Archive RSS Login

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられた猫とウサギの親子と筆者の趣味の釣りに関するブログです(たまに自動車関係の記事あり)

 
Category: 話題  

ノストラダムスの大予言

ノストラダムスの大予言!「2012年人類滅亡」恐怖の大王が降ってくる!?

ノストラダムス(1503年~1566年)は、ユダヤ人を先祖とするフランスの医師、占星術師、詩人、そして大予言者である。

ノストラダムスは、ナポレオンの誕生、第一次世界大戦、第二次世界大戦、ヒトラーの出現、ケネディ暗殺等、歴史上の大事件を予言し的中させてきたと言われる。

1973年出版『ノストラダムスの大予言』(五島勉氏著)に「1999年人類滅亡」というショッキングな予言が書かれていたため、一躍ノストラダムブームが起こった。

1999年の7の月

天から恐怖の大王が降ってくる

アンゴルモアの大王をよみがえらせ

その前後の期間 マルスは幸福の名のもとに支配するだろう(予言集『諸世紀』より)

この不吉な“恐怖の大王”の正体は何か?

天変地異、人工衛星墜落、小惑星衝突、コンピュータ暴走、宇宙人襲来、世界戦争勃発…等々色々な説が取りざたされていた。

当時、ノストラダムス予言の1999年人類滅亡説を多くの人々が信じた。しかし実際には、破局的な事は何も起こらなかったため、予言は外れたものと思われた。

だが、ノストラダムスの人類滅亡予言は1999年ではなく、実は2012年だったという説がある。

ノストラダムスは「カバラ数秘術」という計算法で予言を記していた。しかし解読の間違いでカバラ数字の『13』を足し忘れていたらしい。

「1999+13=2012」。つまり、2012年に世界の終焉が訪れる可能性があるというのだ!

そして近年、新たにノストラダムスの予言絵画なども発見された。

実は彼の予言には、続きがあることがわかったのだ。

予言絵画には、ローマ教皇暗殺未遂、9・11テロ等の世界的大事件の様子が描かれていた。

そして、予言絵画によれば、現代は魚座の時代で、そして3種類の太陽に関する天体現象が起こるのがちょうど2012年だと言う。そして、2012年の冬に、人類に何か重大な出来事が起こると予言している。

マヤの長期暦の終わりにあたる2012年12月22日。

このとき人類は、壊滅的な大破局を迎えるという予言がある。

ノストラダムスの予言は、まさにこの時期に合致するのではなかろうか?

しかし、人類はこれでおしまいなのかと悲劇的になる必要もない。

なぜなら、ノストラダムスは人類滅亡の予言だけでなく、人類が生き残れる希望も示唆しているからだ。

それは、ノアのように方舟をつくって難から逃れろというものだ。

これは人類がいよいよ地球から宇宙へと飛び出す事を示しているように思われる。

人類滅亡のカウントダウンはすでに始まっているのかもしれない。

(リアルライブ)

関連記事


LEAVE
'A'
COMMENT






06-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05   07

大塚幸一

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。
FaceBook:Koichi Otsuka
YouTube:猫とウサギ・少し釣りの動画チャンネル
筆者プロフィール詳細:Koichi Otsuka's Profile

今日の天気予報
魚の漢字読めるかな?
人気ブログ
Instagran
ペット用品・釣り具を通販
AdSense
直輸入フード・キャットタワー
日用品のお買い物
娘と我が家のウサギ達
ご質問・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

宝くじ購入代行