とされる東海地震の発生確率などと比べて低い数字で起きたことも分かった。

会見した阿部勝征地震調査委員長は「防災対策は数字にとらわれないで進めてほしい。(大震災の震源域の)隣接地域でM8前後を誘発する可能性も指摘されており、余震に注意してほしい」と話した。

(MSN産経ニュース)


巨大地震―正しい知識と備え

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。



Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!


Category: 地震  

地球の内部-地下4000キロで変化/東工大チーム確認

地球内部の「外核」という部分が均一な構造ではなく、地下4000キロ付近で状態が変わることを、東京工業大海洋研究開発機構のチームが実験で確認した。

この深さを境に、外核の主成分である酸化鉄の結晶構造が変わるとしている。

11日付の米科学誌サイエンス(電子版)に論文が掲載される。

地球は▽地殻▽深さ約2900キロまでの「マントル」▽同約5150キロまでの「外核」▽中心までの「内核」--に分かれている。

外核では、高温高圧でどろどろに溶けた酸化鉄が対流し、地磁気が生まれる。

方位磁石の「N極」が常に北を向くのはそのためだ。

東工大の広瀬敬教授らは、酸化鉄を地球内部同様の高温高圧状態にし、温度や圧力を変えながら結晶構造の変化を大型放射光施設「スプリング8」(兵庫県佐用町)で調べた。

その結果、圧力が約240万気圧(約3700度)を上回ると、規則正しく原子が並んだ構造が崩れることが分かった。

この気圧は深さ約4000キロ付近、外核のちょうど真ん中あたりに相当する。

地球では約70万年に一度、N極とS極がひっくり返る「地磁気反転」という現象が起きてきた。

今回の結果を踏まえると、2層に分かれた外核の地表側と中心側で酸化鉄が別々に対流し、両者のバランスが崩れた時に反転が起きると説明できるという。

(毎日jp)


古代マヤ人が2012年に訪れるとしていた世界の終末。2009年インドの科学者サトナムが地球上の内核が溶解している事を発見し、数年後に地殻変動により世界が滅びる事を知る。

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。



Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!


Category: 地震  

再びM9の地震が発生する可能性について/北大・森谷武男氏

再びM(マグニチュード)9の地震が発生する可能性について。

これは北大の統一見解ではなく、あくまでも森谷武男の個人的な見解です。

現在も東北地方をはじめ日本中が地震活動が大変高い状態ですから、強い地震に備えることは大変重要です。

(再びM(マグニチュード)9の地震が発生する可能性について)

VHF電磁波の地震エコー観測からふたたびM9地震が発生する可能性が高まっていることをお知らせします。

2011年3月11日の 東北地方太平洋沖地震の前に8か月ほどさかのぼる2010年6月27日からえりも観測点において89.9MHzのチャンネルに地震エコーが観測され始めました。

この周波数は北海道東部中標津局の周波数ですが他の複数の観測点における監視から中標津局からの地震エコーではないことが確認されました。

同じ周波数の局は葛巻、種市、輪島、神戸などにありますが地震エコーの振幅が小さく(-100~-110dBから3-4dB上昇する)音声信号にならないのでどの局からかは不明ですが、おそらく東北地方の葛巻と種市の可能性が強いと考えられます。

この地震エコーは8ヶ月続き、2011年1月には弱くなりついに3月09日のM7.3の前震が発生後M9.0が発生しました。

M7.3が前震であることは、これに続く余震群のb値が0.5程度で極端に小さいことで判りました。

しかし確認作業中にM9は発生しました。

地震エコーの総継続時間は20万分を越えてM8以上の可能性がありました。

図は2010年01月01日からの地震エコーの日別継続時間です。

横軸は2010年01月01日からの月日、縦軸は1日毎の地震エコーの継続時間(分)です。

M9.0の発生後、地震エコーの活動は弱かったのですが、いわきの地震M7.0が発生したころから再び活性化し始めました。

そして現在まで昨年後半に観測された状況と良く似た経過をたどっています。

地震エコーの総継続時間は16万分に到 達しました。

もしもこのまま3月11日の地震の前と同じ経過をたどるとすれば、再びM9クラスの地震が発生すると推定されます。

震央は東北地方南部沖から関東地方沖の日本海溝南部付近であろうと考えられます。

震源メカニズムが正断層である場合には海底地殻上下変動が大きいので津波の振幅が大きく巨大津波になる可能性も考えられます。

発生時期は12月から2012年01月にかけてと考えられますが、地震エコーの衰弱からだけではピンポイントでの予想は難しいと思われます。

前震の発生や地震をトリガーする自然現象、つまり磁気嵐や地球潮汐の観測などを監視していくことも重要です。

これからもVHF地震エコーの観測を欠測しないように継続していき、できるだけ頻繁に更新していくつもりです。

000_20111109071203.jpg
2010年01月01日からの地震エコーの日別継続時間

(再びマグニチュード9の地震が発生する可能性があります)

VHF帯電磁波散乱体探査法による地震予報の研究

巨大地震、首都圏を直撃か…房総沖に“不気味な予兆”(zakzak)

マグニチュード9クラス!第二次東日本大震災が2012年1月に!?-北海道大学 地震火山研究観測センターが警告!(ベスト&ワースト)

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。



Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!



11-2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

10   12

大塚幸一

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。
FaceBook:Koichi Otsuka
Instagram:Koichi Otsuka
YouTube:猫とウサギ・少し釣りの動画チャンネル
筆者プロフィール詳細:Koichi Otsuka's Profile

ご質問・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
【城ケ島・三崎港】秋雨前線が停滞する中マイワシ好調でした(2017年10月15日) Oct 15, 2017
小腹が減った荒ぶるウサギ Oct 15, 2017
無精なウサギのロング寝ポリ Oct 14, 2017
【城ケ島・三崎港】サイズも上がりマイワシまだまだ好調です(2017年10月8日) Oct 09, 2017
【城ケ島・三崎港】10月に入りましたがマイワシ好調(2017年10月1日) Oct 01, 2017
人気ブログ
Instagran
ペット用品・釣り具をネット通販
AdSense
廃車費用一切無料