Archive RSS Login

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられたキジトラ(キジシロ)猫と、子猫を育てたウサギの親子の日常と、筆者の趣味の釣りに関するブログです。(たまに自動車関連の記事あり)

 
Category: 釣り   Tags: 釣り  料理  三崎港  城ケ島  サビキ  

【城ケ島・三崎港】10月に入りましたがマイワシ好調(2017年10月1日)

こんにちは。

いよいよ10月に入りました。

夜中や明け方が肌寒い…ではなく、本格的に寒い気温となってきました。

海水温は気温より約1ヶ月遅れて温度が下がると言われます。

この日は風もやや強かったこともあり、ジャンパー等の防寒着がないとかなり寒く感じる気温でした。

気温の低さに「今日はもうサビキは厳しいかな…」などと思いながら城ケ島へ向かいました。

現地に着いたのは午前3時半過ぎ。

周りの釣り人達も投げ釣りやウキ釣りをやっている人が多く、サビキ系の釣りをしている人は見当たりません。

竿を準備する前に、海を覗くも青魚の群れも見当たりません。

「いや~今日はホントに釣れないかな…」などと、防寒着を持たずジャージで来てしまったことを軽く後悔し、寒くてモチベーションが上がらず、どこか帰る理由を探している自分に気付きながら釣りの準備を開始しました。

予想通りと言うか、釣り開始から30分はアタリも無し。

1時間やって釣れなければ帰ろう…と決め、撒き餌もジャンジャン撒き、普段よりハイスピードでエサも付け替えました。

40分ほど経った頃、撒き餌の効果があったのか、アタリが出始めます。

寒いので頃合いを狙ったのか?と聞きたくなるナイスなタイミングでこの方も登場。

城ヶ島の猫
※夜間な為画像が悪くてすみません…


釣れはじめたのはマイワシ。

この日は海面の表層付近を群れをなして泳がず、やや深い層を泳いでいるようでタナの深く、海を見ても群れを肉眼で確認することは出来ませんでした。

ちなみに、気温が低く風もあったことをあり、海水はお湯のように感じるくらい暖かく20度以上はまだあるかと思います。

地上が寒くても、海水の温度が下がらない限り、基本的には釣れます。

海水温だけではなく、潮流も影響するのでどのタイミングで回遊してこなくなるかは分からないのですが…

少し今回の釣りと外れますが、今年は銚子沖を流れる黒潮の流れも例年と違うというニュースソースを見ました。

12年ぶりに「黒潮大蛇行」 漁業に影響出る可能性

このブログでもご紹介させて頂いておりますが、数年前、観音崎で1年間に何度もマダイを上げたことがあります。

【観音崎】シーバス狙いが…ビックリ仰天!62センチのマダイをGET!

記憶が曖昧で間違いの可能性もありますが、この年は確か銚子沖の黒潮が例年より岸近くを流れていたと記憶しています。

銚子の先端に黒潮がぶつかり、東京湾の中へ暖かい海水が流れ込んできているのかな…なんて思ったのを覚えています。

黒潮の流れが頻繁にニュースになることはありませんが、いつもと釣れる魚や釣れる魚の時期がおかしい…と感じた時に調べると黒潮の流れ方が例年と違うことが過去にもありました。

上記でご紹介させて頂いた記事も、そもそも陸っぱりから投げ釣りでこのサイズのマダイが釣れることが通常では考えにくいです。

岸近くまで成魚のマダイが寄ってくる原因があった…ということだと思います。

個人的にはここ数年は、この黒潮の流れにかなり注目しています。

そんな過去の経験もあり、上記ニュースソースを見付け、今年も何かあるかな?と若干期待しております。

本題に戻り、この日の釣果ですが、先週サッパが釣れサビキ終了の鐘…とお話しましたが、この日はそれを覆すかのようにマイワシとアジしか釣れませんでした。

2017年10月1日 釣果

2017年10月1日 釣果


まな板にのっているアジとマイワシは20cm。

引きもさることながら、持ち応え、食べ応えもサビキ釣りでは十分と言えました。

ただ、やはり入れ食い状態の本格シーズン時よりは食いは渋く、撒き餌を撒きながら魚を寄せて釣る状況になってきています。

その代わりと言っては何ですが、サイズは釣れればビッグサイズを狙えると思います。

大群ではないにしろ、この日時点ではマイワシもアジもいたことは確かです。

黒潮の話は素人の勝手な憶測です。

しかし、少しワクワクしていることも事実です。w

ちなみに、釣果の写真は大きなサイズのマイワシだけ持ち帰り、中途半端なサイズはいつものニャンコの胃袋へ。

料理はこんな感じにしてみました。

マイワシの湯漬け
マイワシの湯漬け


中骨と昆布で出汁を作り、それをご飯にのせたマイワシの刺身にかけるだけです。

ネギとマイワシのホイル焼き
ネギとマイワシのホイル焼き


フライパンにアルミホイルを敷き、ネギの上にマイワシを並べ蒸し焼きにします。

上にのっている黒っぽいものは、出汁を取った昆布に梅肉を混ぜて叩いたものです。

ニンニクとマイワシのオリーブオイル焼き
ニンニクとマイワシのオリーブオイル焼き


背開きにしたマイワシにオカラパウダーをふりかけ、フライパンに多めにオリーブオイル入れニンニクと一緒に弱火で焦げ目が付く程度に焼きます。

中骨も一緒に食べられます。

アジ・マイワシご飯
アジ・マイワシご飯

アジ・マイワシご飯
アジ・マイワシご飯


白米を洗い、内臓を取り除いたアジとマイワシを載せ、出汁でお米と一緒に炊き上げます。

炊けたらアジとマイワシの身をほぐし、炊けたご飯と混ぜるだけです。

塩気が足らなければ、お茶碗に盛った際に軽く塩を掛けて下さい。

あと何回サビキ釣りの釣果をご報告出来るか分かりませんが、今年は天候に恵まれ毎週釣りに行けているので来週もがんばって行きたいと思います。

またご報告させて頂きます。

ロップイヤーと猫の動画






釣り・フィッシング ブログランキングへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 釣り    ジャンル : 趣味・実用


LEAVE
'A'
COMMENT






08-2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

07   09

Koichi Otsuka

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。
FaceBook(著者プロフィール)
Instagram
YouTube
Twitter(釣り専用)
■我が家の猫が「TBSテレビ・トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」に出演しました
猫の夏ちゃんの動画がTV番組で紹介されました
■我が家のウサギの親子が「うさぎの時間」というウサギ専門誌に掲載されました
うさぎの時間に掲載されました
■Instagramに投稿していない猫とウサギの動画像はこちらをご覧下さい。(デジカメで撮影)
猫とウサギの動画チャンネル(FaceBook)

ご質問・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のリンク
投稿順で全ての記事のリンクが表示されます
最新記事
本末転倒…空気清浄機の吹き出し口に座る猫 Aug 14, 2018
【城ヶ島・三崎港】サバに替わってシコイワシ?(2018年8月11日) Aug 11, 2018
【城ヶ島・三崎港】久しぶりに穏やかな北条湾でした(2018年8月5日) Aug 05, 2018
【城ヶ島・三崎港】台風12号による影響(2018年7月29日) Jul 29, 2018
【城ヶ島・三崎港】ウルメイワシが好調でした(2018年7月21日) Jul 22, 2018
ブログ内画像一覧
人気記事
人気ブログ
Instagran
Amazon
AdSense
AdSense
釣り専用Twitterアカウント
リアルタイムな釣行・釣果情報をお伝えします。
当ブログのQRコード
QR