Archive RSS Login

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられた猫とウサギの親子と筆者の趣味の釣りに関するブログです(たまに自動車関係の記事あり)

 
Category: 病気・医療  

難病も希望持って-静岡県立こども病院で乳児の心臓手術成功

■両親会見「信頼できる先生出会え、感謝」

世界でも例のない先天的心臓病を患う8カ月の乳児の難手術に、静岡県立こども病院静岡市葵区)が成功した。

同病院が21日開いた記者会見で、元気になったわが子を抱いた母親は、「涙が出てきそう。信頼できる先生に出会え、感謝でいっぱい」と喜びをかみしめた。

患者は東京都中野区の会社員有川拓さん(39)と妻由紀子さん(35)の次男護(まもる)ちゃん(8カ月)。

会見には長男創ちゃん(4つ)も同席した。

坂本喜三郎副院長らによると、護ちゃんは昨年5月4日、由紀子さんが妊娠37週の時、家族で伊豆に滞在中に破水、ドクターヘリで同病院に搬送され、緊急出産した。

同病院は、護ちゃんの心臓が左右の心室につながる動脈が逆につながった「大血管転位症」など、心室や心房、弁、血管が複雑に奇形し、3つの症状が同時に合わさった先天性心臓病と診断。

世界でも報告例はなく、1歳を過ぎると生命の危険もあり、根治には手術が必要だった。

各症状でさえ難手術で、3つの症状が重なった心臓病の手術は、世界でも報告例はなかった。

病院側はリスクを明かしつつ、治療の可能性を説明。

由紀子さんは「迷ったが、親として治療しないまま子どもを見殺しにできない。信頼できる先生に任せるしかない」と、手術を決意するまでを会見で振り返った。

手術は昨年12月13日、坂本副院長ら6人の執刀医による約12時間の手術で、心臓を通常の形に修復させることに成功。

会見のあった21日、無事退院に至った。

護ちゃんの心臓は、成長とともに補助的手術も必要。

主治医の井出雄二郎医師は「同じ体の子と遜色なく成長が見込める」と話す。

由紀子さんは「同じような病気で治療を受けられない子も多いと聞く。治療ができた子がいることを知ってもらい、希望をもって情報を収集してほしい」と会見で呼び掛けた。

(中日新聞)

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。





Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!
関連記事


LEAVE
'A'
COMMENT






06-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05   07

大塚幸一

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。
FaceBook:Koichi Otsuka
YouTube:猫とウサギ・少し釣りの動画チャンネル
筆者プロフィール詳細:Koichi Otsuka's Profile

今日の天気予報
魚の漢字読めるかな?
人気ブログ
Instagran
ペット用品・釣り具を通販
AdSense
直輸入フード・キャットタワー
日用品のお買い物
娘と我が家のウサギ達
ご質問・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

宝くじ購入代行