Archive RSS Login

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられた猫とウサギの親子と筆者の趣味の釣りに関するブログです(たまに自動車関係の記事あり)

 
Category: 釣り   Tags: 城ケ島  三崎港  サビキ  釣り  フィッシング  料理  

【城ケ島・三崎港】サビキでアジ・サバ・イワシ好調

幸いここ数週間は天候にも恵まれ、毎週釣りに出掛けています。

一週間ごとに釣れる魚のサイズも上がってきており、釣って楽しい食べて美味しい状況です。

早朝釣りをして、帰ってから釣った魚で一杯やって昼寝をする…ここ数週間、日曜と言えばこの過ごし方です。w

そして本日の釣果はこんな感じ。

釣果


午前4時頃から釣り開始。

無風のベタ凪と、釣りをするには釣りやすい状況でしたが、如何せん本日は潮があまりよろしくありませんでした。

潮がほとんど動かない若潮、おまけに釣りに行った時間帯は引き潮。

潮見表
潮見表


唯一潮が動く4時~6時を狙って行きました。

釣れた時間帯は5時前からで、6時過ぎにはパタリとアタリも止み、ナブラも無くなりました。

時間帯があまりにピンポイントだったので、先週ほど数は釣れませんでしたが、やはりサイズは少しづつ大きくなってきています。

今回も前回同様、カゴ釣りサビキを併用しましたが、サビキの針のサイズは5号~6号くらいでないと大き目のサバを上げるのは厳しい感じがします。

また、今回から魚の保管は保冷剤は止めて氷を使用しました。

先週まで保冷剤だったのですが、さすがに明け方とは言え夏本番。

暑さと湿度で魚の痛みが早かったです。

せっかく釣りたてなので、出来るだけ鮮度を保って持ち帰りたいですしね。

ということで、今回は刺身系の料理で頂きました。

ウルメイワシの握り寿司
ウルメイワシの握り

マアジの握り寿司
マアジの握り

サバの握り寿司
サバの握り


サバは食中りを起こす可能性もあるので、心配な方はシメサバを作る要領で簡単にお酢で〆る事をお勧めします。

こちらはサバのソテー。

サバのソテー
サバのソテー


両面に片栗粉をまぶし、オリーブオイルを敷いたフライパンで焦げ目が付く程度にサッと炒めるだけです。

私は味ポンで頂きました。

あとは毎回なので写真はアップしませんが、いつもの如く残りはフライにしました。

今回は刺身系でしたので当然中骨がたくさん余ります。

いわゆる中落ちの部分ですし、お子さんや女性の方のカルシウム不足にも一役買ってくれるかと。

無駄なく食べ尽す…ということで、中骨の骨せんべい。

素揚げでもOKですし、唐揚げ粉をまぶしてもOKです。

酒の肴で口寂しい時などにポリポリかじるのも良いと思います。

中骨の骨せんべい
中骨の骨せんべい


青魚と呼ばれる魚は全般的に足が早く、種類によっては寄生虫がいたり食中りを起こす可能性もあります。

釣りたてを生で食べるととても美味しいのですが、食中りやアレルギーには十分お気を付け下さい。

私の知人にも、居酒屋などで少量の青魚の刺身は平気だったのに、釣りを始め量を食べるようになったらアレルギー体質だったと分かった者もおります。

専門家ではないので、いい加減な事は言えませんが、エルニーニョ現象やラニーニャ現象といった気象現象等々で暖流の流れが変わるからなのか、3年~5年周期で青物大爆発状態の年があります。

何年前か正確に覚えていないのですが、数年前にやはりこの時期には珍しいサイズのサバが釣れた年がありました。

その年は9月下旬まで青物大爆発。

しかも8月に入ってからはスーパーで売っているサイズをはるかに超えるサイズのサバがたくさん釣れました。

釣りに行って数匹釣ると、「食べきれないから帰るか…」なんてこともありました。

今年の釣れ方や釣れる魚の種類、サイズなどが数年前を彷彿させる感じです。

まぁ、素人の勘なので当てになりませんが…w

釣りに行った際には今後も釣果をアップさせて頂きますので、宜しければご覧下さい。

ロップイヤーと猫の動画






釣り・フィッシング ブログランキングへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 釣り    ジャンル : 趣味・実用


Category: 動物・植物・生き物  

モグモグ

仲良くご飯を食べてる動画を撮ろうとしましたが…w



ロップイヤーと猫の動画






ペット(ウサギ) ブログランキングへ

テーマ : うさぎ    ジャンル : ペット


Category: 動物・植物・生き物  

黙々とチモシー(牧草)を食べる猫

ウサギは食事が終わり画面一番左のケージで休憩しているのに、一人黙々と牧草を食べ続­ける猫…

食事の度毎回で、最近本気でこいつは自分の事をウサギだと思っているんじゃないかと心­配になってきました。w



ウサギ達がチモシー(牧草)を食べ終わっているのに、追加のチモシー(牧草)をひらすら待つことも…




元々、我が家に先にやってきたのはウサギ達。

猫の夏ちゃんは生後2週間程度で我が家にやってきてウサギと合流。

朝晩のウサギの食事タイムにも必ず夏ちゃんもスタンバイ。

まぁ、お腹を下したりすることも今のところ無いから良いんですが…ね。w

ロップイヤーと猫の動画






ペット(猫) ブログランキングへ

テーマ :    ジャンル : ペット


Category: 釣り   Tags: 城ケ島  三崎港  サビキ  釣り  フィッシング  料理  

【城ケ島・三崎港】サバのサイズが上がってきました

海の日の本日、昨日に引き続き城ケ島サビキメインで釣りに行って来ました。

城ケ島の虹
明け方虹が出ました


釣れた魚の種類は昨日とほとんど変わりませんが、全体的に魚のサイズが大きくなってきていると感じました。

釣果


サバは20cmオーバーが釣れています。

珍しいところだと、今日はムロアジが1匹ですがヒットしました。

ムロアジ
ムロアジ


今日の潮はこんな感じ。

潮見表
潮見表


今日は4時頃から2時間半程度釣りをしました。

昨日同様、カゴ釣りも行い20cmオーバーのサバをGET!

そこそこ引きもあり良く走るので釣っていて結構楽しいです。

ウルメイワシのサイズも上がってきており、毎回フライにして食べるのも飽きてきたので、今回はフライはアジのみでウルメイワシはつみれにしてお吸い物、サバはシメサバを作ってみました。

ウルメイワシのつみれ


まず、ウルメイワシの鱗を剥ぎ、腸を取り除き、頭と尾を落とします。

それをフードプロセッサーに入れ、お好みで生姜やネギを入れてミンチ状にします。

ウルメイワシのつみれ


ミンチ状になったら適度な大きさの団子を作ります。

干しシイタケと昆布で出汁を作り、味の素、塩で味を調え、お好みで醤油を香り付け程度に垂らしつみれに火が通るまで煮ます。

途中で灰汁を取り除き、火が通ったらお椀に移しネギを添えれば完成です。

ウルメイワシのつみれのお吸い物
ウルメイワシのつみれのお吸物


今度はシメサバですが、20cm以上あれば何とかシメサバも作れます。

これ以下のサイズだと調理中に身がぐちゃぐちゃになる可能性大です。w

まずは、三枚におろします。

三枚におろしたら、バッドにキッチンペーパーを敷きそこにサバの身を並べます。

そして塩をまぶして30分ほど置いておきます。

※両面に塩をまぶして下さい。少し多いかな?と思うくらいでOK。

シメサバの作り方


魚の大きさで塩の量と塩漬けの時間は調整して下さい。

塩漬けが終わったら、冷やしたお酢で塩を洗い流しそのまま酢漬けにします。

手で皮は剥けますので、お酢に浸す際に剥いてしまってもOK。

シメサバの作り方


目安は15分~20分酢漬けにして下さい。

サバの身の表面が白くなってきたらOK。

この酢漬けにしている間に、身に残った骨をピンセットで抜いておきます。

ただ、市販のサバをベースに作るのではないので、魚が小さくて骨を抜くと身がボロボロになってしまうことがあります。

こういった時は無理に抜かずに、酢漬けにした後、細切りにしたものを叩いてしまえば骨も気にならずに食べられます。

シメサバのタタキ丼
シメサバのタタキ丼


これにワサビ醤油を掛けて頂きました。

ご飯にのせずに、酒のつまみでも良いと思います。

釣りで釣る魚は、その魚本来の調理法をまともに実行しようとするとサイズの関係上、上手く作れないことがあります。

サバに限って言えば、足が早く寄生虫などもいることがあり、美味しい魚ですが刺身であまり食べません。

だから塩、酢の二段階でしめます。

ここさえ押さえれば、その後の調理は何でも良いと思います。

表面を炙って、炙りシメサバとかもありかと。

その魚の特徴を理解して自分なりの調理をするのも楽しいと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

ロップイヤーと猫の動画






釣り・フィッシング ブログランキングへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 釣り    ジャンル : 趣味・実用


Category: 釣り   Tags: 城ケ島  三崎港  サビキ  釣り  フィッシング  料理  

【城ケ島・三崎港】久しぶりにサヨリをGET!

台風一過で、時より雨も混じり風も強くコンディション的にはあまり良くありませんでしたがいつものようにサビキメインで釣りに行って来ました。

日の出前の4時過ぎよりサビキ釣り開始。

城ケ島の朝焼け
城ケ島の朝焼け


当日の潮はこんな感じ。

潮見表
潮見表


前回来た時に、サビキの五目釣り状態になり、青物の種類もたくさん釣れたのですが、時より混じるサバのサイズがサビキでは厳しい20cm級の物がいました。

このサイズですと、下手をすると1匹釣るごとに仕掛けが絡んでダメになってしまいます。

とは言うものの、釣れるものは仕方ないのですが…

前回は雨の中での釣りということもあり、サビキ釣りのみで撤収しましたが、今回はこの20cm以上のサバ、もしくはその他の青物をカゴ釣りで狙ってみました。

仕掛けは至って簡単。

ウキ止め、飛ばしウキ(投げウキ)、コマセカゴ、丸セイゴの1本針(今回は13号を使用)。

カゴ釣り仕掛け
カゴ釣り仕掛け


今回はコマセカゴの重さとウキのバランスが良かったので、特にオモリは使用していません。

ウキが浮いてしまうようでしたら、中通しのオモリ等で調整して下さい。

それとは別に1本針でカゴ釣りをする場合、ハリスに適度な重さのガン玉をハリスの真ん中あたりに一つ付けて下さい。

投げた時にウキやカゴへの針の絡み防止になります。

ちなみに1本針ではなく、疑似餌の付いたサビキをカゴの下に付けて投げてもOKです。

疑似餌のサビキの場合、食いが渋い時には釣りにくいです。

ということもあり、今回は1本針にオキアミで狙いました。

ウキ下は1ヒロ半程度。

※1ヒロ=両腕を伸ばした長さ。半ヒロ=片腕を伸ばした長さ。

釣り開始と同時にアタリはあるものの中々針掛かりしてくれません。

原因はオキアミのサイズが大き過ぎました。

今回はMサイズを使いましたが、Sサイズで十分です。

風も強く、少々ウキ釣りは難しかったですが釣果はこんな感じ。

釣果


サバは最大で20cm強。

このくらいのサイズになると、引きもそこそこあり走るので釣っていて楽しいです。

そんな中、予想外の魚がヒット。

釣れておかしいわけではありませんが、個人的には久しぶりにお目に掛かりました。

城ケ島のサヨリ
サヨリ


32cmのサヨリがヒット!

少し沖合にいて、チョイ投げすれば釣れるけど岸からのサビキだと中々ヒットしない魚の代表と言っても良いかもしれません。

その他の釣果はこんな感じ。

釣果


サバ、アジ、ウルメイワシ。

いつもの如くフライにして頂きました。

ウルメしワシとサバの丸のフライ
ウルメイワシとサバの丸のフライ


ミニアジフライ
ミニアジフライ


サバのフライ
サバのフライ


サヨリと大きなサバ2匹を今回は干物にしてみました。

サヨリとサバの干物
サヨリとサバの干物


明日は海の日。

追って釣果はご報告致します。

ロップイヤーと猫の動画






釣り・フィッシング ブログランキングへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 釣り    ジャンル : 趣味・実用


07-2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

06   08

大塚幸一

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。
FaceBook:Koichi Otsuka
Instagram:Koichi Otsuka
YouTube:猫とウサギ・少し釣りの動画チャンネル
筆者プロフィール詳細:Koichi Otsuka's Profile

ご質問・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
【城ケ島・三崎港】秋雨前線が停滞する中マイワシ好調でした(2017年10月15日) Oct 15, 2017
小腹が減った荒ぶるウサギ Oct 15, 2017
無精なウサギのロング寝ポリ Oct 14, 2017
【城ケ島・三崎港】サイズも上がりマイワシまだまだ好調です(2017年10月8日) Oct 09, 2017
【城ケ島・三崎港】10月に入りましたがマイワシ好調(2017年10月1日) Oct 01, 2017
人気ブログ
Instagran
ペット用品・釣り具をネット通販
AdSense
廃車費用一切無料