Archive RSS Login

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられたキジトラ猫と、子猫を育てたウサギの親子の日常と、筆者の趣味の釣りに関するブログです(たまに自動車関連の記事あり)

 
Category: 独り言・雑記  

オランダの車いす選手、「奇跡の事故」で下半身まひ回復

「奇跡のクラッシュ」から目指すは健常者五輪──。

北京パラリンピック銀メダリストのオランダ人選手、モニク・ファンデルホルストさん(27)は、13歳から下半身がまひしていたが、昨年の事故をきっかけに奇跡的に脚が動くようになった。

車いす競技選手のファンデルホルストさんは昨年、2012年のロンドンパラリンピックに向けて行っていたトレーニング中に自転車にはねられた。

その後、治療を受けるにつれ脚が再び動き始め、完全に動くようになるまで数カ月間リハビリを続けた。

ファンデルホルストさんはロイターに対し、「喜びのあまりジャンプしたくなった」と、昨年6月に一歩を踏み出した瞬間を振り返り、鏡の前で立っている姿を見た時の驚きや喜びを表現した。

■目指すは五輪出場

医師たちは、驚くべき回復について「説明がつかない」としているが、事故によるトラウマが、ファンデルホルストさんの脚を再び動かせたと指摘する人もいるという。

脚が動くようになったファンデルホルストさんは、自転車競技チームに加入。

16年のリオデジャネイロ五輪への出場を目指しているが、出場できるレベルには達しておらず、その可能性は低いのが現状だ。

ただ、チームは意志の強いファンデルホルストさんなら、すぐに追い付けると期待を寄せている。

車いす競技の選手としての輝かしいキャリアに終止符を打つことになったファンデルホルストさんだが、自転車にまたがった瞬間にこの新しい競技にチャレンジしたいと思ったと話し、「スピリットが私の体にしみついているから」と意欲を示した。

E1323430962120_1.jpg
北京パラリンピック銀メダリストのオランダ人選手、モニク・ファンデルホルストさん(27)は、13歳から下半身がまひしていたが、昨年の事故をきっかけに奇跡的に脚が動くようになった

(エキサイトニュース)

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。





Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!
関連記事
スポンサーサイト


LEAVE
'A'
COMMENT






06-2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

05   07

Koichi Otsuka

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。
FaceBook(著者プロフィール)
Instagram
YouTube
Twitter(釣り専用)
■我が家の猫が「TBSテレビ・トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」に出演しました
猫の夏ちゃんの動画がTV番組で紹介されました
■我が家のウサギの親子が「うさぎの時間」というウサギ専門誌に掲載されました
うさぎの時間に掲載されました

ご質問・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
【城ヶ島・三崎港】静かな梅雨の中休みの北条湾(2018年6月17日) Jun 17, 2018
【城ヶ島・三崎港】嵐の前の静けさ?非常に静かな北条湾でした(2018年6月10日) Jun 10, 2018
【城ヶ島・三崎港】サバ絶好調!サイズが「サバっ子」から「サバ」になりました(2018年6月3日) Jun 03, 2018
【城ヶ島・三崎港】サバっ子絶好調! May 27, 2018
【城ケ島・三崎港】先週に続き強風の中でのサビキ釣りでしたが…(2018年5月20日) May 20, 2018
ブログ内画像一覧
人気記事
人気ブログ
Instagran
Amazon
AdSense
AdSense
釣り用Twitterアカウント
リアルタイムな情報をお伝えします。