Archive RSS Login

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられたキジトラ(キジシロ)猫と、子猫を育てたウサギの親子の日常と、筆者の趣味の釣りに関するブログです。(たまに自動車関連の記事あり)

 
Category: 独り言・雑記  

平成の2つの大震災-仕組み・被害に相違点

津波で甚大な被害が出た東日本大震災と、内陸直下型の強い揺れに見舞われた17年前の阪神大震災

どちらも「想定外」だった点では共通しているが、発生の仕組みや被害実態は大きく異なる。

日本を襲った平成の2つの大震災を比較し、その教訓を探った。

日本列島の周辺では、地球の表面を覆う複数のプレート(岩板)がぶつかり合っており、地盤にひずみが蓄積されることで地震が多発する。

■海溝型と内陸直下型

大きな被害をもたらすのは、海側プレートと陸側プレートの境界で起きる海溝型地震と、陸側プレート内部の比較的浅い場所にある活断層の地震だ。

東日本大震災は、太平洋プレートが沈み込む日本海溝で起きた巨大な海溝型地震だ。

これに対して阪神大震災は、兵庫県の淡路島にある活断層「野島断層」が動いて起きた内陸直下型だった。

いわば前者は「海の地震」、後者は「陸の地震」で、性質が基本的に異なる。

エネルギーは東日本の方がはるかに巨大だ。

動いた断層のサイズは、阪神は長さ約40キロ、幅約15キロだが、東日本は長さ約450キロ、幅約200キロで面積は阪神の100倍以上。

断層の滑り量も阪神は最大約2メートルだったが、東日本は最大50メートル以上に達した。

地震の規模を示すマグニチュード(M)は複数の計算式があるが、巨大地震の計算に適したモーメントマグニチュードで比較すると、阪神のM6・9に対して東日本は世界最大級の9・0で、エネルギーに換算すると約1千倍。

阪神の千個分の地震が一度に起きた計算で、東日本がいかに巨大だったか分かる。

■揺れ方の違い

観測された地震波の比較でも、2つの大震災の違いが浮かび上がる。

揺れの激しさを示す加速度の最大値は、阪神の818ガル(神戸市中央区)に対し、東日本は2933ガル(宮城県栗原市築館)と3倍以上。

震度5以上の強い揺れの継続時間は、阪神の約15秒に対し東日本は2分以上に及んだ。

広い震源域が段階的に破壊され、強い揺れが複数回にわたって続いたためだ。

ただ、東日本は、揺れによる被害は地震の規模の割に少なかった。

木造家屋に大きな被害が出る周期1~2秒の「キラーパルス」と呼ばれる地震波が弱かったからで、地盤の影響でキラーパルスが増幅された阪神とは対照的だ。

この差は被害実態の違いに表れている。

東日本は死者の9割以上は津波が原因。

これに対して阪神は家屋や家具の倒壊による圧死が8割以上を占め、火災による焼死なども含めると、犠牲者のほとんどは揺れが原因とみられる。

■繰り返す「想定外」

2つの大震災は地震予知や防災の考え方に大きな影響を与えた。

阪神の野島断層は活断層であることは知られていたが、具体的な切迫度は不明で活動を予測できなかった。

このため国は阪神以降、全国の活断層や海溝型地震の活動歴を調べ、将来の発生を確率的に予測・公表して防災に役立てる長期評価を進めた。

しかし、東日本大震災では、この長期評価で全く想定していない「千年に1度」の巨大地震が起きてしまった。

この反省から、国は過去の歴史記録などに頼る従来の発想を転換。

科学的な知見に基づくあらゆる可能性を考慮し、最大の地震を想定する方針を打ち出した。

観測研究では阪神以降、衛星利用測位システム(GPS)による観測網が全国で整備され、陸域の地殻変動やひずみの蓄積の様子が詳細に分かるようになった。

だが、東日本大震災は、虚を突かれるように観測網が手薄な海域で発生。

国は海の観測体制の抜本的な強化を急いでいる。

一方、防災面では阪神以降、建物の耐震化が進んだが、東日本大震災で津波対策の不備が新たに浮上。

このため津波警報の見直しや、自治体や原子力発電所などで津波想定の再検討が進んでいる。

ただ、津波対策だけがクローズアップされることに危機感を抱く専門家もいる。

東大地震研究所の大木聖子助教は「家が倒れて外に出られなくなったり、倒壊した建物で道路が通行できなくなれば、津波から逃げられない事態が起こり得る」と指摘。

その上で「阪神大震災の教訓も忘れず、耐震化や家具の固定など揺れの対策を進めることが重要だ」と強調している。

(イザ!)

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。





Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!
関連記事


LEAVE
'A'
COMMENT






10-2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

09   11

Koichi Otsuka

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。釣り歴は小学1年生から30数年…本当は船釣りをしたいのに船酔いが激しく断念。自分に与えられたフィールドは陸しかないと神奈川県内を中心に陸釣りに奮闘中。釣行先は気分によって変わります。予めご了承下さい。
※当サイトはリンクフリーです。釣りのみの記事をご要望の場合「釣りの記事のみのRSS」をご利用下さい。
FaceBook(著者プロフィール)
Instagram
YouTube
Twitter(釣り専用)
■我が家の猫が「TBSテレビ・トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」に出演しました
猫の夏ちゃんの動画がTV番組で紹介されました
■我が家のウサギの親子が「うさぎの時間」というウサギ専門誌に掲載されました
うさぎの時間に掲載されました
■Instagramに投稿していない猫とウサギの動画像はこちらをご覧下さい。(デジカメで撮影)
猫とウサギの動画チャンネル(FaceBook)

ご質問・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のリンク
投稿順で全ての記事のリンクが表示されます
最新記事
箱が好きなのは分かるけど…入れないんじゃ… Oct 20, 2018
【城ヶ島・三崎港】雨の日・雨の後の北条湾でのサビキ釣りのポイント(2018年10月14日) Oct 14, 2018
2018年10月8日の釣行記事の補足と解説と爆死した理由 Oct 09, 2018
【城ヶ島・三崎港】期待度MAXでしたが今回も見事に爆死しましたwww(2018年10月8日) Oct 08, 2018
決戦前夜!釣りが一番楽しい時間 Oct 07, 2018
ブログ内画像一覧
人気記事
人気ブログ
Instagran
Amazon
AdSense
AdSense
釣り専用Twitterアカウント
リアルタイムな釣行・釣果情報をお伝えします。
売って良し!買って良し!
写真素材のピクスタ