Archive RSS Login

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられた猫とウサギの親子と筆者の趣味の釣りに関するブログです(たまに自動車関連の記事あり)

 
Category: 釣り   Tags: 釣り  料理  三崎港  城ケ島  サビキ  

【城ケ島・三崎港】マイワシ到来!秋を感じる釣りでした(2017年9月3日)

こんにちは。

週末に台風15号が関東に近付く予報が出ており、この週は釣りは無理かな…なんて思っていましたが、金曜から土曜に掛けて関東から東北へ台風は抜けてくれ、土曜の夜から日曜の未明は穏やかな天候となり、この週もいつもの城ケ島サビキ釣りに行って来ました。

当日は風はありませんでしたが、台風の影響もあってか気温が20度を下回る日が続き、陽気的にはだいぶ秋の色が濃く当日の未明は肌寒い感じの陽気でした。

過ごしやすい陽気に加え、夏休み後最初の日曜日とあってか、いつもの釣り場は普段よりかなり釣り人の数も多く車を停めるスペースや釣り場の確保も大変な感じでした。

そんな中現地に到着。

当日の潮はこんな感じです。

2017年9月3日 潮見表


潮見表のアプリのキャプチャーの時間が釣りを開始した時間です。

潮の状態も中潮でこれから潮が引いていく感じ。

コンディションとしては悪くない状況でした。

この日は潮とは関係なく、未明だというのにイワシの群れが池にいる鯉がエサに群がるような光景が広がっており、至る所でイワシがバシャバシャ跳ねている状態でした。

ここのところ、良い感じでアジのサイズが上がってきており、過去に釣ったことがないサイズを狙いたいな…などと思っていましたが、サビキを入れた瞬間にイワシが掛かってしまいそうな感じです。

案の定、どのタナにサビキを垂らすもイワシ、イワシ、イワシ。

イワシを避けて、サビキを底に落とし過ぎハゼが釣れてしまう始末です。

いつもの猫もまだ登場しておらず、マジか…もうウルメイワシは要らないよ…と思っていたら…

ややっ?いつものイワシより平たいイワシが釣れました。

マイワシか?

ビンゴでした。

エサに群がる鯉状態のイワシの群れは、実はウルメイワシとマイワシの大群。

マイワシの方がややタナが深いものの、そう変わりませんでした。

目の前に広がる海の状況に、この日はアジ釣りは断念。

急遽マイワシ釣りにシフトし狙うものの、ウルメイワシも釣れてしまいます。

ウルメイワシの処理班のニャンコが登場するのを待ちながら、狙うはマイワシ。

ようやくウルメイワシの処理班が登場するも、すでに死んでしまったウルメイワシをあげても「ハァ??こいつ動いてねぇぞ…」と手を付けてくれません。

仕方ないので、処理班登場前に釣ったウルメイワシは持ち帰ることに。

そしてこの日のウルメイワシ処理班です。

ウルメイワシ処理班
ウルメイワシ処理班のニャンコ



この日はウルメイワシ、マイワシ以外にはサバも良型のものがいくらか釣れました。

釣りを開始してから2時間弱。

ウルメイワシ処理班のニャンコも撤収し、釣り人の数も増えて来たので納竿としました。

そしてこの日の釣果はこんな感じです。

2017年9月3日 釣果

2017年9月3日 釣果


良型のサバは約23cm。

マイワシの一番大きなサイズで20cmでした。

まな板に居る茶色い魚はハゼです。

アジ、サバ、イワシ類、サビキで釣れる魚も20cmオーバーが釣れるようになり、マイワシも回って来て、おまけに肌寒い陽気。

本格的に秋の到来を感じさせる釣りでした。

そしてこの日の料理はこんな感じに。

三枚に卸したマイワシ
三枚に卸したマイワシ

マイワシのナメロウ
マイワシのナメロウ


約1年ぶりのマイワシヒットに軽く興奮し、いろいろ料理を考えたのですが、無難に全てナメロウにしました。

背開きにしたサバとウルメイワシ


背開きにしてあるのはサバとウルメイワシです。

柵にしてあるのは良型のサバです。

サバとウルメイワシのフライ
サバとウルメイワシのフライ


背開きにしたサバとウルメイワシはフライにしました。

良型のサバは半身を塩焼きにしました。

サバの塩焼き
サバの塩焼き


そして最後に、柵にしたサバの身でフィレオフィッシュサンドを作りました。

サバのフィレオフィッシュサンド
サバのフィレオフィッシュサンド


先日もボラの身で作りましたが、釣りたてはやはり身が柔らかいのでパンにも馴染みやすくとても美味しいです。

良くブログに登場する各種の魚のフライですが、中骨と尾を切り落としパンに挟んでも美味しいと思います。

私が背開きにしてフライにする理由は中骨も一緒に食べるためにフライにしています。

秋の到来も感じ、各魚達のサイズも上がってきており、調理も比較的簡単になるこの時期であれば魚の骨を取り除くのも然程苦にならないかと思います。

特にお子さんはパンに挟んだ方が喜ぶかもしれません。

ここ数週間は行くと毎回サプライズがあるので、いつも以上に釣りを楽しめています。

陸っぱりからのショボイサビキ釣りですが、極力金を掛けずにサビキでどこまでいろんな魚を釣り、美味しく食べるか…が私の一つのコンセプトです。

来週もどんな魚が釣れるか楽しみです。

またご報告させて頂きます。

ロップイヤーと猫の動画






釣り・フィッシング ブログランキングへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

テーマ : 釣り    ジャンル : 趣味・実用


Re: タイトルなし 
はじめまして。

コメントありがとうございます。

仰る通り、釣るより網ですくった方が早いような感じでしたね。

100匹捌くのも気合いですね。

恐らくですが、時折見えた大きな魚影は「ボラ」か「サバ」だと思います。

イワシを狙って寄ってくるスズキ等々の魚ですと、ナブラが出来て飛び跳ねたりして逃げ回ります。

陽気も涼しくなり魚種も増えてくるこれからが楽しみですね。


> はじめまして。
> 私も夜中から日曜日の朝方にかけて岸壁で釣っていましたが、イワシ凄かったですね。網で掬えば数百匹と獲れそうな状況。
> 100匹程釣りましたが、捌くのが大変でした。たまに、大きな魚影が見えましたが、何だったのでしょう。
 
はじめまして。
私も夜中から日曜日の朝方にかけて岸壁で釣っていましたが、イワシ凄かったですね。網で掬えば数百匹と獲れそうな状況。
100匹程釣りましたが、捌くのが大変でした。たまに、大きな魚影が見えましたが、何だったのでしょう。

LEAVE
'A'
COMMENT






12-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

11   01

大塚幸一

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。
FaceBook:Koichi Otsuka
Instagram:Koichi Otsuka
YouTube:猫とウサギ・少し釣りの動画チャンネル
筆者プロフィール詳細:Koichi Otsuka's Profile

ご質問・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
【城ケ島・三崎港】大サイズのマイワシが回って来てくれました(2017年12月17日) Dec 17, 2017
布団を奪う猫 Dec 13, 2017
【城ケ島・三崎港】地上にマイワシ大漁の形跡が…しかしそうは問屋が卸さない?(2017年12月10日) Dec 10, 2017
【城ケ島・三崎港】鳥と猫によるマイワシ争奪戦が勃発!肝心の釣果は?(2017年12月3日) Dec 03, 2017
【城ケ島・三崎港】11月最終週・まだマイワシ好調です(2017年11月26日) Nov 26, 2017
人気ブログ
Instagran
ペット用品・釣り具をネット通販
AdSense
廃車費用一切無料