Archive RSS Login

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられた猫とウサギの親子と筆者の趣味の釣りに関するブログです(たまに自動車関係の記事あり)

 
Category: 宇宙  

太陽活動に異変?地球寒冷期の前兆か?

国立天文台理化学研究所などの国際チームは2012年4月19日、太陽極域の磁場にこれまでの活動周期とは違った現象が観測されたと発表した。

地球に寒冷期が到来する兆候にも似ているという。

太陽には南北両極にプラス極とマイナス極があり、約11年周期で同時に両極の磁場が入れ替わる(反転する)。

現在の太陽は北極がマイナス極、南極がプラス極となっていて、次回は2013年5月の太陽活動の「極大期」(太陽の黒点数が最大になる時期)と同時に反転すると予測されていた。

ところが今年1月の太陽観測衛星「ひので」の観測で、北極では約1年も早く、反転に向けて磁場がゼロ状態に近くなっていることが分かった。

しかし、南極では反転の兆しはみられず、依然、プラス極のままだ。

その結果、北極と南極がともにプラス極となり、赤道付近に別のマイナス極ができるような、太陽全体の磁場が「4重極構造」になる可能性があるという。

太陽の大規模磁場の2008年の様子と近未来予想
太陽の大規模磁場の2008年の様子と近未来予想


太陽活動は極大期と極小期を周期的に繰り返しているが、現在の活動周期は予想以上に長引き、約11年周期が12.6年になっている。

今回の磁場観測の結果を含めて、これら太陽活動の異変は、地球が寒冷期となった「マウンダー極小期」(1645-1715年ごろ)や「ダルトン極小期」(1790-1820年ごろ)に似ているという。

今後の推移を明らかにするため、国立天文台などは今年10月ごろに太陽の北極域の集中観測を実施する予定だ。

(SciencePortal)

太陽観測衛星「ひので」太陽極域磁場の反転を捉えた ひので科学プロジェクト

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。

Twitterでフォロワーを増やしたい方





Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!
関連記事


太陽:磁場が「4重極構造」に…地球、一時的に寒くなる?

えー? 小学校以来の 常識がくずれた。ヽ(*'0'*)ツ 右の写真のこと。 「4重極構造」?? 太陽の北極の 磁場が反転して N極。

LEAVE
'A'
COMMENT






06-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05   07

大塚幸一

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。
FaceBook:Koichi Otsuka
YouTube:猫とウサギ・少し釣りの動画チャンネル
筆者プロフィール詳細:Koichi Otsuka's Profile

今日の天気予報
魚の漢字読めるかな?
人気ブログ
Instagran
ペット用品・釣り具を通販
AdSense
直輸入フード・キャットタワー
日用品のお買い物
娘と我が家のウサギ達
ご質問・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

宝くじ購入代行