Archive RSS Login

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられた猫とウサギの親子と筆者の趣味の釣りに関するブログです(たまに自動車関係の記事あり)

 
Category: 地震  

富士山直下に活断層か…山体崩壊の恐れも、文科省調査

富士山(3776メートル)の直下に活断層が存在する可能性が高いことが文部科学省の調査で2012年5月9日、分かった。

地震の揺れで「山体崩壊」と呼ばれる巨大な山崩れが発生、東山麓の静岡県御殿場市などで大規模災害の恐れがある。

約2900年前に起きた山体崩壊と泥流の引き金だった可能性もあり、調査チームが地元自治体に説明を始めた。

文科省が実施した3年間の調査で判明した。

チームの佐藤比呂志・東大地震研究所教授は9日、結果を静岡県に伝えた。

千葉市で20日から始まる日本地球惑星科学連合大会で発表する。

調査報告書などによると、富士山の東山麓で人工地震波などを使って地下構造を探査し、御殿場市付近で地下に隠れている断層を発見した。

数十万年前以降の火山噴出物の地層を動かした形跡があり、活断層の可能性が高いと分析した。

北東-南西方向に伸びる長さ約30キロの逆断層で北西に傾斜しており、下端は富士山直下の深さ十数キロと推定。

富士山直下の活断層
富士山直下の活断層


マグニチュード(M)7級の地震を起こすとみられ、揺れで東斜面が崩壊し、大量の土砂が雪崩のように下る「岩屑(がんせつ)雪崩」や泥流が発生する恐れがあり「甚大な被害を周辺地域に引き起こす危険性がある」と結論付けた。

富士山では約2900年前に大規模な山体崩壊と岩屑雪崩が発生した後、泥流が御殿場付近を広範囲に埋め尽くす「御殿場泥流」が起きた。

地震などが原因とされており、今回の断層が動いた可能性もある。

この断層は御殿場泥流以降に動いた形跡はほとんどなく、地震の頻度は数千年に1回程度とみられるが、切迫度などは分かっていない。

佐藤教授は「山体崩壊は噴火を伴う場合は事前に分かるが、突然の地震で起きると避難する余裕がなく、防災上は厳しいシナリオになる」と話す。

この断層は活断層「神縄(かんなわ)・国府津(こうづ)-松田断層帯」の西側延長線上にある。

神縄・国府津-松田断層帯
神縄・国府津-松田断層帯


付近は泥流の堆積層で厚く覆われ地下構造は不明だった。

国が平成16年に作製した富士山のハザードマップもこの断層は想定していないため新たな防災対策を迫られそうだ。

(MSN産経ニュース)

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。

Twitterでフォロワーを増やしたい方





Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!
関連記事


まとめtyaiました【富士山直下に活断層か…山体崩壊の恐れも、文科省調査】

富士山(3776メートル)の直下に活断層が存在する可能性が高いことが文部科学省の調査で2012年5月9日、分かった。地震の揺れで「山体崩壊」と呼ばれる巨大な山崩れが発生、東山麓の静岡県御殿場市などで大規模災害の恐れがある。約2900年前に起きた山体崩壊...

LEAVE
'A'
COMMENT






06-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05   07

大塚幸一

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。
FaceBook:Koichi Otsuka
YouTube:猫とウサギ・少し釣りの動画チャンネル
筆者プロフィール詳細:Koichi Otsuka's Profile

今日の天気予報
魚の漢字読めるかな?
人気ブログ
Instagran
ペット用品・釣り具を通販
AdSense
直輸入フード・キャットタワー
日用品のお買い物
娘と我が家のウサギ達
ご質問・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

宝くじ購入代行