Archive RSS Login

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられたキジトラ猫と、子猫を育てたウサギの親子と、筆者の趣味の釣りに関するブログです(たまに自動車関連の記事あり)

 
Category: 動物・植物・生き物  

巨大イカの目玉の謎に迫る、プランクトン発光捉え天敵察知-欧米チーム

深海に生息する巨大なダイオウイカダイオウホウズキイカの目玉がサッカーボールより大きく動物最大なのは、天敵のマッコウクジラが迫って来る際に周囲のプランクトンの発光を感知し、逃げるためである可能性が高いことが分かった。

ダイオウイカ
米ハワイ・オアフ島沖で1981年に捕獲されたダイオウイカ

スウェーデンのルンド大や米デューク大などの研究チームが18日までに米科学誌カレント・バイオロジー電子版に発表した。

ダイオウイカなどは、一般には足と呼ばれる腕を含めた体の長さが10メートル以上あるとみられ、研究チームが確認できた個体では目玉の直径が27センチ、瞳孔は9センチあった。

暗い深海では遠くの獲物や異性を目で識別するのは難しく、目玉の直径は哺乳類ではシロナガスクジラの11センチ、魚類ではメカジキの9センチが最大級とみられる。

体長十数メートルのマッコウクジラはダイオウイカなどに聞こえない高い周波数の音を発し、潜水艦のソナー(水中音波探知機)のように獲物を探す。

(時事ドットコム)


生きているダイオウイカの映像


未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。

Twitterでフォロワーを増やしたい方





Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!
関連記事
スポンサーサイト


まとめteみた【いくし~日記】

深海に生息する巨大なダイオウイカやダイオウホウズキイカの目玉がサッカーボールより大きく動物最大なのは、天敵のマッコウクジラが迫って来る際に周囲のプランクトンの発光を感知し、逃げるためである可能性が高いことが分かった。米ハワイ・オアフ島沖で1981年に捕...

LEAVE
'A'
COMMENT






02-2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

01   03

Koichi Otsuka

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。
FaceBook
Instagram
YouTube
Twitter(釣り専用)

ご質問・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
【城ケ島・三崎港】サビキ釣りの仕掛け・釣り方・道具やコツ Feb 19, 2018
【城ケ島・三崎港】そろそろマイワシが釣れなくなるかな?(2018年2月17日) Feb 18, 2018
オイルヒーターで鼻を暖める猫 Feb 18, 2018
【城ケ島・三崎港】久しぶりに悪条件連発でしたwww(2018年2月11日) Feb 12, 2018
サビキ釣りで釣れない時の対処法 Feb 11, 2018
ブログ内画像一覧
人気記事
人気ブログ
Instagran
ペット用品・釣り具をネット通販
AdSense
釣り用Twitterアカウント
リアルタイムな情報をお伝えします。
アウトドア用品高価買取