Archive RSS Login

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられた猫とウサギの親子と筆者の趣味の釣りに関するブログです(たまに自動車関係の記事あり)

 
Category: その他  

殉職警官「しいちゃん」最後まで避難誘導

親身になって話を聞く警察官だった。

宮城県警岩沼署少年係長、瀬谷(せや)志津江警部補(37)=警視に昇進。

激しい揺れが襲ったあの日、避難誘導のために出動し津波にのまれた。

遺影が掲げられた同署には、瀬谷さんに補導された少年や少女、世話になったという市民が花を手向けに訪れ、惜別の手紙が寄せられている。

「仕事の話はしたことがなかった。知らない世界で頑張ってたんだな」。

福島県平田村で酪農業を営む父一男さん(60)と母三江子さん(60)は、娘の制服姿さえ見たことがなかった。

届けられた二十数通の手紙や訪ねてきた人の話で、初めて仕事の一端にふれた。

福島県郡山商業高卒業後、交通巡視員を経て97年、巡査となった。

09年に警部補に昇進し岩沼署に配属。

当直勤務が一緒だった巡査部長(30)は「何かあると最初に飛び出す人だった」と振り返る。

その言葉通り、地震が発生すると自発的に捜査車両に乗り込み、避難誘導に出動した。

しかし、午後3時25分、「仙台空港IC付近に陥没あり」との無線連絡を最後に音信は途絶えた。

空港を津波がのみ込んだのはその約30分後。

隣接する資材置き場のがれきに埋まった遺体が見つかったのは10日後だった。

署員は複数の住民から「女の警察官が『早く逃げてえ』と叫ぶのを聞いて空港に逃げ込んで助かった」という証言を得た。

瀬谷さんのことだった。

津波が迫る中、最後まで誘導を続けていたのだ。

子供の時からしっかり者。

警察官になった時は周囲の誰もが「しいちゃんにぴったりだ」と言った。

ボーナスが出ると、2人の妹への仕送りを欠かさない家族思いの姉だった。

「暑(署)がめちゃくちゃ 大丈夫って親に連絡して」。

妹に向けたメールが、家族への最後の言葉となった。

3月17日付で警察学校の教官への抜てきが決まっていた。

一男さんは「警察官になった時は、『使命感持ってやんなくちゃなんねえぞ』と言ったんだ。

『はいよ』って返事していたけど、本当に頑張ってたんだな」と言った後、「あんなこと言わなきゃよかったかな」と声を詰まらせた。

震災で死亡・行方不明となった警察官は宮城、岩手、福島の3県で30人。

ほぼ全員が、避難誘導中だった。

岩沼署では瀬谷さんを含め6人が殉職した。

20110723k0000e040009000p_size5.jpg
志津江さんが身につけていた時計を手に遺影に向かう三江子さん。時計は今も動いている

Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!
関連記事


LEAVE
'A'
COMMENT






08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07   09

大塚幸一

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。
FaceBook:Koichi Otsuka
YouTube:猫とウサギ・少し釣りの動画チャンネル
筆者プロフィール詳細:Koichi Otsuka's Profile

ご質問・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
バカ猫が干してある紐で遊んだ結果… Aug 09, 2017
【城ケ島・三崎港】サビキの夜釣りでアジ狙い(2017年8月6日) Aug 06, 2017
換毛期のデブいウサギが眠くなると… Aug 02, 2017
【城ケ島・三崎港】可もなく不可もなくダラダラと…(2017年7月30日) Aug 01, 2017
【城ケ島・三崎港】大潮だと高を括ったら…(2017年7月23日) Jul 23, 2017
今日の天気予報
魚の漢字読めるかな?
人気ブログ
Instagran
ペット用品・釣り具を通販
AdSense
直輸入フード・キャットタワー
日用品のお買い物
娘と我が家のウサギ達
宝くじ購入代行