Archive RSS Login

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられた猫とウサギの親子と筆者の趣味の釣りに関するブログです(たまに自動車関係の記事あり)

 
Category: 宇宙  

太陽表面の巨大爆発、想定以上なら通信障害拡大も…

京都大学の柴田一成教授らは、太陽表面で起きる巨大な爆発現象で通信障害の原因となる「太陽フレア」が、従来の想定よりも大規模に発生する可能性があることを突き止めた。

2011年9月7日の太陽フレア
2011年9月7日の太陽フレア

太陽型星のスーパーフレアの想像図
太陽型星のスーパーフレアの想像図


太陽と似た星の分析から、太陽で大規模爆発は起きないとしてきた従来理論が説明できないことが分かった。

フレアの規模が大きければ、通信障害も大きくなる。

研究成果は英科学誌「ネイチャー」に2012年5月17日、掲載される。

研究グループは、米航空宇宙局(NASA)が打ち上げた人工衛星の観測データから、はくちょう座方面にある約8万3千個の太陽に似た星を分析。

太陽フレアの約1000倍のエネルギーを持つ「スーパーフレア」という大規模爆発の発生を、148の星で365例確認した。

星の自転周期とスーパーフレアの発生頻度
※1


※1:星の自転周期とスーパーフレアの発生頻度。自転周期が長い星ほど、スーパーフレアの発生頻度が低い。

従来理論はスーパーフレアの発生には近くに木星のような大きな惑星の存在が必要としていたが、スーパーフレアを観測した星のいずれの近くにも大きな惑星はなかった。

太陽も近くに大きな惑星はないが、従来理論が崩れたことで、太陽でも大規模な爆発の可能性が出てきたという。

(日本経済新聞)

太陽型星におけるスーパーフレア 京都大学

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。

Twitterでフォロワーを増やしたい方





Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!
関連記事


まとめtyaiました【太陽表面の巨大爆発、想定以上なら通信障害拡大も…】

京都大学の柴田一成教授らは、太陽表面で起きる巨大な爆発現象で通信障害の原因となる「太陽フレア」が、従来の想定よりも大規模に発生する可能性があることを突き止めた。2011年9月7日の太陽フレア太陽型星のスーパーフレアの想像図太陽と似た星の分析から、太陽で大規模...

LEAVE
'A'
COMMENT






10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09   11

大塚幸一

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。
FaceBook:Koichi Otsuka
Instagram:Koichi Otsuka
YouTube:猫とウサギ・少し釣りの動画チャンネル
筆者プロフィール詳細:Koichi Otsuka's Profile

ご質問・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
【城ケ島・三崎港】秋雨前線が停滞する中マイワシ好調でした(2017年10月15日) Oct 15, 2017
小腹が減った荒ぶるウサギ Oct 15, 2017
無精なウサギのロング寝ポリ Oct 14, 2017
【城ケ島・三崎港】サイズも上がりマイワシまだまだ好調です(2017年10月8日) Oct 09, 2017
【城ケ島・三崎港】10月に入りましたがマイワシ好調(2017年10月1日) Oct 01, 2017
人気ブログ
Instagran
ペット用品・釣り具をネット通販
AdSense
廃車費用一切無料