Archive RSS Login

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられた猫とウサギの親子と筆者の趣味の釣りに関するブログです(たまに自動車関係の記事あり)

 
Category: 病気・医療  

肝硬変患者の骨髄細胞培養し点滴、山口大が新療法

肝硬変の患者から骨髄液を採取し、含まれている細胞を増殖させたうえで患者自身に点滴で戻す臨床研究を、山口大学の坂井田功教授らのチームが計画している。

20120119-561662-1-L.jpg

骨髄液の細胞が肝臓へ移動して正常な肝細胞に変化することで、症状の改善が期待できる。

3年以内の開始を目指す。

肝硬変はウイルス感染などで発症し、肝臓が本来の機能を失う。

国内の患者は40万~50万人に達する。

研究チームは2003年に肝硬変患者から約400ミリ・リットルの骨髄液を採取して点滴する臨床研究を開始。

これまで19人に実施し、15人の肝機能の改善や悪化抑制が確認された。

骨や脂肪などの細胞に変化できる骨髄液中の「間葉系幹細胞」が肝細胞に変化したり元々あった肝細胞を刺激したりして、正常な肝細胞が増えた結果とみられる。

ただし、約400ミリ・リットルの骨髄液を採取するためには、全身麻酔をかける必要がある。

全身麻酔に耐えられない、高齢や重篤な患者は、この治療法が受けられなかった。

研究チームが新たに臨床研究を目指す手法では、10~20ミリ・リットルの骨髄液を採取して約2週間培養し、点滴に必要な細胞数まで増やす。

全身麻酔が不要で重篤な患者らに向いているという。

(読売新聞)

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。





Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!
関連記事


アルコール地獄からの脱却

お酒がやめられない 家族に酒をやめさせたい アルコール依存症から抜け出せない・・・・・そんなアルコール地獄や アル中患者の救世主 水澤都加佐のアルコール依存症援助プログラム。

LEAVE
'A'
COMMENT






06-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05   07

大塚幸一

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。
FaceBook:Koichi Otsuka
YouTube:猫とウサギ・少し釣りの動画チャンネル
筆者プロフィール詳細:Koichi Otsuka's Profile

今日の天気予報
魚の漢字読めるかな?
人気ブログ
Instagran
ペット用品・釣り具を通販
AdSense
直輸入フード・キャットタワー
日用品のお買い物
娘と我が家のウサギ達
ご質問・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

宝くじ購入代行