Archive RSS Login

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられたキジトラ(キジシロ)猫と、子猫を育てたウサギの親子の日常と、筆者の趣味の釣りに関するブログです。(たまに自動車関連の記事あり)

 
Category: 独り言・雑記  

地球の内部-地下4000キロで変化/東工大チーム確認

地球内部の「外核」という部分が均一な構造ではなく、地下4000キロ付近で状態が変わることを、東京工業大海洋研究開発機構のチームが実験で確認した。

この深さを境に、外核の主成分である酸化鉄の結晶構造が変わるとしている。

11日付の米科学誌サイエンス(電子版)に論文が掲載される。

地球は▽地殻▽深さ約2900キロまでの「マントル」▽同約5150キロまでの「外核」▽中心までの「内核」--に分かれている。

外核では、高温高圧でどろどろに溶けた酸化鉄が対流し、地磁気が生まれる。

方位磁石の「N極」が常に北を向くのはそのためだ。

東工大の広瀬敬教授らは、酸化鉄を地球内部同様の高温高圧状態にし、温度や圧力を変えながら結晶構造の変化を大型放射光施設「スプリング8」(兵庫県佐用町)で調べた。

その結果、圧力が約240万気圧(約3700度)を上回ると、規則正しく原子が並んだ構造が崩れることが分かった。

この気圧は深さ約4000キロ付近、外核のちょうど真ん中あたりに相当する。

地球では約70万年に一度、N極とS極がひっくり返る「地磁気反転」という現象が起きてきた。

今回の結果を踏まえると、2層に分かれた外核の地表側と中心側で酸化鉄が別々に対流し、両者のバランスが崩れた時に反転が起きると説明できるという。

(毎日jp)


古代マヤ人が2012年に訪れるとしていた世界の終末。2009年インドの科学者サトナムが地球上の内核が溶解している事を発見し、数年後に地殻変動により世界が滅びる事を知る。

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。



Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!
関連記事
スポンサーサイト


LEAVE
'A'
COMMENT






07-2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

06   08

Koichi Otsuka

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。
FaceBook(著者プロフィール)
Instagram
YouTube
Twitter(釣り専用)
■我が家の猫が「TBSテレビ・トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」に出演しました
猫の夏ちゃんの動画がTV番組で紹介されました
■我が家のウサギの親子が「うさぎの時間」というウサギ専門誌に掲載されました
うさぎの時間に掲載されました

ご質問・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
【城ヶ島・三崎港】北条湾独特の青魚の活性の上がり方(2018年7月16日) Jul 16, 2018
データを使って魚の動きを上手に読む方法 Jul 14, 2018
【城ヶ島・三崎港】長潮はやはり読むのが難しい(2018年7月8日) Jul 08, 2018
【城ヶ島・三崎港】先週のリベンジ出来たかな?サビキで五目釣!(2018年7月1日) Jul 01, 2018
【城ヶ島・三崎港】雨降りの長潮の北条湾(2018年6月23日) Jun 24, 2018
ブログ内画像一覧
人気記事
人気ブログ
Instagran
Amazon
AdSense
AdSense
釣り専用Twitterアカウント
リアルタイムな釣行・釣果情報をお伝えします。