Archive RSS Login

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられたキジトラ(キジシロ)猫と、子猫を育てたウサギの親子の日常と、筆者の趣味の釣りに関するブログです。(たまに自動車関連の記事あり)

 
Category: 独り言・雑記  

OPERATION TOMODACHI

■トモダチ作戦で橋渡し 米軍通訳に被災地から感謝の声

東日本大震災の在日米軍の救援活動「オペレーション・トモダチ(トモダチ作戦)」で、震災直後から交通が寸断され孤立した地域や離島をヘリコプターで飛び回り、通訳として被災者に接してきた女性兵士がいた。

日本語だけでなく「気持ちも伝わり、感謝してもしきれない」と被災地では今も感謝されている。

女性兵士にお礼を伝えたいと、そのうちの1人は6日、沖縄へ向かう。

「米国空軍です。助けに来ました」

震災から3日たった3月14日夜、孤立状態で支援の手が回っていなかった宮城県南三陸町の介護老人保健施設「ハイムメアーズ」の上空に、1機の空軍ヘリが飛来。

真っ暗闇の中、空中でホバリングしたヘリから1人の女性兵士がロープをつたって降りると、日本語でこう声を張り上げた。

女性兵士の名は、米空軍嘉手納基地(沖縄県)第33救難中隊に所属するヴェロニカ・コックス兵長(23)。

日本人の母親(51)と海軍に所属していた父親(46)とのハーフで、父親の当時の赴任先、フィリピンで生まれた。

幼少期は神奈川県横須賀市など7年間を日本で過ごし、日本語は折り紙付き。通訳として白羽の矢が立った。

コックス兵長は「普段はヘリにも乗らないデスクワークの情報兵。降下の経験はなかった」と打ち明ける。

だが、屋上に書かれた「200人SOS」の文字を見て、「目の前で助けを求めている人がいる。私の身がどうなるかなんて怖くなかった」とはにかんだ。

ハイムメアーズには当時、入所者や職員、近隣から避難してきた人計約200人が身を寄せ合っていた。

支援の手がなかなか届かず、食料も底をつき始めていただけに、コックス兵長らが届けた水や食料、毛布などは貴重だった。

事務長の高橋賢哉さん(51)は「自衛隊も来られない状況だったから、救われたと思った」と振り返る。

女性職員らからは「かっこいい!」という歓声も上がった。

コックス兵長は「誰か人が来てくれただけでうれしかったのだろう」と照れるが、事務員の菅原嘉倫(かりん)さん(24)は「日本語が通じたときは、ほっとした。あの感動は今も忘れられない」という。

コックス兵長はその後、4月4日までヘリで各地を飛び回り、被災者が求める生の声を集約。

情報は米軍や自衛隊に提供され、迅速な支援に役立てられた。

宮城県気仙沼市の離島、大島で復旧に携わってきた市議、菅原博信さん(59)は「気持ちまで伝わったのが何よりうれしかった」といまも感謝する。

米海兵隊の招きで6日、大島の小中学生20人らと沖縄を訪問。

「できればコックスさんに会ってお礼をぜひ伝えたい」という。

同県石巻市の小学校で、足を骨折しても「私はまだいい」と搬送を遠慮する高齢男性の姿を見て、「譲り合いの精神に感銘を受けた」というコックス兵長は「どれだけ橋渡しになれたかわからないが、どんなに小さくても、第2の故郷の日本のために協力できて本当によかった」と話している。

(イザ!)





米軍による救助作戦「operation tomodachi 」-友達作戦【YouTube】

000_20110806012328.jpg
トモダチ作戦で米空軍の通訳として被災者と接し、被災地で感謝されているヴェロニカ・コックス兵長(左から2番目)

001_20110806012400.jpg
「トモダチ作戦」に参加した米兵士の右腕につけられたワッペン

002_20110806012431.jpg
ヴェロニカ・コックス兵長=沖縄・嘉手納基地

Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!
関連記事


はじめまして! 
はじめまして!!
私の知り合いが被災しました。。
このような支援はこれからも増えていけばとおもいます。

LEAVE
'A'
COMMENT






12-2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

11   01

Koichi Otsuka

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。釣り歴は小学1年生から30数年…(そろそろ40年w)本当は船釣りをしたいのに船酔いが激しく断念。自分に与えられたフィールドは陸しかないと神奈川県内を中心に陸釣りに奮闘中。釣行先は気分によって変わります。予めご了承下さい。(猫についてはTV当に出演した先代猫は亡くなり、現在は二代目となっております)
【猫とウサギ】お礼とお知らせ
※当サイトはリンクフリーです。釣りのみの記事をご要望の場合「釣りの記事のみのRSS」をご利用下さい。
FaceBook(著者プロフィール)
Instagram
YouTube
Twitter(釣り専用)
■我が家の猫が「TBSテレビ・トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」に出演しました
猫の夏ちゃんの動画がTV番組で紹介されました
■我が家のウサギの親子が「うさぎの時間」というウサギ専門誌に掲載されました
うさぎの時間に掲載されました
■Instagramに投稿していない猫とウサギの動画像はこちらをご覧下さい。(デジカメで撮影)
猫とウサギの動画チャンネル(FaceBook)

ご質問・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のリンク
投稿順で全ての記事のリンクが表示されます
最新記事
【城ヶ島・三崎港】悪い意味で釣れ方や釣れる魚種が気になる釣行でした(2018年12月9日) Dec 09, 2018
【猫とウサギ】お礼とお知らせ Dec 08, 2018
【城ヶ島・三崎港】長潮で魚の動きが読みにくい北条湾~湾中央部に群れが集まってしまった時の対処法~(2018年12月2日) Dec 02, 2018
【城ヶ島・三崎港】ウルメ・シコ湧く北条湾~北条湾特有のサビキ釣りの釣れ方~(2018年11月25日) Nov 25, 2018
【城ヶ島・三崎港】北条湾特有のサビキ釣りの釣れ方(2018年11月23日) Nov 24, 2018
ブログ内画像一覧
人気記事
コメント
人気ブログ
Instagran
Amazon
AdSense
AdSense
釣り専用Twitterアカウント
リアルタイムな釣行・釣果情報をお伝えします。
売って良し!買って良し!
写真素材のピクスタ