Archive RSS Login

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられたキジトラ猫と、子猫を育てたウサギの親子と、筆者の趣味の釣りに関するブログです(たまに自動車関連の記事あり)

 
Category: 動物・植物・生き物  

3週間生き抜いた

「奇跡だ」荒れた海、3週間生き抜いた? 漂流の犬を保護

宮城県気仙沼市本吉町末ノ埼の沖合約2キロの海上で1日午後2時ごろ、漂流する屋根の上に犬がいるのを、第3管区海上保安本部(横浜)所属の特殊救難隊が見つけ、保護した。犬は2日午後5時半ごろ、宮城県動物愛護センター(富谷町)に引き渡された。震災の大津波で海に流されたとすると、過酷な環境を3週間、生き延びたことになり生命力に専門家も驚いている。

2管本部(塩釜)によると、行方不明者を捜索中の救難隊ヘリコプターが、犬を発見。潜水士が降下し、漂うがれきの上を逃げ回る犬を助けた。

犬は体長約70センチの雑種のメスで、毛は茶色。黒っぽい首輪を付けていたが、飼い主の住所などは書かれていない。2日午後、保護した巡視船「つがる」から2管本部の巡視艇に移され、夕方に塩釜港に着いた。巡視船ではビスケットやソーセージを食べ、おとなしくしていたという。

陸に上がると安心したのか、毛布にくるまれたままお漏らしも。迎えに来た県動物愛護センターの伊藤光市さん(52)は「ちょっとおどおどしていたが、思ったより元気で安心した。早く飼い主に返したい」と語った。

宮城県獣医師会の高橋勝一事務局長は「一般論だが、水さえあれば人間の倍近い約2週間は生き延びられる。生命力が強い雑種だったこともあるが、過酷な環境を3週間も生き抜いたとすれば奇跡だ」と話す。

仙台市出身の獣医師で「野宿に生きる、人と動物」の著者中野真樹子さん(東京都)は「海水は塩分が強過ぎ、人間以上に犬には向かない。降り積もった雪を食べ水分を補給していたのでは」と推測する。

2管本部には「自分の飼い犬かもしれない」という問い合わせが2件寄せられているという。

20110402023jd.jpg
海上を漂流中に救助され、塩釜港に到着した犬=2日午後5時すぎ

(河北新報)

関連記事
スポンサーサイト


LEAVE
'A'
COMMENT






02-2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

01   03

Koichi Otsuka

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。
FaceBook
Instagram
YouTube
Twitter(釣り専用)

ご質問・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
【城ケ島・三崎港】サビキ釣りの仕掛け・釣り方・道具やコツ Feb 19, 2018
【城ケ島・三崎港】そろそろマイワシが釣れなくなるかな?(2018年2月17日) Feb 18, 2018
オイルヒーターで鼻を暖める猫 Feb 18, 2018
【城ケ島・三崎港】久しぶりに悪条件連発でしたwww(2018年2月11日) Feb 12, 2018
サビキ釣りで釣れない時の対処法 Feb 11, 2018
ブログ内画像一覧
人気記事
人気ブログ
Instagran
ペット用品・釣り具をネット通販
AdSense
釣り用Twitterアカウント
リアルタイムな情報をお伝えします。
アウトドア用品高価買取