Archive RSS Login

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられた猫とウサギの親子と筆者の趣味の釣りに関するブログです(たまに自動車関係の記事あり)

 
Category: 動物・植物・生き物  

被災ペットに救いの手を

松山のNPO 迷子 受け入れ家庭募る

被災ペットの支援をきっかけに設立された松山市のNPO法人「えひめイヌ・ネコの会」が、東日本大震災で飼い主とはぐれるなどした犬や猫を救おうと、地元で支援活動を続けるNPOへの義援金や、迷子になったペットを育ててくれる人を募っている。代表の高岸ちはりさん(58)は「小さな命にもどうか救いの手を」と訴えている。

高岸さんは、1991年の長崎県・雲仙普賢岳噴火災害で、飼い主と離れ離れになった犬や猫の存在を知り、ペットフードを被災地に送るなどの支援を開始。95年の阪神大震災では被災地に赴き、避難所で犬や猫を連れた被災者にフードを配って歩いた。

今回の震災後、高岸さんは、津波で被災した宮城県内で1匹の犬が衰弱した別の1匹を守ろうと寄り添うテレビ映像を目にするなどし、支援が必要になると判断。先月14日から義援金の募集を始めた。現地からの情報では、津波でペットとして飼われていた犬猫の多くが犠牲となり、東京電力福島第一原発からの放射能漏出で、住民が避難した福島県内では今も数百匹が放浪。現地のNPOなどによって少しずつ保護が進められているという。

現在、約70人から70万円以上の義援金が寄せられ、今月中に現地の社団法人SORA(福島市)、市民団体「新潟動物ネットワーク」(新潟市)、市民団体「犬猫救済の輪」(川崎市)、NPO法人「エーキューブ」(仙台市)、NPO法人「アニマルクラブ石巻」(宮城県石巻市)、市民団体「動物いのちの会いわて」(岩手県雫石町)の6団体に送付。動物を保護する際のガソリン代や治療費、餌代などに充てられる。

申し出はまだないが、今月13日、ドッグフードメーカーから「被災動物を一時保護した人らに無償でフードを提供したい」と連絡があったという。

「人の命が多く失われているさなか、なかなか動物への支援を言い出せなかったが、何か協力したい」という声も寄せられ、高岸さんは「必死に生き永らえた貴重な命。遠慮せずに手を差し伸べてほしい」と呼びかけている。

義援金の受け付けは5月末まで。振込先は「ゆうちょ銀行 記号16140 番号19772711」で、口座名は「特定非営利活動法人えひめイヌ・ネコの会」。申し込みや質問メールはコチラ【ehimeinuneko@mbr.nifty.com】

その他の問い合わせはコチラ(089-997-7564、月水金の午後2~5時)


20110416-438607-1-L.jpg
被災ペット支援の「里親」探しイベント。NPO代表者は「小さな命にも救いの手を」と呼び掛ける(松山市で)

(読売新聞)

関連記事


LEAVE
'A'
COMMENT






06-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05   07

大塚幸一

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。
FaceBook:Koichi Otsuka
YouTube:猫とウサギ・少し釣りの動画チャンネル
筆者プロフィール詳細:Koichi Otsuka's Profile

今日の天気予報
魚の漢字読めるかな?
人気ブログ
Instagran
ペット用品・釣り具を通販
AdSense
直輸入フード・キャットタワー
日用品のお買い物
娘と我が家のウサギ達
ご質問・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

宝くじ購入代行