Archive RSS Login

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられたキジトラ(キジシロ)猫と、子猫を育てたウサギの親子の日常と、筆者の趣味の釣りに関するブログです。(たまに自動車関連の記事あり)

 
Category: その他  

産総研、SDメモリカードよりも小型の放射線積算線量計を開発

産業技術総合研究所(産総研)は、産総研所内プロジェクト「MEMS技術を用いた携帯型放射線検出器の開発とその応用」において、小型で軽く、名札ケースやポケットに入れて持ち運びでき、長期間の連続使用が可能な放射線積算線量計を開発したことを発表した。

同成果は計測フロンティア研究部門の鈴木良一 副研究部門長 兼 極微欠陥評価研究グループ 研究グループ長、および集積マイクロシステム研究センターの伊藤寿浩 副研究センター長 兼 ネットワークMEMS研究チーム 研究チーム長、先進製造プロセス研究部門の市川直樹 副研究部門長らの研究グループによるもの。

産総研では、2011年3月11日に発生した東日本大震災における東京電力福島第一原子力発電所の事故などで生じた放射性物質の飛散と、放射線被ばくの影響などを手軽に知ること目指し、産総研全体の研究ポテンシャルを結集した産総研所内プロジェクト「MEMS技術を用いた携帯型放射線検出器の開発とその応用」を立ち上げ、研究開発を行ってきた。

今回開発された線量計は、産総研のカーボンナノ構造体を用いた乾電池駆動X線源開発の小型化・省エネ化技術を応用したもので、小型かつ低消費電力で、一定時間ごとの線量を記録でき、高線量下ではLEDやブザーによる警告機能を持つ量産可能な放射線積算線量計となっている。

開発された線量計の本体部は児童や生徒でも手軽に持ち運べるようSDメモリカードよりも小さく、3Vのボタン電池1個で駆動することが可能(3Vのボタン電池1個で、直径20mmのボタン電池なら約2カ月、直径24.5mmのボタン電池なら半年以上の連続的な使用が可能)なものとなっている。

併せてこの本体部に電池やブザーを付けてケースに入れた放射線積算線量計(重量10~20g)を試作し、これらの放射線積算線量計を、名札ケースや衣服のポケットなどに入れて携帯することで、放射線線量を手軽に計測・記録することを可能とした。

積算線量計で記録したデータは、パソコンなどと電気的に非接触の光通信アダプタを介して読み取ることで、放射線の積算の被ばく量や、一定時間(1時間や1日)ごとの被ばく量の推移を知ることができる。

測定・表示可能な被ばく量は、0.1μSv(γ線)から。

半導体方式による放射線検出を採用しているが、同方式では衝撃などによるノイズを誤検出する場合があることから、衝撃センサを搭載することで誤検出の可能性の高い信号を除外する機能も搭載した。

また、線量計内部では、線量率のレベルの監視も行っており、ある一定以上の線量率を検出した場合にはLEDの光やブザーの音により装着者に警告することも可能となっている。

なお、同プロジェクトでは、産総研全体の研究ポテンシャルを結集し、今回開発された線量計の技術を基に、複数の放射線検出器の開発が進められているという。

主なものの1つとしては、消費電力が小さい無線チップを組み込んだ無線機能付き小型放射線積算線量計で、これにより、アダプタを介さずに直接スマートフォン上で日々の線量の把握が可能になるほか、児童や生徒などが携帯している線量計の情報を、保護者がスマートフォンで適宜、確認することが期待できるとしている。

また、無線化により、較正に掛かる作業コストの低減による、大量の積算線量計の効率的な全量較正の実現が可能となり、将来的には全量較正された均一な感度特性を持つ無線機能付き小型積算線量計による、信頼性の高い個人被ばく量の把握が可能になるという。

もう1つの例としては、GPS機能付き携帯型線量率計があるという。

すでに文部科学省による放射線分布マップなどで、おおよその放射線量の空間分布は評価されているが、自宅周辺などの局所的な放射線の線量率分布はまだ十分に得られていないのが現状であり、こうしたGPS機能付き携帯型線量率計を活用することで、ホット・スポットを含む道路や毎などにおける詳細な線量率マップを実現することで、個々人が無用な被ばくを避ける行動をとったり、自治体における効果的な除染計画の策定など、人や地域単位での総合的な被ばく量の低減に向けた取り組みが期待できるようになるとしており、今後も使い勝手の向上やさらなる省電力化、計測線量値の信頼性向上などを進めていくとともに、安価に入手できるようにするための量産化技術の確立を図ることで、可能な限りの早期実用化を目指すとしている。



(マイナビニュース)

高精度線量計比較

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。





Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!


Category: その他  

命懸けの避難放送-遠藤未希さん、道徳教材に

宮城県南三陸町の防災対策庁舎から防災無線で町民に避難を呼び掛け続け、津波の犠牲になった町職員、遠藤未希(みき)さん=当時(24)=が埼玉県の公立学校で4月から使われる道徳の教材に載ることが1月26日、分かった。

埼玉県教育局によると、教材は東日本大震災を受けて埼玉県が独自に作成。

公立の小中高約1250校で使われる。

遠藤さんを紹介する文章は「天使の声」というタイトル。

遠藤さんが上司の男性と一緒に、「早く、早く、早く高台に逃げてください」などと必死に叫び続ける様子が描かれ、「あの時の女性の声で無我夢中で高台に逃げた」と語る町民の声を紹介している。

教材には、埼玉県深谷市出身で、津波に流される車から市民を救出した岩手県釜石市の男性職員の話なども掲載される予定だ。

教育局生徒指導課の浅見哲也指導主事は「遠藤さんの使命感や責任感には素晴らしいものがある。人への思いやりや社会へ貢献する心を伝えたい」としている。

遠藤さんの父、清喜さん(57)は「娘が生きた証しになる」と話し、母、美恵子さん(53)は「娘は自分より人のことを考える子だった。子供たちにも思いやりの心や命の大切さが伝わればいい」と涙ながらに語った。

遠藤さんが防災無線で避難を呼び掛け続けた南三陸町の防災対策庁舎では、遠藤さんを含む町職員ら39人が犠牲となった。

佐藤仁町長が津波被害の象徴として保存の意向を示したが、遺族の強い反発を受けて解体が決まっている。

d0116539_22593380.jpg
遠藤未希さんが最期まで避難を呼び掛けた防災対策庁舎(震災当時)

1_20120129162122.jpg
遠藤未希さんが最期まで避難を呼び掛けた防災対策庁舎(2012/1/25現在)


≪町民の心に刻まれた「天使の声」≫

遠藤さんを紹介した教材の要旨は次の通り。

■天使の声

誰にも気さくに接し、職場の仲間からは「未希さん」と慕われていた遠藤未希さん。

その名には、未来に希望をもって生きてほしいと親の願いが込められていた。

未希さんは、地元で就職を望む両親の思いをくみ、4年前に今の職場に就いた。

9月には結婚式を挙げる予定であった。

突然、ドドーンという地響きとともに庁舎の天井が右に左に大きく揺れ始め、棚の書類が一斉に落ちた。

「地震だ!」

誰もが飛ばされまいと必死に机にしがみついた。

かつて誰も経験したことのない強い揺れであった。

未希さんは「すぐ放送を」と思った。

はやる気持ちを抑え、未希さんは2階にある放送室に駆け込んだ。

防災対策庁舎の危機管理課で防災無線を担当していた。

「大津波警報が発令されました。町民の皆さんは早く、早く高台に避難してください」。

未希さんは、同僚の三浦さんと交代しながら祈る思いで放送をし続けた。

■「早く、早く、早く…」

地震が発生して20分、すでに屋上には30人ほどの職員が上がっていた。

すると突然甲高い声がした。

「潮が引き始めたぞぉー」

午後3時15分、屋上から「津波が来たぞぉー」という叫び声が聞こえた。

未希さんは両手でマイクを握りしめて立ち上がった。

そして、必死の思いで言い続けた。

「大きい津波がきています。早く、早く、早く高台に逃げてください。早く高台に逃げてください」。

重なり合う2人の声が絶叫の声と変わっていた。

津波はみるみるうちに黒くその姿を変え、グウォーンと不気味な音を立てながら、すさまじい勢いで防潮水門を軽々超えてきた。

容赦なく町をのみ込んでいく。

信じられない光景であった。

未希さんをはじめ、職員は一斉に席を立ち、屋上に続く外階段を駆け上がった。

その時、「きたぞぉー、絶対に手を離すな」という野太い声が聞こえてきた。

津波は、庁舎の屋上をも一気に襲いかかってきた。

それは一瞬の出来事であった。

「おーい、大丈夫かぁー」「あぁー、あー…」。

力のない声が聞こえた。

30人ほどいた職員の数は、わずか10人であった。

しかし、未希さんの姿は消えていた。

それを伝え知った母親の美恵子さんは、いつ娘が帰ってきてもいいようにと未希さんの部屋を片づけ、待ち続けていた。

■「無我夢中で高台に」

未希さんの遺体が見つかったのは、4月23日のことであった。

町民約1万7700人のうち、半数近くが避難して命拾いをした。

5月4日、しめやかに葬儀が行われた。

会場に駆けつけた町民は口々に「あの時の女性の声で無我夢中で高台に逃げた。あの放送がなければ今ごろは自分は生きていなかっただろう」と、涙を流しながら写真に手を合わせた。

変わり果てた娘を前に両親は、無念さを押し殺しながら「生きていてほしかった。本当にご苦労様。ありがとう」とつぶやいた。

出棺の時、雨も降っていないのに、西の空にひとすじの虹が出た。

未希さんの声は「天使の声」として町民の心に深く刻まれている。

(イザ!)

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。





Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!


Category: その他  

チェルノブイリ原発事故で最大の被害をもたらしたのは放射能ではない

1986年に当時のソ連で起こったチェルノブイリ原発事故から、昨年で25年。

ロシア政府は、25年間の調査をまとめた報告書を出した。

これはロシア語でしか発表されていないため、ほとんど知られていないが、重要な教訓を含んでいる。

中川恵一氏(東大)の新著『放射線医が語る被ばくと発がんの真実』には、その結論部分が訳されているので紹介しよう。

事故で死亡したのは、原子炉の消火にあたって急性放射線障害になった作業員134人のうち28人。

さらに22人が、2010年末までに死亡した。

これをすべて含めても直接の死者は50人であり、これ以外に急性被曝による死者は確認されていない。

ただ放射能に汚染された牛乳を飲んだ子供が5000人にのぼり、そのうち9人が死亡した。

これはソ連政府が事故を隠したため、汚染された牧草を食べた牛によって放射能が濃縮され、それを飲んだ子供が10シーベルト以上の高い放射線を浴びたことが原因である。

福島の場合、すぐ出荷停止措置がとられたため、子供の被曝量は最大でも35ミリシーベルト。

甲状腺癌の心配はない。

IAEA(国際原子力機関)は90年代に「4000人が慢性被曝で癌になる」と予想し、児玉龍彦氏(東大)は「チェルノブイリで膀胱癌が増えた」と国会で証言したが、これは間違いである。

国連科学委員会(UNSCEAR)の調査の行なった被災者53万人の疫学調査でも、小児甲状腺癌以外の癌は増えていない。

つまりチェルノブイリ事故の放射能による死者は、59人しか確認されていないのだ。

ところが事故後、ロシアの平均寿命は1994年には事故前と比べて7歳も下がり、特に高齢者の死亡率が上がった。

一部の人々はこれを放射能の影響だと主張するが、死亡率の上昇は原発からの距離に関係なく、むしろ現地のウクライナより遠いロシアのほうが上昇率が大きい。

また放射線の影響は癌以外には出ないが、事故後に増えたのは心疾患などのストレス性の病気だった。

こうした結果をロシア政府は次のように分析している。

事故処理にあたった最初の数年において見込み違いだったのは、以下のことである。

[中略]何年にもわたってチェルノブイリ原発事故が及ぼす社会的・経済的および精神的な影響を何倍も大きくさせてしまったのは、基準値としてセシウム137の汚染度を過剰に厳重に設定した1990年代の法律によるところが大きい。

この結果、自然放射線量より低い地域が法的に被災地に含まれることになってしまった。

チェルノブイリで退去命令が出たのは年間5ミリシーベルト以上で、これは日本の計画避難区域よりきびしい値である。

当時のソ連は社会主義の崩壊直前で経済は疲弊していたため、移住を強いられた人々のほとんどは失業し、政府の援助も受けられなかった。

結果的に20万人が家を失い、1250人がストレスで自殺し、10万人以上が妊娠中絶したと推定される。

ロシア政府の報告書は次のように結論している。

事故に続く25年の状況分析によって、放射能という要因と比較した場合、精神的ストレス、慣れ親しんだ生活様式の破壊、経済活動の制限、事故に関連した物質的損失といったチェルノブイリ事故による社会的・経済的影響のほうがはるかに大きな被害をもたらしていることが明らかになった。

福島で起こっていることも同じである。

放射線量はチェルノブイリよりはるかに低く、年間20ミリシーベルトを上回る地域はもうないのに、政府は住民の反発を恐れて避難民を帰宅させない。

「除染してから帰宅させろ」という要望に応じる財源も要員もなく、除去した土を移動させる場所もないため、11万人以上が10ヶ月近く不安な避難生活を強いられている。

ロシア政府は「チェルノブイリ事故の主な教訓の一つは、社会的・精神的要因の重要性が十分に評価されなかったことである」と指摘し、「この教訓は福島第一発電所の事故にとっても今日的なものだ」と述べている。

事故対策の最終目的は放射能を減らすことではなく、人々の被害を減らすことである。

微量の放射線にこだわって、これ以上彼らを隔離したままにすることは人道上ゆるされない。

(ニューズウィーク)


放射線医が語る被ばくと発がんの真実

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。





Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!


Category: その他  

「自信あふれる姿が誇り」福島レスキュー隊員の母

「気をつけていってきなさい」

受話器の向こう側から聞こえた一人息子の声に、ありきたりの言葉しか返せなかった。

後悔した。

あの子が好きで選んだ道。

厳しさやつらさを幾度も乗り越えてきたはず。

あの子なら大丈夫…。

そう自分に言い聞かせた。

本当は心配で仕方なかった。

息子は「福島の原発に行く」と言った。

白い煙とともに放射性物質が拡散したあの事故から1週間もたっていなかった。

福島市の菊池孝子さん(68)は回想した。

「あの子が仕事の前に電話してきたことって、あったかしら」。

思いだせないことがまた、不安を駆り立てた。

長男の謙さん(41)は大学卒業後、大手銀行に就職した。

それから3年。

謙さんは頭を丸めて帰郷した。

東京消防庁の消防隊員になっていた。

両親には何も知らせず、「転職」したのだった。

「謙が決めたことだから間違いないと思って、いつも応援してきたんです」。

孝子さんと夫の道雄さん(70)は口をそろえる。

その謙さんはハイパーレスキュー隊員として、福島第1原発3号機の原子炉冷却という任務に向かった。

1_20120104224454.jpg
東京消防庁のハイパーレスキュー隊に所属する菊池謙さん

《あまりにも唐突で、気持ちの整理もままならぬ中、頑張ってきなさいと言うしかなかった。本当は放射能の中への突入なんてあり得ない、やめてって叫びそうだった。東京消防庁への道を選んだ時、反対しとけばよかったとさえ思った。これって、お母さんのエゴなのでしょうか》

孝子さんは当時の気持ちを手紙につづっていた。

ハイパーレスキュー隊が福島第1原発に到着したのは昨年3月18日の午後11時ごろ。

真っ暗だった。

謙さんが目にしたものは、想像を絶する光景だったという。

水素爆発で骨組みがむき出しの発電施設、津波の威力で散乱したがれき…。





夜目にもはっきりと焼き付いている。

謙さんは中隊長として、隊員の被曝(ひばく)管理と安全管理を担当した。

長時間、車外に出ての活動だ。

胸ポケットの放射線量測定器は「ピー、ピー、ピー」と鳴り続けていた。

作業が終わったのは翌19日午前4時。

「ミッション達成」

午前4時半ごろ、孝子さんの元に謙さんからのメールが届いた。

涙が出た。

「最悪のことも考えていましたので、本当にほっとしました」。

道雄さんと孝子さんは一睡もせず、テレビにくぎ付けになって活動を見守っていた。

《そう言えば謙はどら焼きが好きだった》

《忙しくてしっかり抱っこもしてやれなかった》

遠い昔のたわいもないことが浮かんでは消えた。

不眠不休で作業にあたっていた謙さんと直接会話ができたのはその2日後。

孝子さんは「ごくろうさんね」、道雄さんは「酒送るぞ」と言葉をかけ、息子の労をねぎらった。

道雄さんは「ここは原発から60キロ以上離れているが、最悪の事態になれば私たちも避難しなくてはならなかった。危険を顧みず活動してくれたことに、わが息子ながら本当に感動した」と語る。

2_20120104224918.jpg
菊池道雄さん、孝子さん夫妻

事故から10カ月が過ぎようとしている。

孝子さんの自宅付近では、今も放射線量の高い場所がある。

事故直後は外出を控えていたが、最近は少しずつ変わってきた。

「散歩をすることも多くなりました。福島のものも食べています。『いい方にいく』と信じるしかないですよ」。

孝子さんはそう話す。

ここ福島は謙さんの故郷でもある。

原発に向かう途中、車窓に映る田園風景に、生まれ育った古里への思いを改めて強く感じた。

その危機をなんとか救いたいという思いが膨らんだという。

「活動は終わったと思っていません。事故が収束し、元の福島に戻れるよう少しでも力になりたい」。

素直にそう言える。

最近、親子間のメールや電話が増えた。

謙さんは事故対応の任務をきっかけに、「両親が私のことをすごく心配してくれていることが分かった」という。

謙さんから「大丈夫?」と聞かれるたびに孝子さんは胸が熱くなるという。

《20ミリシーベルトの放射能を浴び、決死の覚悟で任務に挑んできた一員として、自信にあふれたあなたの姿こそ、お母さんの誇り》

孝子さんは謙さん宛ての手紙にそう書いた。

両親と故郷を、息子が、あるいはその世代の人々が守っていく。

福島が必ず再生することを信じながら。



東日本大震災 東京消防庁、原発で命がけの放水活動


大量被ばくの恐怖の中福島第一原発で放水活動を行った隊員の会見


(イザ!)

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。





Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!


Category: その他  

長渕剛、被災地自衛隊ライブの原動力-疎開した自分への「自責の念」だった

ミュージシャンの長渕剛さん(55)が、東日本大震災の1か月後に自衛隊の基地で行った「慰問ライブ」の様子を、ワイドショーのインタビューで振り返った。

救助活動に尽力する自衛隊員の「心の動きに黙ってられなかった」という長渕さんだが、ライブが実現した原動力のひとつは、自分が故郷に「疎開」したことに対する「自責の念」だった。

■1500人の隊員を前に6曲を熱唱

長渕さんは2011年4月16日、東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた航空自衛隊松島基地宮城県東松島市)を訪れ、約1500人の隊員を前にヒット曲6曲を披露。





長渕さんは、

「みなさんは日本の誇りです。僕の僕の僕の、大事な誇りです」

と大声で激励。

多くの隊員が涙を流して喜び、この時の様子は、ツイッターでも「感動した」などと話題になった。

長渕さんは12月30日放送のフジテレビ系のワイドショー「とくダネ!」のインタビューに応じ、ライブが実現するまでの思いを語っている。

インタビューでは、ライブのきっかけとして、

「自分の基地が崩壊している。『我が家が崩壊している』ということと一緒ですよね。それでも、目の前にある『助けて!』っていう人間の悲鳴や、『助けて!』っていう小さな子どもたちのまなざしや、腕をきちっとしっかりと持ってね、引き上げている。理屈のない、愛の満ち満ちた世界っていうのかな。その(自衛隊員の)心の動きに黙ってられなかったんですね」

と、自衛隊の活動に報いたいという思いがあったことを明かしている。





■「故郷にぬくぬくと逃げて、何、悠々自適にやってるんだよ」

だが、ライブ実現には、長渕さんの別な感情も影響しているようだ。

福島第1原発事故をきっかけに、長渕さんは一時故郷の鹿児島県に「疎開」したのだという。

長渕さんは、この時の様子を

「おれ何やってんだって。テメェだけ逃げて、それで歌を何十年も歌ってきて、『それいくぞ!ひとつになるぞ!』なんてシャウトしてきたつもりが、結局、おれ何やってんだよ。故郷にぬくぬくと逃げて、何、悠々自適にやってるんだよ。すごい自責の念が押し寄せてきましたよね」

と、「自責の念」という言葉で表現。自分の姿と自衛隊を対比した時に、

「あの渦中に自衛隊の方たちに、誰かが『好きだよ』、誰かが『お前ら最高だよ!』って言ってあげなきゃ、誰が行くんだという気持ちも、すごくありましたよね」

と、自分のすべきことが見えてきたということのようだ。

さらに、

「彼らの中に脈々と生き続けている日本人であるとことの誇りとか、そういったものがあるんですよね。そこをなぜ、僕たちは、いつのころから『見ないでおこう』というふうになってしまったんだろう。彼らの活躍が自分の目の前に飛び込んでこなかったら、悠々自適に、他人ごとのように、何もない顔で、毎日を生きていたかもしれない」

と、今回の震災は、日本人としてのあり方を考え直すきっかけにもなったようだ。

なお、長渕さんは、1年を締めくくる12月31日の紅白歌合戦では、被災地の宮城県石巻市から、新曲「ひとつ」を披露する。

長渕さんは12月28日の「あさイチ」(NHK)にコメントを寄せ、

「被災した方々の無念さ、悔しさや恐怖、いろんな思いを僕は背中に感じながら、思いっきり優しく優しく歌ってみたいなという思いに、(中継予定地を訪れた)今日なりました。そして、見ている人が『色々あったけど、また来年からも頑張ろうよ』って気持ちになれるような、そんなシーンを作れたらいいなと思いますね」

と、意気込んでいた。





(J-CAST)

長淵剛 乾杯

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。





Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!


10-2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

09   11

Koichi Otsuka

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。釣り歴は小学1年生から30数年…本当は船釣りをしたいのに船酔いが激しく断念。自分に与えられたフィールドは陸しかないと神奈川県内を中心に陸釣りに奮闘中。釣行先は気分によって変わります。予めご了承下さい。
※当サイトはリンクフリーです。釣りのみの記事をご要望の場合「釣りの記事のみのRSS」をご利用下さい。
FaceBook(著者プロフィール)
Instagram
YouTube
Twitter(釣り専用)
■我が家の猫が「TBSテレビ・トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」に出演しました
猫の夏ちゃんの動画がTV番組で紹介されました
■我が家のウサギの親子が「うさぎの時間」というウサギ専門誌に掲載されました
うさぎの時間に掲載されました
■Instagramに投稿していない猫とウサギの動画像はこちらをご覧下さい。(デジカメで撮影)
猫とウサギの動画チャンネル(FaceBook)

ご質問・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のリンク
投稿順で全ての記事のリンクが表示されます
最新記事
【城ヶ島・三崎港】雨の日・雨の後の北条湾でのサビキ釣りのポイント(2018年10月14日) Oct 14, 2018
2018年10月8日の釣行記事の補足と解説と爆死した理由 Oct 09, 2018
【城ヶ島・三崎港】期待度MAXでしたが今回も見事に爆死しましたwww(2018年10月8日) Oct 08, 2018
決戦前夜!釣りが一番楽しい時間 Oct 07, 2018
なんかズレてる箱好きな猫 Oct 03, 2018
ブログ内画像一覧
人気記事
人気ブログ
Instagran
Amazon
AdSense
AdSense
釣り専用Twitterアカウント
リアルタイムな釣行・釣果情報をお伝えします。
売って良し!買って良し!
写真素材のピクスタ