Archive RSS Login

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられた猫とウサギの親子と筆者の趣味の釣りに関するブログです(たまに自動車関係の記事あり)

 
Category: 釣り  

【城ケ島】三崎港でのサビキ釣り

城ケ島の三崎港に小物釣りに行って来ました。

城ケ島は足場がしっかりした釣り場も多く、公衆トイレなども釣り場の近くにあり、初心者やファミリー向けの釣り場かと思います。

釣具屋さんなども点在しており、道具さえ持っていればフラッと立ち寄る感覚でも釣りが出来ると思います。

とくにサビキであればコマセとサビキの仕掛けさえあればOKです!

という事で、今回はサビキの釣果を簡単にご紹介させて頂きます。(^^)

まずは、今回サビキをした場所。

写真に赤い楕円で示した場所で釣りました。

三崎港のサビキのポイント


何れも釣り場の横に車を横付け出来ます。

ただ、ここは釣り公園ではないので船が係留される事があります。

最低限のマナーは守りましょう。(^^)

サビキに限ってですが、釣る時間帯は…とくにありません。

適当な言い方ですが、サビキに限っては魚の気分次第。w

まぁ、上記は大げさですが、日の出、日の入りで潮が動いている時が一番回遊してくる事は確かですが、そんなに意識しなくても釣れると思います。

夏休み最後にお子さんと如何ですか?

簡単に釣果をご紹介します。

まずは定番ですが、アジとウルメイワシ。

アジ
アジ

ウルメイワシ
ウルメイワシ


何れも15センチ前後のサイズが主流です。

ウルメイワシの天ぷら
ウルメイワシの天ぷら


天ぷら粉にアオサと桜エビを入れて揚げてあります。

岩塩で頂きます。

ウルメイワシの唐揚げとアジのタタキ
ウルメイワシの唐揚げとアジのタタキ

ウルメイワシのフライ
ウルメイワシのフライ

ウルメイワシの天ぷら
ウルメイワシの天ぷら


フライも天ぷらも内臓だけ取り除いて頭から丸ごと食べられます。

メジナ(グレ)
メジナ(グレ)


メジナ、海タナゴは普段は全てリリースするのですが、今回は20センチ程のメジナが釣れたので久しぶりに持ち帰ってみました。

メジナのお刺身
メジナのお刺身

メジナの唐揚げ
メジナの唐揚げ


お刺身の残りの半身は捌くのが面倒臭いので唐揚げに。^^;

トウゴロウイワシ(ボライワシ)
トウゴロウイワシ(ボライワシ)


良く「ボラの稚魚だよ!」という人がいますが、実は違います。

イワシ、アジ、サバ等々が寄り付かない日でも、彼らは毎日います。

海を除き込むと「おっ!イワシ回って来た?」と一瞬うれしくなるんですが、釣り上げるとトウゴロウ…^^;

同じサイズの魚だったらやはりイワシの方が良い…

捌くのにイワシより一手間掛かるせいか、トウゴロウはイマイチ不人気ですね。w

触った感触なんかもゴツゴツしていて骨骨しい。

イワシよりも頭や中骨も太くしっかりしているので、唐揚げにしても若干骨が気になる感じです。

気合いを入れて中火でしっかりと揚げればいけると思います。

ウロコを剥いで、内臓を取り出し、頭を落として唐揚げにするのが無難かと。

でも嫌われ者のトウゴロウイワシ。

実は寿司ネタにもなるんです。

味は意外と美味しいんです。

トウゴロウイワシのお刺身
トウゴロウイワシのお刺身


ウロコや頭、骨がしっかりしているせいかは分かりませんが、ウルメイワシやアジなどよりも身もしっかりしています。

15センチ以上あればそれほど苦ではないので、包丁捌きに自信のある方は是非お刺身を作ってみては如何でしょう。

生姜醤油なんかでも結構美味しく頂けます。

三崎港 三崎港


今年はもう少し小物釣りを楽しんでみます。(^^)

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。

Twitterでフォロワーを増やしたい方



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 釣り    ジャンル : 趣味・実用


Category: 動物・植物・生き物  

深海の希少フサアンコウ、初の詳細研究

アメリカ、カリフォルニア州セントラルコースト沖合の深海で2010年、遠隔操作無人探査機(ROV)が希少なフサアンコウ(学名:Chaunacops coloratus)を撮影した。

フサアンコウ


コスタリカ沖の太平洋にあるココス海嶺で死骸1匹が発見されたのは、1世紀以上前の1891年。

独立した種と認定されたが、生きた個体は長年確認されていなかった。

モントレー湾水族館研究所(MBARI)の研究員ロニー・ルンドステン(Lonny Lundsten)氏は、「生きた状態で記録されたのは、2002年が初めてだった」と話す。

その1匹は、モントレー湾の南西約130キロ沖合にあるダビッドソン海山付近で確認されたという。

8年後の2010年、同湾の西330キロに広がるトーニー海山(Taney Seamounts)の遠征調査で、新たに6匹を発見。

詳細な研究が可能になった。

岩の間に身を潜めて獲物を待ち伏せている。

頭部から出た誘因突起先端部の膨らみ「エスカ(esca)」をルアーのように使っておびき寄せているという。

ルンドステン氏は、「待ち伏せが得意で、何かが通りかかると、大きな口を開けてなんでも飲み込んでしまう」と説明する。

ROVでの探索中に、目と目の間にあるU字状の特殊なくぼみに“釣り道具”をしまう様子が観察された。

撮影された動画には、胸ビレと腹ビレを使って海底を“歩行”する姿もとらえられていた。

歩行していた水深は約3300メートル。

短距離なら歩いた方がエネルギー効率が良いからと考えられている。

また、周囲をあまりかき乱さずに済むため、獲物に気付かれにくいメリットもあるという。

2010年の調査では、赤やバラ色の個体だけという定説も覆った。

「実は、赤いのは全部大きくて、小柄なフサアンコウはほとんどが青い。幼生の頃は透明な青で、成魚になると赤に変化するのだろう」とルンドステン氏は述べる。

研究の詳細は「Deep Sea Research Part I」誌オンライン版に2012年6月16日付けで発表されている。

(ナショナルジオグラフィック)



未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。

Twitterでフォロワーを増やしたい方



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 動物ニュース    ジャンル : ニュース


Category: 宇宙  

かじき座30星雲、衝突する2つの星団…NASA

米航空宇宙局(NASA)は20日、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた、かじき座30星雲(30 Doradus Nebula)で衝突の初期段階にあるとみられる2つの星団の画像を公開した。

かじき座30星雲(30 Doradus Nebula)で2つの星団が衝突する初期段階のものとみられる画像


地球から17万光年離れたかじき座30星雲の中心部にある星団は1つと考えられていたが、実際には2つの星団であることが分かった。

2つの星団の古さには約100万年の差があるという。

かじき座30星雲は2500万年もの間、活発に新しい星を生み出してきた。

いつまで星形成活動が続くのかは不明だ。

小さな星団が衝突して大きな星団になることが分かったことで、既知の大規模星団の起源の解明につながる可能性もある。

画像の中で青色は高温の巨星が発する光、緑色は酸素の光、赤色は水素の蛍光を表している。

この画像はハッブル宇宙望遠鏡に搭載された「広視野カメラ3(Wide Field Camera 3)」で2009年10月20~27日にかけて撮影された。

(AFP)

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。

Twitterでフォロワーを増やしたい方



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 宇宙    ジャンル : ニュース


Category: 釣り  

【城ケ島】久しぶりの小物釣り

1年ほど前から肝臓を切除する手術の予定があり、8/1に無事手術も終え退院しました。

約15年くらい前にも胆管を切除する手術を受けたのですが、医療技術の日進月歩を実感しました。

15年前は術後はとにかく安静。

しかし今回は翌日から「歩け」「動け」「食事開始」…等々、とにかくジッとせず何でも良いから体を動かしなさい…と。

手術を1度経験していることや、いろいろ説明を受けると傷が痛いから動かないのではなく、とにかく動いた方が良いというのは理にかなっていると思いました。

ということで、開腹したお腹の傷も治っていませんが、家に居るとどうしても動かなくなってしまうので、若干強行ではありますが釣りに行きました。w

大好きな釣りならムキムキ動くであろう…と。

ただ、私がメインでやっている投げ釣りは今回はお休み。

投げる時、また根掛かりなどで力を必要とする時に、無意識に力んでしまいお腹の傷が開きそうなので…w

あまり力を必要とせず、リラックスした感じで適度に体も動かす釣り…ということで今回は場所も変え城ケ島で小物釣りをしてきました。

城ケ島大橋を渡り道なりにひたすら行き、突き当りの京急のバス停を右折。

更に突き当りを右折した堤防でサビキをやって来ました。

平日は近くの魚関連の食品加工会社等々の車の出入りも激しく、近隣の方々への迷惑が懸念されるのでオススメしませんが、休日などは堤防に車を横付けして止められますし、トイレも近くにあり足場もしっかりしているので家族連れや初心者の方にはオススメのポイントです。

夜間、朝、夕マヅメはアオリイカ、シーバスも釣れます。

今回もアオリイカは泳いでいるのを目視で確認しました。

そして今回のサビキの釣果はコチラ。

アジとウルメイワシ
アジとウルメイワシ


朝マヅメから約3時間程度竿を出しました。

残念ながらアジは写真の1匹のみでしたが、ウルメイワシは30匹ほど釣れました。

共にサイズは15センチ前後。

ウルメイワシは唐揚げ、フライで頭から丸ごと食べられるギリギリのサイズですかね。

あと少し大きくなってしまうと、さすがに頭は骨が気になります。

余談ですが、この子達…

いつもいる猫


写真の猫と、あと2匹黒っぽい猫がいつも3匹で堤防をパトロールするように朝になると登場します。w

静かに釣りをしている後ろに居るのですが、サビキでイワシなどを釣り上げ地面に落ちた瞬間…

もの凄い俊敏な動きで魚を奪って行きます。

今回も3匹ほど奪われました。w

お腹の傷が完全に治るのに1カ月。

しばらく投げ釣りはお預けで、城ケ島にお世話になると思います。(^^)

おまけ。

城ケ島の朝焼け
城ケ島の朝焼け


反対側を向くと相模湾越しに富士山が見えます。

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。

Twitterでフォロワーを増やしたい方



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 釣り    ジャンル : 趣味・実用


Category: 宇宙  

大量の星を生み出す巨大銀河団「フェニックス」発見、57億光年のかなたに…

米マサチューセッツ工科大学やNASAの研究チームは15日、地球から約57億光年の距離に、これまで観測されたことがないほどの勢いで新たな星を生み出している巨大銀河団を発見したと発表した。

巨大銀河団は「フェニックス」と名付けられた。

巨大銀河団「フェニックス」
巨大銀河団「フェニックス」


研究チームによると、フェニックスは何百、何十万という銀河暗黒物質と高温ガスで形成され、質量は太陽の約2500兆倍。

明るさや温度もほかと比べ、群を抜いて高いことが分かった。

中心部にある銀河では年間740あまりの星が新たに誕生しているという。

これと比較すると、地球のある銀河系で誕生するのは年間1~2個にとどまる。

専門家によると、星は冷却されたガスの密度が高まって形成されるが、例えばペルセウスなどでは、ブラックホールの存在が形成を妨げている。

一方フェニックスの場合、中心部の銀河に巨大ブラックホールが存在するものの、大量の高温ガスがブラックホールとの「勢力争い」に打ち勝っていると考えられる。

フェニックスのような銀河団を調べれば、銀河とブラックホールの共存関係を解明する手がかりになると専門家は解説している。

(CNN)



未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。

Twitterでフォロワーを増やしたい方



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 宇宙    ジャンル : ニュース


08-2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

07   09

大塚幸一

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。
FaceBook:Koichi Otsuka
YouTube:猫とウサギ・少し釣りの動画チャンネル
筆者プロフィール詳細:Koichi Otsuka's Profile

今日の天気予報
魚の漢字読めるかな?
人気ブログ
Instagran
ペット用品・釣り具を通販
AdSense
直輸入フード・キャットタワー
日用品のお買い物
娘と我が家のウサギ達
ご質問・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

宝くじ購入代行