Twitter YouTube TikTok

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられた先代猫を引き継ぎ、ロップイヤーの親子と同居するキジシロ猫の兄妹の日常と、筆者の趣味の釣りに関するブログです。(主に釣り、自動車関連の記事もあり)

 
Category: 釣り   Tags: 釣り  三崎港  北条湾  カマス  夜釣り  エサ釣り  ウキ釣り  時合い  

【三崎港・北条湾】まだ湾内にカマスの群れがいることは確認出来ましたが…(2022年1月15日)

こんにちは。

徐々に城ケ島近海の海水温が下がる中、北条湾カマス狙いで釣りに行って来ました。

釣り当日の状況はこんな感じです。



本ブログのアーカイブで、去年の1月に書いた釣行記事を見直しますと、ミニマムの海水温で13度。

例年ですと、概ね13度~14度で下げ止まっていた海水温が、今年はラニーニャ現象の影響もあってか、未だ下げ止まらず地味に下がり続けています。

去年の今頃ですと、爆釣れ!とまではいかずとも、まだマイワシなど青魚の釣果も確認出来ており、海水温が13度辺りで下げ止まってくれれば、ギリギリカマスが追っている小魚達も現在の海水温に耐えられ、まだ北条湾内へカマスが入って来ることも考えられますが、かなり際どい状況になってきました。

下手をすれば、すでにカマスの群れが北条湾を離れている…

正直申し上げて、現在の北条湾カマスの群れが離れてしまうと、壊滅的にサビキでは何も釣れないので、北条湾では何の魚も釣れないと思います。(メバルなどの根魚は除く)

カマスの群れが北条湾を離れれば、コロナ禍で第6波が猛威を振るう中、釣り人も減り快適に釣りが出来るかもしれませんが、何も釣れない北条湾リポートを毎回発信し続けるか、新たな釣り場に釣りに行くか、そんなことも考えながらこの日も北条湾を目指しました。

ちなみに、北条湾以外ですと、私の中で第1候補に挙がっていた観音崎は、「冬の観音崎は寒過ぎるから嫌…」と家内に既に拒否されています。w

仮にカマスが未だに北条湾におり、釣れるとしても日没後、完全に陽が沈んだ後の18時頃からと予想しておりました。

しかし、今今の北条湾はカマス狙いの釣り人が尋常じゃないくらい押し寄せています。

毎回毎回釣り座の取り合いで、正直それだけで疲れてしまいますが、これだけカマスラッシュになれば致し方ない事かなと思っています。

釣り座を構えるのにも難があるので、この日も早めに自宅を出発し2022/1/15の午後4時半頃より釣りを開始します。



運良くこの日はいわき丸さん(釣り船)の後方に釣り座を構えることが出来ました。

この辺り※に釣り座を構えられなければ、この日は北条湾岸壁から花暮岸壁、最悪城ケ島に渡りアタリのある場所を探しながら釣りをしようと思っていました。

※いわき丸さんの釣り船の周辺

いわき丸さんの後方に釣り座を構えることが出来たので、移動での釣りは止めてじっくりこの場所でカマスを狙うことにします。

先ほども申し上げましたが、この日もとにかく釣り人だらけでした。



明るいうちは予想通りアタリもありません。

刻々と時間が過ぎていき、ひたすらその時を待ちます。

釣りを開始します…のツイートでお話ししておりますが、この日は地元の釣り師の方の姿が見当たりませんでした。

これは、もしや…すでにカマスは北条湾から離れたのではないか…一抹の不安を抱きながら釣りを続けていると…

いました!一人!

高齢のかなり身軽な軽装で、本当に釣り竿1本にクラーボックス、仕掛けも電気ウキではなく、本当に無駄のない所謂ウキ釣りで釣りをされている方が。

この方を見付けただけで、非常に安堵しました。

よ~し!

きっと来るぞ、カマスは!



風が無いことが唯一の救いでしたが、気温がどんどん下がっていく中、アタリも全くない状態で過ごす1時間半は非常に長く感じます。



すると、私の心のよりどころだった、高齢の方が帰られます。



マジか…

もうカマスが離れ始めていて、数が減ってるのかもしれないな…

帰り際なども、モタモタ道具を片付けることもなく、ササっと釣り竿とクラーボックスを車に積みあっと言う間に帰って行きました。

潔い…というか、その切りの良さにこの日は釣れないのかな…と更に不安になりました。

心のよりどころを失い、下がる気温が坊主頭に突き刺さる中、自分の勘を信じ釣りを続けます。

すると…

18時を目前に、北条湾の入口方向から、魚種までは判別出来ませんが10cmほどの小魚の群れが北条湾の深部に向かい泳いで行くのを目撃します。

これは…

くるね…

きっとくるよ、カマス…

家内にそう告げ、いつアタリがあっても良いように準備を促します。

それから1時間ほど、予想とは裏腹に一向にアタリがありません。

ん…

予想は外れたか…?

と…思っていると…

19時前、一応予想した時間内にアタリがあります。



ハリスが切れてしまったので、ハリスが0.8号の針から1号の針に交換し再びアタリを待ちます。

後ほど貼るライブ配信動画から、私達の立ち位置をご覧頂きたいのですが、私が左側、家内が右側で釣りをしています。

動画には映っていないと思いますが、私の左側にいわき丸さんの船があります。

仕掛け、タナ、エサも同じものを使っているのですが、家内には一度もアタリがありません。

本人的には(家内)自分の釣り方がいけないのだろう…と思っていたようですが、後ほど詳しく解説致しますが、たった2m~3mの差なのですが、家内の場所までカマスが回遊していないんです。

私にだけアタリが連発しますが、如何せん食いが浅く針に掛かりません。

何度も針を変え※試行錯誤しますが、そんなこんなとモタついている間に時合いが終わってしまいました。

※針の交換はハリスが切れたためではなく、針掛かりし易い針に交換しました。



18時~19時半の間が勝負…

こうツイートしたことは当たっていたのですが、そこを予測出来たのになぜ釣り上げられない…

屈辱的で悔しくてたまりません。w

カマスに負けた瞬間でした。w

この日はこの時点で帰ろうかな…とも思いました。

しかし、悔しさが勝りました。



この時点でこの日カマスがいる範囲はほぼ完璧に予測出来ていました。

ツイートにもありますように、ダメ元で花暮岸壁側に回ります。

釣り座


青丸から赤丸の位置に移動しました。

ここで1時間ほど釣りをしましたが、時合いも終わり活性が低いなりアタリがありますが、やはりここでも食いは浅く針掛かりさせられませんでした。

この場所でのアタリ方で、なぜ針掛かりしないのか…という点についてある確証を持ちました。

総括的に以下にこの日カマスの群れが居た場所、針掛かりさせられなかった原因、それについて考えた対処法を順に解説させて頂きます。

まず、この日カマスの群れがいたポイントです。

カマス居たポイント


大まかに赤線から赤線の間、赤丸の周辺にカマスの群れがいました。

いわき丸さんの後方で釣りをしていた時は、まさに私と家内の間が際で私の釣りをしていた場所がギリギリのラインでした。

それ故、家内には一度もアタリがありませんでした。

このカマスの群れが毎日どこに居るのか…は、カマスがその日その日にエサとして追っている小魚の動きに連動して毎日変わります。

北条湾に於いて、群れを形成して泳ぐ魚を狙う際、イワシなどの青魚の場合はエサとしているプランクトンは概ね平均的に湾内におり、イワシ類などはフィッシュイーターに追われながら食事をしていると言っても過言ではなく、どこをどう泳ぐかはイワシ達が決めています。

一方、去年の晩秋の青物ラッシュの際のイナダ類、今今のカマスなどは、彼らがまさにフィッシュイーターで、追うエサ(小魚)の動きによって行動範囲(泳ぐルート)が決まります。

こういうことから、青魚などの場合は泳ぐルートに一定の規則性があり、それを読み切ればどこにイワシ類が回ってくるのか確実に分かります。

カマスなどのフィッシュイーターの場合は、終日同じ小魚の群れに張り付いているわけではなく、夜間になると北条湾という場所に食事をしに来て、そこにいる小魚を見付けて追い駆けるので、どこにエサとなる小魚がいるのかを見分けることが重要なのですが、それを毎回釣りに行く度にカマスのエサとなる小魚探しからはさすがに出来ません。

カマスを釣るのですが、カマスがどこに回って来るのかを探るには、エサとなる小魚がどこにいるのかを探すことが肝要です。

そして、これは毎日変わります。

イワシ類の場合は、同じイワシ類の群れが北条湾を入ったり出たりしており、このイワシ類の動きを読むので何度も釣りに行けば、その群れが北条湾から完全に離れない限り自ずと動きは読めてきます。

カマスも同じ群れが北条湾を入ったり出たりしているわけですが、そのカマスの群れの動きはエサによって変わってしまい、且つ毎回同じエサを追うわけではないので毎日変わってしまいます。

こうなると、エサとなる小魚などの居場所を見極めるか…

足を使って小まめに移動しアタリがある場所を探すか…になってしまいます。

今回は、正直申し上げてかなりベストな場所に釣り座を構えられたと自負していました。

しかし、カマスの行動範囲の際で釣りをしていた…ということになります。

カマスとの知恵比べで言えば、この釣り座を選んだ時点で、この日はマイナススタートだったわけです。

そして、針掛かりさせられなかった点についてですが、まずはこちらの潮見表をご覧下さい。

潮見表


赤丸の時間帯に私は釣りをしていました。

その他の状況などは、冒頭で貼りました「釣りを開始します…」のツイートをご覧頂きたいですが、状況的にはこの日の中では最も魚の活性が上がり易い状況で釣りをしていました。

実際にも概ね1時間半ほどでしたが、それなりに活性も上がりアタリがありました。

カマスの動きも予想通りで、特段おかしなことはないのですが…

が…です…

釣りをしていて一番感じたことが、かなりカマスがスレ※てきてしまっているということでした。

※魚が釣りの仕掛けやエサに慣れてしまって食いが渋くなること。

冷静に考えれば当然のことですが、カマスを狙って釣りに来た釣り人が、集中している時間帯に北条湾で釣りをされたことがある方は良くお分かり頂けると思いますが、北条湾岸壁に所狭しと横一列に並びエサ釣り、ルアーと入り乱れて一斉にエサ(疑似餌)※を海へ投げ込んでいるわけです。

ウキ釣り、ルアー釣り。

北条湾にいるカマスは、釣り堀で釣りをする人間のエサ(釣り針付き)しか与えられない環境にいるわけではありません。

カマス達もバカではないのでいい加減怪しげなエサは覚えます。

それ故、アタリの回数の割りにはどのアタリも食いが浅く、針まで咥えたのは恐らく2~3回だけだと思います。

しかも、同じカマスの群れを相手に毎日誰かが釣りをしているわけです。

また、カマスの群れが少しずつ減っているとも感じました。

そろそろカマスラッシュが始まり2ヶ月ほど経ちますが、その日その日のカマスの群れがいる範囲がかなり小さく限定的になってきています。

海水温が下げ止まる様子もないことなども懸念点の一つですが、群れの数も減る中、これだけカマス自体がスレてしまうと数釣りは中々厳しいと感じました。

という状況になると…

釣りにくくなればなるほど…

「釣りキチ」は、俄然ケツに火が付きます。

釣行日翌日に朝一でビール片手に家内と近くの釣具店に急行しました。

一つ前の本ブログの記事で「カマスを釣る際のポイント(釣りエサ編)」という記事を書かせて頂きましたが、エサに関してはこの日はキビナゴよりサンマの切り身に反応が多かったです。

キビナゴの場合は、半分に切ってしまうとガン無視。

1匹掛けで何度かアタリがありましたが、食いが浅いのでエサの垂らしの部分だけ食われるか、キビナゴ自体が針から外れてしまい針掛かりしませんでした。

その対策として、極小のサンマの切り身を次回試してみようと思っています。

こちらは通常のサンマの切り身です。

サンマの切り身


こちらは極小のサンマの切り身です。

極小のサンマの切り身


比較写真です。

比較写真


食いが渋い時などは通常のサンマの切り身も使う予定ですが、この極小のサンマの切り身を1枚掛け、もしくは縫い刺しで2~3枚掛けで、なるべくエサを大きく見せつつ、垂らしの部分を極力少なくしようと思っています。

そして、この日一番試行錯誤し、結果として「たぶん今日持ち合わせている針では無理だ…」と撤収を決めさせた釣り針は、次回はこれでやってみます。

チンタメバル


これは活餌などでの泳がせ、チヌなどを狙う団子系の釣りなどに重宝する、針が横に広くフトコロの面積が広い針です。

釣り針の名称

丸セイゴの同サイズの針との比較写真です。

比較写真


左がチンタメバル、右が丸セイゴです。

赤色の矢印の間が広いことがお分かり頂けるかと思います。

比較写真


泳がせ釣りなどの場合は、そもそも活餌も釣り針も狙う魚が丸飲みすることが前提で、団子などの練り餌系の釣りでは針が横に広いことで団子が落ちにくくなるという利点があります。

泳がせ釣りの場合は、上記のようにエサごと丸飲みが前提で、針が横に広いことで魚の口の中のどこかに針が引っ掛かる確率が高くなります。

今今の北条湾のカマスは先述した通り、かなりスレてきておりエサは目立つように大きくなければ食ってきません。

しかし、この日の釣行時のようにカマスがスレていることにより、食いも浅くエサを一気に丸飲みしなくなってきています。

エサを大きく付けないと食ってこないけど、そうすると垂らしの部分も長くなり、食いが浅いので針に掛からない…というジレンマが出てきます。

エサを目立つように大きく付けつつ、垂らしの部分を極力無くし、且つカマスの口の中での針掛かりの確率を上げる…ということが一応一番の狙いです。

ここまで準備して、次回の釣行時には既にカマスの群れは去っていた…というオチも有り得ますが、一応カマスの群れがまだ居た場合は試してみます。

2022/1/3の釣行以来、アタリは毎回あるにも関わらずカマスを釣っていません。

リベンジ成功!いつまで続く好調なカマス&北条湾の海水温の謎!(2022年1月3日)

明らかにこの時よりもカマスがスレて釣りにくくなっています。

カマスの群れの数も減り、カマス自体がスレてきて、より釣ることが難しくなっていけばいくほど燃えるものがあります。

釣れないこと自体は確かにつまらないのですが、釣れないから試行錯誤を繰り返し、あれやこれやと考えている、釣るためのプロセスもまた釣りの楽しみだと思って毎回楽しんでおります。

必ずや次回は釣果を出せるようにがんばります。

最後にこちらはこの日のライブ配信動画です。

釣れていないので、正直見どころはありません。

ライブ配信③が花暮岸壁側に移った際のライブ配信動画です。

2022年1月15日 北条湾釣行 ライブ配信動画①(夕方)
2022年1月15日 北条湾釣行 ライブ配信動画②(夜間)
2022年1月15日 北条湾釣行 ライブ配信動画③(花暮岸壁)

次回は土日共に中潮と、潮回り的には問題ありません。

また、ご報告させて頂きます。

2022年1月15日 午後9時半頃の花暮岸壁周辺の様子
2022年1月15日 午後9時半頃の北条湾岸壁周辺の様子

QRコード
この記事をスマホ・タブレットでご覧頂く場合はこちらからどうぞ。

釣行時リアルタイム更新・釣り用Twitterアカウント(ライブ配信も行っております)

トリックサビキでのサビキ釣りのやり方(動画)

【Twitter】ツイート内の釣り場につきまして

コメントの投稿につきまして

釣り場のゴミと北条湾にいる動物について

北条湾で使用するサビキ仕掛けについて

ライブ配信動画を見たい場面から見る方法




釣りブログを検索
にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ


テーマ : 釣り    ジャンル : 趣味・実用


Category: 釣り   Tags: 釣り  三崎港  北条湾  夜釣り  カマス  エサ  切り身  ウキ釣り  

【三崎港・北条湾】カマスを釣る際のポイント(釣りエサ編)

こんにちは。

少し時間が空いてしまいましたが、カマスを釣る際のポイントについて「釣り針&ハリス編」と「仕掛け編」のお話しをさせて頂きましたが、今回は釣りエサについてで、このシリーズはこれで最後です。

どの項目も釣りに於いてはとても大事なことですが、仕掛けや針に関しては、同じ魚を釣るのであれば、釣り場が変わったからといって、そうそう大きな変化があることではありませんが、「釣りエサ」に関しては、釣り場釣り場で多種多様に変わります。

カマスは「根付き(居付き)型」と「回遊型」の大きく分けて二種類のカマスがいます。

二種類と言っても元は同じカマスで、産まれた海域で変化します。

根付き型から産まれたカマスは全て根付きになるわけでもなく、産まれて成長するにつれて群れを形成し、その群れの方針…とでも言いましょうか、根付くのか回遊するのかはそのカマスの群れ次第です。

ヤマメとサクラマスの違いのような感じです。

ヤマメとサクラマスは、元は同じ魚です。

川で産卵し、最初は全てヤマメとして産まれます。

川より海の方がエサが豊富なので、一説には川でエサを獲ることが苦手な個体が海へ下る…と言われています。

カマスがなぜ根付き型と回遊型に分かれるのか、詳細なことは分かっていませんが、この二種類では食べるエサはだいぶ変わってきます。

カマスは元々、雑食性で基本的には何でも食べます。

根付き型のカマスは小魚なども食べますが、独特の細長い口を利用し狭い場所にいる甲殻類(カニなど)なども捕食し食べています。

もちろん、虫エサ(イソメやゴカイ類)も食べます。

一方、回遊型のカマスは基本的には小魚を主に捕食し、エサとなる小魚と共に行動することが多いです。

北条湾では、毎年カマスは釣れますが、今の時期に北条湾に大群で押し寄せることは珍しく、この群れに関しては回遊型のカマスだと思われます。

少々余談ですが、今は簡単にネットでいろんな情報をたくさん目にすることが出来ます。

当然、釣り媒体もかなりの数があり、同じ魚について、あっちのサイトとこっちのサイトで言っていることが違う…ということなどもあると思います。

今回はカマスについてのお話しですが、根付き型と回遊型がいるからと言って、ヤマメとサクラマスのように成魚になると姿形が変わってしまう…ということはなく、当たり前ですがカマスはずっとカマスです。

魚の形が変わるわけではないので、釣り針や仕掛けなどは要点だけ抑えていれば、基本的には然程神経質にならなくても大丈夫ですが、エサに関しては釣り場釣り場で大きく異なることが多いので、釣り媒体などを参考にする場合は、釣り場を言及しているサイトを参考にすることが肝要です。

YouTubeなどの動画も然りです。

どいう釣り場で、何の魚を、どういう釣り方で、何のエサで釣っているのか、ハッキリと明確に言及している媒体を参考にすることをお勧め致します。

今回、釣り針、仕掛け、エサの3つの項目に分けてお話しさせて頂いておりますが、一番大事なことがエサです。

そして、今今の北条湾に集結しているカマスの群れは、先述しました通り回遊型のカマスだと思われます。

回遊型であれば、当然カマスが主にエサとして捕食しているものは小魚です。

甲殻類や虫エサなどもカマスは食べますが、今今の北条湾に入って来ているカマスの群れは恐らくガン無視だと思います。

ウキ釣りで効果があったエサを以下に4つほど、順次ご紹介させて頂きます。

まずはド定番のキビナゴです。

キビナゴ


食いが渋い時は1匹掛けにし、活性が高い時は針掛かりを良くする意味でも、半分に切って使うことをお勧め致します。

キビナゴのエサを付け方はコチラの記事でご紹介しております。

次はコノシロの切り身です。

コノシロ


コノシロの切り身自体は、あまりカマスの食いが良いとはお世辞にも言えないのですが、カマスの食いが渋い時などは、コノシロの切り身の皮の色に反応してくることがあります。

キビナゴも同じですが、銀色の皮の色に反応してきます。

コノシロの切り身の方が、キビナゴに比べ面積が大きいので、食いが渋い時などに切り身を半分に切らず、1枚掛けでお使い下さい。

次はサンマの切り身です。

サンマの切り身


活性高く食ってくる時は、断然サンマの切り身がお勧めです。

食いが良い時はコノシロの切り身のように1枚掛けではなく、サンマの切り身を半分に切ってお使い下さい。

針掛かりもさせ易くなります。

次はサバの切り身です。

サバの切り身


カマスは基本的には、嗅覚より視覚に頼ったエサの捕食の仕方をしますが、全く嗅覚を使っていないか…というとそうではなく、やはり臭いにも反応します。

確証があるわけではないので、あまりいい加減なことも言えないのですが、サンマとサバの場合、切り身の脂の臭いに寄って来るのかな…と思っています。

そして、サンマ、サバの皮の色が今の北条湾ではベストなんだと思います。

こちらは、恐らくカタクチイワシの稚魚で、この群れを追って北条湾にカマスが集結していると思われます。



この動画を撮影して、1ヶ月くらい経っている(記事執筆時)ので、カタクチイワシの稚魚がもっと大きくなっていると思われますが、この稚魚の色にサンマ、サバの切り身の皮の色が非常に近いんです。

海水の濁りや、潮回り、潮汐などで変わってしまうのですが、仮に海水に濁りがある場合などは、より銀色に光るキビナゴやコノシロ、海水が済んでいる場合はサンマ、サバ、キビナゴなどがベストかと思います。

どういう条件下でも、オールマイティに食ってくるのはキビナゴかと思います。

たくさんエサを買わず(私のように頻繁に釣りに行かない方はエサが無駄になってしまうので)、無難に攻めるのであればキビナゴがお勧めです。

釣り針、仕掛け編でも申し上げましたが、今回お話しさせて頂いております3つの項目については、あくまでも北条湾という釣り場に限ったお話しで、他の釣り場でも一助程度にはなると思いますが、釣果を確約するものではありませんので、予めご了承下さい。

次回の釣行で、まだカマスの群れが北条湾にいれば、試してみたいと思っているのですが、鮭の皮もコノシロ同様に反応するかな…と思っており、試した際は改めてご報告させて頂きます。

鮭の皮につきましては、「皮」だけ売っており、上記でお話ししました各エサは魚の「身」も付いているので、塩で締めるなどしても長く使っているとどうしても身がふやけてきます。※

※死んだ魚の身が海水に浸かり続けるため。

ふやけて若干長くなった身をカマスにかじられエサだけ取られる…ということも起きます。

鮭の皮だけであれば、皮を適当な大きさに切って使えば、ふやける心配はないのでテストしてみようと考えています。

基本的にどのエサも、エサの付け方はキビナゴの付け方と同じで問題ありません。

サバ、サンマ、コノシロなどの身を1枚掛けする際は、縫い刺し(縫い掛け)で何度か釣り針を身と皮に通し、最後は必ず釣り針の先端を身(皮)から出して下さい。

針先を身(皮)から出しておかないと、バラしが多くなります。

皆様の大漁を祈りつつ、また釣果報告をさせて頂きます。

カマスを釣る際のポイント(仕掛け編)
カマスを釣る際のポイント(釣り針&ハリス編)
カマスを釣る際のポイント(釣りエサ編)

QRコード
この記事をスマホ・タブレットでご覧頂く場合はこちらからどうぞ。

釣行時リアルタイム更新・釣り用Twitterアカウント(ライブ配信も行っております)

トリックサビキでのサビキ釣りのやり方(動画)

【Twitter】ツイート内の釣り場につきまして

コメントの投稿につきまして

釣り場のゴミと北条湾にいる動物について

北条湾で使用するサビキ仕掛けについて

ライブ配信動画を見たい場面から見る方法




釣りブログを検索
にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ


テーマ : 釣り    ジャンル : 趣味・実用


Category: 釣り   Tags: 釣り  三崎港  北条湾  カマス  夜釣り  エサ釣り  ウキ釣り  時合い  

【三崎港・北条湾】カマスの時合いを見誤らないための調査釣行(2022年1月10日)

こんにちは。

暮れからの正月休みをフルに活用し、2021/12/29~2022/1/10まで釣行間隔を空けずにカマス狙いで北条湾釣りに行き続けました。

カマスは通年を通して北条湾では釣れますが、このサイズの、且つこれだけの数の群れのカマスが、今の時期に北条湾にいることは、過去にも例がなく異例なことです。

あまり経験もないので、一からカマスの動きを探らなければならず、ようやく釣れるポイントや時合いになり易い時間帯などが読めてきました。

正月休み中は、釣り座を構えた場所だけでなく、各所で海水温を計り、普段釣りをしない場所でカマスを狙ってみました。

そして、今回は敢えて釣れないであろう時間帯に釣りに行き、釣れないことを確認して来ました。

釣れない時間帯に釣りに行くというのも変な話ですが、これにより時合いになり易い時間帯をかなり絞り込めます。

言ってしまえば釣れない確認です。w

カマスラッシュ自体は嬉しいことですが、季節は冬ですので当たり前ですが寒いです。

無駄無く効率良く短時間でカマスを釣って頂ければと思います。

カマスの産卵期は夏頃で、初夏から晩秋頃まで例年ですと、私がメインでやっておりますサビキ釣りでたまにカマスが釣れていました。

去年は夏場にカマスの釣果は確認出来ず、初秋からポツポツと釣れ始めました。

これが去年最初にカマスが釣れた時の動画です。

2021/9/26午前3時頃です。

2021/9/26の釣行記事



以下、順次カマスが釣れたツイートを時系列的に貼っていきますので、釣れた時間帯に注目して下さい。

釣りをしていて、魚が釣れた際に動画を撮ってツイートしておりますが、釣れた魚のツイートのタイムスタンプは、ほぼほぼ魚が釣れた時間だと思って頂いて結構です。

こちらは2021/12/5午前2時頃です。

2021/12/5の釣行記事



9月にカマスが釣れて以来、次が12月とだいぶ間隔が空いていますが、去年の10月、11月はこれも異例ですが北条湾内にかなりの数の青物が入って来て青物ラッシュで私も楽しませてもらいましたが、この青物の群れにカマスが押されてあまり北条湾内に入って来なかった(来られなかった)ものと思われ、周辺海域には恐らくカマスの群れが居たと思われます。

こちらは2021/12/19午前2時半頃です。

2021/12/19の釣行記事



この頃、青物とカマスが入れ替わるような感じで、青物が次第にフェードアウトしカマスの群れが北条湾に押し寄せるようになってきた時期です。

こちらは2021/12/25午後10時半頃です。

2021/12/25の釣行記事



こちらは2021/12/29午後10時半頃です。

2021/12/29の釣行記事



こちらは2022/1/3午後7時半頃です。

2022/1/3の釣行記事



上記のツイートのみ、ツイートしたつもりがツイート出来ておらず後からツイートし直したのでタイムスタンプは釣れた時間ではありません。

釣れない確認の今回の釣行は、午前4時半頃から朝マヅメのタイミングで釣りをしました。



カマスラッシュが始まる前の青物ラッシュ、それ以前のサビキ釣りでは私は未明から朝マヅメを狙って釣りに行くことが多かったのですが、今今の北条湾に寄っているカマスの群れは、詳細な理由は今のところハッキリしませんが、朝夕のマヅメ時には食ってきません。

完全に陽が沈んだ後から、往々にして午前3時くらいで食いが止まります。

また、潮の動きに非常に敏感です。

潮が止まっているとほとんど食ってきません。

干満問わず、潮止まりで潮の動きが止まると、一旦食いが止まりしばらくすると再び食ってくるようになります。

これに関しては、海の魚であれば当たり前と言えば当たり前なのですが、かなりこれが露骨です。

潮回りに関しても、かなり露骨で大潮、中潮の時は豪快にエサにアタックしてきます。

一方、小潮以下ですと、極端に食いが渋く、浅くなります。

食いが浅いというのは、針に付けたエサの垂らしの部分にしか食ってこなかったり、エサを突くだけでかぶり付くことをしません。

大潮、中潮の時はルアーより、臭いやエサの色などからエサ釣りが有効で、アタリがある数は圧倒的にエサ釣りの方が多いです。

小潮以下の場合は、エサにも反応するのですが、先述した通り食いが浅いので中々針掛かりせず、アタリの回数は減ったとしても1回のアタリで針掛かりさせ易い(針の数も多い)ルアーの方が有利です。

また、小潮以下の時のエサ釣りの場合、エサを大きくしないと反応が極端に鈍くなります。

例えば、カマス釣りで定番のキビナゴなどは、1匹掛けにしないとほとんどアタリがありません。

しかし、1匹掛けにするとエサの垂らしの部分が多くなり、余計に針掛かりしにくくなるというジレンマがあります。

こういうことからも、尚の事小潮以下の時はルアーで狙うことをお勧め致します。

カマスが集まるポイントや行動範囲ですが、これは一概にカマスの習性だけで考えることが出来ず、エサとして追っている小魚達の動きに大きく影響されるので、正直申し上げて何とも言い難いのですが、一時期北条湾の深部と入口付近で著しく海水の温度が違う現象が起きていましたが、これは解消されたようで比較的北条湾の奥でも再びアタリが出るようになってきています。



また、花暮岸壁の北条湾側ではアタリが確認出来ています。

海水温に関しましては、カマスそのものは耐えられたとしても、エサとなっている小魚達がそろそろ厳しいのではないか…と思っています。



今回の調査釣行では、たまたまですが、風が強い予報が出ていたせいか、釣り人がかなり少なく釣り座が空きまくっていました。

そういうことから、あちこちで釣りをしてみましたが、午前4時半から朝マヅメまでアタリは1回も無く、恐らくこの時間帯にはカマスの群れは北条湾から出ていると思われます。

釣りをする時間帯は午後6時頃~日を跨いで翌午前3時頃までの間、場所はその時々のエサとなる小魚の動きで大きく変わってしまうので、釣り座をガッツリ構えるのではなく、移動しながらアタリがあるポイントを探す、潮回りで釣り方を変える…この3点が重要かと思います。

城ヶ島に渡って釣りをしていないのですが、恐らく城ケ島側にもカマスの群れは寄っているのではないか…と思っています。

どこかのタイミングで、次回以降城ケ島に渡り探ってみたいと思っています。

次回の釣行からは、通常の釣行間隔に戻ります。(私もしがないサラリーマンなので…)

平日に釣りに行ける方は、平日の夕方からご釣行されることをお勧め致します。

土日の今の北条湾は釣り人だらけです。



週を追うごとにカマスが太っていくのが分かります。

カマスなりに脂ものっていて非常に美味しいです。

私も次回の釣行が非常に楽しみです。

なるべく早く城ケ島でのカマスリポートもお届け出来るよう頑張ります。

また、ご報告させて頂きます。

2022年1月10日 北条湾釣行 ライブ配信動画
2022年1月10日 午前7時頃の北条湾岸壁周辺の様子
2022年1月10日 午前7時頃の花暮岸壁周辺の様子

QRコード
この記事をスマホ・タブレットでご覧頂く場合はこちらからどうぞ。

釣行時リアルタイム更新・釣り用Twitterアカウント(ライブ配信も行っております)

トリックサビキでのサビキ釣りのやり方(動画)

【Twitter】ツイート内の釣り場につきまして

コメントの投稿につきまして

釣り場のゴミと北条湾にいる動物について

北条湾で使用するサビキ仕掛けについて

ライブ配信動画を見たい場面から見る方法




釣りブログを検索
にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ


テーマ : 釣り    ジャンル : 趣味・実用


Category: 釣り   Tags: 釣り  三崎港  北条湾  カマス  夜釣り  エサ釣り  ウキ釣り  

【三崎港・北条湾】カマスの群れはまだいますが非常に食いが渋かったです(2022年1月8日)

こんにちは。

前回、1/3のボッチ(一人)釣行ではカマスの釣果も好調だったことから、この日の釣行も期待に胸膨らませ当日を待ち望んでいました。

2022年1月3日 リベンジボッチ釣行

当日は快晴で、気温が一桁とはいえ、気持ちの良い釣り日和でした。

北条湾へ向かう道中、ドライブしているだけでも気持ちが良い感じです。

北条湾カマスが釣れている…という情報も、かなり広く知られているようで、他県ナンバーの車も頻繁に目にするようになっていましたが、そんな気持ちの良い釣り日和…放って置くはずがありません。

この日は現地(北条湾)へ着くなり、そのまま帰ろうか真剣に悩むほど釣り座が無く、釣り人が溢れかえっていました。



ツイートで「一応…」とお話ししておりますが、本当に釣りをしたい気分を削がれる人の多さで、帰るか悩みつつ折角来たので海水温だけでも計って帰ろう…ということになり、家内とバケツと温度計を持ち、何か所かで海水の温度を計っていました。

釣り座探しも兼ねていたのですが、ダイブセンターの前の釣り座が、足場も悪く狭いですが何とか釣りが出来るレベルで空いていました。

折角来たし、少し様子見でやってみるか…

こういった流れでツイートの「一応…」なんですが、一応釣りを始めました。

釣りたい対象魚はカマスですが、そのカマスの動きはエサとなる小魚の動きと連動しており、今今北条湾で釣れているカマスは恐らくカタクチイワシ(シコイワシ)の稚魚の群れを追っていると思われます。

このカタクチイワシの稚魚の動きが、完全に陽が沈み真っ暗になると北条湾に入って来て、明け方の所謂朝マヅメになると北条湾から出て行く…という動きをしています。

そういったこともあり、明るいうちは釣果が無いことは分かっていましたが、真っ暗になり18時台(最長19時)でアタリも無ければ帰ろう…という感じで釣りをしていました。

後ほど貼るライブ配信動画では、家内一人しか釣りをしていません。

明るいうちは釣れない…上に、ライブ配信動画には映っていませんが、すぐ隣にも釣り人がおり、私の竿の準備はしてありましたが、家内と二人で釣りをするとスペース的な問題から釣りが非常にしにくいので私はただブラブラしていました。

本当に釣り人だらけでした。

カマスの群れが完全に北条湾から出て行った後、しばらく釣り場を変えようか…と真剣に悩み中です。w

そんなこんなで釣りを続けること1時間強。

いよいよ辺りも暗くなり、いつアタリがあってもおかしくない状況になっていきます。

そして、家内のウキがスーッと沈みます。

アッ!!!

と、私が思わず声を出してしまうくらいで、竿を持っていない私の手が、反射的に「今だ!!」という感じで合わせる動きをしてしまう中、実際に竿を持っている家内は、何を思ったのか合わせることなく普通にリールを巻き始めます。

えっ!?

なんで合わせないの??

かれこれ1時間半近く、アタリが全くないウキ釣りをさせられているので、ある意味仕方がないのですが…

家内曰く…

急にウキが沈んだから…

いや…君は何を言ってるのかな??

その為にいつくるか分からないアタリに対処(合わせる)するためにウキ付けてんだろ!!

お前さ…

危うく、去年の青物ラッシュの際に、家内が上手くタモ入れ出来ずバラし、家内にガチ切れしているところをTwitterのライブ配信で全世界に生中継してしまいましたが、その二の舞になるところでした。

ここで場所が狭いながら私も釣りを開始します。

その後もウキが沈み完全にカマスがエサを咥えているアタリも何度かありましたが、コツン、コツンという、エサを軽く突くようなアタリが何度もありました。

ただ、いくら誘っても一気に食ってくることはなく、針掛かりさせることが出来ませんでした。

エサには一応反応しているのですが、食いが浅く渋い感じです。

クソ…

と思いながら何度もトライしている最中、隣でルアーをされている方がカマスを釣り上げます。

やっぱな…

こういう時はルアーの方が有利だよね…

当たり前の話ですが、カマスが反応するルアーを使ってさえいれば、当然針の数が多いルアーの方が圧倒的に有利です。

この日は冒頭で申し上げましたように、北条湾到着時にあちこちで海水温を計りました。



北条湾全体で海水の温度に極端な差異はないと思われたので、足場も悪く狭く、釣り人だらけで釣りがしにくいことから、思い切って釣り座を北条湾の深部に変更します。

以前、北条湾の深部にカマスが集結していた時に釣りをした釣り座に変更しました。

北条湾深部


北条湾の深部にカマスが集結していた時の釣行記事

この場所で40分ほど釣りをしてみましたが、アタリはありませんでした。

エサを追って入って来る以外で、カマスが自らこういった潮の流れも極端に悪く、近くに川が流れ込んで来る場所に来ることはなく、エサとして追っている小魚などの群れも確認出来ないことから、私には珍しく三度釣り座を変更します。

最初の釣り座がダイブセンターの前。

ここではアタリはありました。

北条湾の深部ではアタリは無し。

ということは…

カマスの群れがいるとすれば、ダイブセンターから北条湾の入口付近と予想し、北条湾岸壁は相変わらず釣り人だらけなので、もう10年ぶりくらいですが、久しぶりに花暮岸壁に釣り座を移します。



すみません…ツイート内の「ド深」は「ドン深」の誤りです。

しまや旅館側の花暮岸壁の入口を入ってすぐ目の前の場所です。

花暮岸壁


赤丸の場所が釣りをした場所です。

ここでは小一時間ほど釣りをしてみました。

岸壁の角の釣り座なので、広範囲を探ってみましたが、アタリがあったのはキャプチャー画像の赤線の場所です。

この場所は漁船などを陸揚げしておく場所で、海中のある程度の場所まではなだらかな駆け上がりのような状態になっており、途中からストンと落ちるように深くなっています。

小魚なども集まり易く、カマスを狙う際の一つのポイントでもあります。

この日はこの場所が一番明確なアタリが何度もありました。

ちなみにルアーで狙う場合は根掛かりなどに注意した方が良いです。

船を引き上げる設備等が、海中に沈んでいたりします。

ウキ釣りでも、あまり岸に仕掛けを寄せ過ぎると当然根掛かりします。

結果として、食いが渋く、食いが浅い状況は変わらず、アタリはあるものの釣果に結び付けることは出来ませんでした。

この日は冒頭から申し上げておりますように、尋常ではない釣り人の数でした。

「北条湾」という釣り堀に、人が密集し北条湾を囲むような感じで、所狭しと釣り人が配置されていたような感じです。

にも関わらず、カマスを釣っている人はほとんどいませんでした。

全員が全員、同じ釣り方で、同じエサを使い、同じように釣りをしていた…ということは有り得ず、皆さんそれぞれ違う釣り方、また違うエサを使いカマスを狙っていたと思います。

これで、ほとんどの人が釣れていない…ということは、カマスの絶対数が少ないという印象を受けました。

私だけが釣れていない…

ということであれば、釣れない原因はほぼ100%私にあります。

しかし、ほとんどの人が釣れておらず、ガン見していたわけではないので、あまりいい加減なことも言えませんがアタリすらない人も多くいたと思われます。

恐らくアタリも無く釣れないからだと思われますが、この日は19時頃を回ると、ウキ釣りをしていた方達は続々と帰って行きました。

そこで、少し気になることが、やはり海水温で14度に届かなくなってきています。



この日、海水温を計った場所全てで写真は撮っていませんが、何れも12度~13度。

ツイートのように海水温の推移のデータでも14度を割り込んでいます。

カマスは大きく分けると「根付き(居付き)型」と「回遊型」の二種類に分かれます。

字の如くなので、ご説明は不要かと思いますが、根付き(居付き)型は通年を通して同じ場所に居るカマスです。※

※シーバスやボラも「根付き(居付き)型」と「回遊型」がいます。

回遊型はエサとなる魚等の群れを追い駆け、エサとなるものと一緒に回遊します。

ちなみに余談ですが、根付き(居付き)型と回遊型では、根付き(居付き)型のカマスの方がサイズが大きくなる傾向があります。

カマスは海水の温度変化に以外と強く、生活出来る海水の温度範囲が他の魚と比べて広いです。

北条湾では毎年カマスは釣れますが、近年、北条湾にこれほどカマスの群れが集結したことはなく、今今北条湾にいるカマスの群れは回遊型だと思われます。

先述しました通り、今今北条湾にいるカマスが追い駆けているのがカタクチイワシの稚魚だと思われ、このカタクチイワシの適温とされる海水温の下限が14度~15度くらいです。

そうなりますと、カマス云々の前にカタクチイワシがそろそろ現時点での北条湾周辺の海水温に耐えられなくなってきます。

当然、カタクチイワシの稚魚は自分達が生活出来るレベルの海水温の場所へ順次移動して行くと思われ、これと共にカマスの群れもいなくなる可能性は高いです。

実際に釣っているところも目撃し、私自身も何度もバラしたので、カマス自体はまだ北条湾内に入って来ますが、少なくとも、前回の釣行時のような釣り堀状態は終了したような気がしました。※

※確定的にお話しするにはもう少し様子を見る必要があると思いますが。

非常に今は微妙な状況なので、何とか明日中(2022/1/10)にリベンジ釣行したいのですが、如何せん降雪の予報も出るなど天候次第です。

何れにせよ、カマスの群れが完全に北条湾を離れる確証が得られるまでは、何とかカマスリポートをお届けします。

去年の今頃はマイワシを釣っていたな…と、本ブログのアーカイブなどを見て懐かしく感じると同時に、コロナ禍になり北条湾も変わったな…などと考えながらこの日は釣りをしていました。

北条湾の今昔

ちなみに明日(2022/1/10)の状況はこんな感じです。



リベンジ釣行の際は、Twitterにてお知らせ致します。

こちらはこの日のライブ配信動画です。

私が釣りを開始した頃がアタリが出始めた時間帯です。

宜しければご覧下さい。

2022年1月10日 北条湾釣行 ライブ配信動画

また、ご報告させて頂きます。

2022年1月8日午後8時半前の花暮岸壁周辺の様子
2022年1月8日午後8時半前の北条湾岸壁周辺の様子

QRコード
この記事をスマホ・タブレットでご覧頂く場合はこちらからどうぞ。

釣行時リアルタイム更新・釣り用Twitterアカウント(ライブ配信も行っております)

トリックサビキでのサビキ釣りのやり方(動画)

【Twitter】ツイート内の釣り場につきまして

コメントの投稿につきまして

釣り場のゴミと北条湾にいる動物について

北条湾で使用するサビキ仕掛けについて

ライブ配信動画を見たい場面から見る方法




釣りブログを検索
にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ


テーマ : 釣り    ジャンル : 趣味・実用


Category: 釣り   Tags: 釣り  三崎港  北条湾  夜釣り  カマス  アカカマス    ハリス  仕掛け  丸セイゴ  

【三崎港・北条湾】カマスを釣る際のポイント(釣り針&ハリス編)

こんにちは。

前回の「仕掛け編」に続き、今回は「釣りハリス」についてお話しさせて頂きます。

前回の記事でも申し上げましたが、この記事内でお話しすることは、あくまで「北条湾」という釣り場でカマスを釣る際のポイントです。

他の釣り場でカマスを釣る際も、一助にはなると思いますが、釣り釣り場で重要なポイントは変わりますので、予めご了承下さい。

まず、ハリスですが、ハリスはなるべく細い方が無難です。

理想で言えば1号~2号、MAXでも3号程度にしておいた方が宜しいかと思います。

そもそも、カマスは口に鋭い歯を持っているのに、なぜハリスを細くする必要があるのか…

カマスは見た目や、その捕食の仕方からは想像出来ませんが、意外と神経質な魚です。

エサ(道糸やハリスを含む)に違和感を覚えるとガン無視されます。

また、これは北条湾だからという点ですが、釣行記事などでも何度もお話しさせて頂いておりますように、北条湾は縦に細長い湾で潮の動きが鈍く、海水が滞留し易い地形をしています。

海水に動きがあまりないということは、当然浮遊物も沈殿し易く、通年を通して海水が透き通っていることが多いです。

日中に北条湾釣りをされたことがある方であれば、足元を覗くと完全に海底が見え、泳いでいる魚まで良く見えることをご存じかと思います。

こういう状況ですと、ハリスが太いとハリスがカマスに見えてしまい、違和感を覚えて避けるようになります。

釣りをしていてハリスを何度も切られると、どうしてもハリスを太くしたくなりますが、太いから切れないか…というと、魚自体の重量が重くて、ハリスが耐えられなくて切れるわけではなく、鋭い歯で切られてしまうのでハリスを太くしてもそれ相応の効果はあまり得られない上に、カマスに警戒もされてしまうので、前回の「仕掛け編」でお話ししました、絡み防止のパイプを使用するか、交換用のを多くお持ちになることをお勧め致します。

カマスがエサを食った時に、合わせるタイミングのコツを掴むと、自ずとハリスを切られないようになっていきますし、掛かりさせた後は手際よく引き上げるように意識して釣りをするとたいぶ変わります。

次に釣りについてです。

カマスというも売っていますが、あまりハリス付きのものが売っていなかったりするので、ポピュラーで必ずどこでも売っている丸セイゴの針を使うことをお勧め致します。

丸セイゴ


私はカマスを狙う時に、流線型等の針を使うことがないので、なぜ使うのかの真意は分かりませんが、良く見るのがカマス狙いで流線型、うなぎ針などをご使用になっている方を見ます。

これは勝手な想像ですが、恐らくカマスとウナギやアナゴ、キスなど細長い魚…という点が似ていることでご使用になるのかな…と思っていますが、フォルムは似ていてもカマスと、仮にキスではエサの捕食の仕方、口の開き方等全く異なります。

そもそも食べるエサが違います。

キスはイソメやゴカイなどを好みます。

カマスは主に小魚など生きている魚を好んで食べます。

この時点で、既にかなり違いがあります。

キスなどはイソメやゴカイ、つまり動きが遅いエサを食べています。

カマスは小魚など、俊敏に動くものを食べています。

キスは海水や砂などと一緒にエサを口に含み、エラから海水や砂は吐き出します。

また、キスの場合はエサを捕食する際に、口先が大きく伸びストローで吸い込むようにしてエサを捕食します。

カマスは大きく口を開いて、鋭い歯で一気に小魚に噛み付く感じで捕食します。

カマスの場合は、最初の一撃は小魚を捕まえるためで、その後徐々に丸飲みにします。

口バシが長い鳥の、エサの飲み込み方に良く似ています。

こちらは、最近釣り人だらけなので、久しく会っていませんが、まだ北条湾に釣り人があまり来なかった頃に、私が釣りをしていると良く寄って来た、釣りのお供のアオサギですが、こんな感じでカマスは小魚を飲み込みます。



カマスは早合わせをすると、ほとんどバラし意外と針掛かりさせるのが難しいのですが、カマスは最初の一撃は噛み付くだけです。

当然この噛み付いた時点でウキは沈みます。

上手いこと針も一緒に咥えてくれていれば針に掛かりますが、エサをアバウトに噛んでいるだけなので、もう一段階先の飲み込む行為をするまで合わせるのを待つ必要があります。

ウキが沈んで1、2、3、4、くらいの時間を置いて、それでもウキが浮いてこなければ飲み込んでいるので、ここで一気に合わせます。

こちらは、たまたまエサのサンマが残っている状態で、且つアラの写真を撮ろうとした時に移り込んだものを流用したので、イマイチ分かりにくいかもしれませんが、こんな感じで最初の一撃は非常にアバウトな噛み付き方をします。

カマス


赤の矢印の下のカマスの口にサンマの切り身が残っているのがお分かり頂けますかね?

キスなどは先述した通り、口先を尖らせてストローで海水ごとエサを吸い込むように捕食するので、流線型などの細長い針でないと、針を吸い込むことが出来ません。

うなぎ針


一方カマスは、同じような口先が尖った姿形をしていますが、ワニが口を開いた時のように大きく上下に開きます。

こちらは丸セイゴの針のアップの写真ですが、矢印の間が広い針、針のフトコロ※の面積が広い針の方が、口は大きく開く魚なので針を咥える確率も上がり、合わせた時に針掛かりしさせ易いです。

※針の部位の名称はコチラで確認して下さい。

丸セイゴ


こちらはうなぎ針と丸セイゴの比較写真です。

うなぎ針と丸セイゴ


左側がうなぎ針、右側が丸セイゴです。

逆で考えると、丸セイゴの針を吸い込むことが出来るキス…かなりサイズが大きくないとエサと一緒に針を吸い込むことは困難かと思います。

ちなみに丸セイゴでキス、うなぎ針でカマス…どちらでも釣ろうと思えば釣れます。

合わせ易さなど、効率の問題です。

ハリスの場合は、カマスにガン無視される可能性もあるので、ある程度考慮した方が良いですが、釣り針に関してはこれでなければいけない…というのはありません。

今今の北条湾ですと、カマスのサイズが25cm前後のものが主に釣れています。

フトコロの面積がある程度広ければ何の針でも問題ありませんが、丸セイゴで言えば10号、11号くらいがベストかと思います。

余談ですが、同じように口先に鋭い歯を持つタチウオ。

タチウオの仕掛けの場合、ハリスがワイヤーの仕掛けがたくさん売っていますが、50cmサイズの成魚クラスのカマスの仕掛けでは、ゼロではありませんが、あまりハリスがワイヤーのものは売っていません。

それだけ、見た目と裏腹に神経質な魚…ということです。

正直申し上げて、ドンピシャの形と色の選択さえ出来れば、ルアーが一番バラしも少なく数も釣れます。

その時々での潮の動きや海水の濁り具合、海水の温度などでカマスが反応する色は頻繁に変わります。

死にエサとはいえ、キビナゴや魚の切り身は元々本物の魚です。

この皮から出る色合いが一番反応するんです。

ルアーなどもたくさん種類は出ていますが、逆にそのたくさんある中からドンピシャのものを選ぶのも至難の業ですし、本物の魚と人工の魚では海中での反射光なども微妙に変わってしまいます。

これもカマスが神経質な魚故なんですが…

長年ルアーでの釣りをされている方以外で、今今の北条湾でカマスの数釣りをするのであれば、エサ釣りをお勧め致します。

次回はカマスを釣る際のエサについてお話しさせて頂ければと思っていますが、そんなこんなをやっているとカマスの群れが居なくなってしまいそうなので、早くアップさせて頂きたいのですが、私もしがないサラリーマン故、時間的な問題があるので今しばらくお時間を下さい。

直近の釣行では、丸セイゴの11号の1本針で釣りをしましたが、ハリスが切れたのは1時間半釣りをしていて1回だけでした。

■直近の釣行記事:リベンジ成功!いつまで続く好調なカマス&北条湾の海水温の謎!(2022年1月3日)

また、ご報告させて頂きます。

カマスを釣る際のポイント(仕掛け編)
カマスを釣る際のポイント(釣り針&ハリス編)
カマスを釣る際のポイント(釣りエサ編)

QRコード
この記事をスマホ・タブレットでご覧頂く場合はこちらからどうぞ。

釣行時リアルタイム更新・釣り用Twitterアカウント(ライブ配信も行っております)

トリックサビキでのサビキ釣りのやり方(動画)

【Twitter】ツイート内の釣り場につきまして

コメントの投稿につきまして

釣り場のゴミと北条湾にいる動物について

北条湾で使用するサビキ仕掛けについて

ライブ配信動画を見たい場面から見る方法




釣りブログを検索
にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ


テーマ : 釣り    ジャンル : 趣味・実用


01-2022
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

12   02

本ブログの著者について

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる、釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。釣り歴は小学1年生(6歳)から40数年…■本当は船釣りをしたいのに船酔いが激しく断念。自分に与えられたフィールドは陸しかないと神奈川県内を中心に陸釣りに奮闘中。■釣行先は気分によって変わります、予めご了承下さい。■元自動車整備士ということもあり、極稀に車の記事が突然掲載されることがあります。■下記Twitterアカウントにて、釣行時のリアルタイムな情報を配信しております。

釣り歴が長いこともあり、今まで渓流、川、湖、そして海、ルアー、フライ等々あらゆる釣りを経験し、原点回帰とでも言いましょうか、最近は生まれて初めて魚を釣ったサビキ釣りにハマっております。一周回って更に深く掘り下げて釣りを楽しんでおります。本ブログは基本的にビギナーの方でも分かり易く書いているつもりです。そのため、余計な注釈や説明があり文章全体が長い構成になってしまうことを予めご了承下さい。

※猫についてはTV等に出演した先代猫は亡くなり、現在は二代目となっております
【猫とウサギ】お礼とお知らせ

※当ブログはリンクフリーです。釣りのみの記事をご要望の場合「釣りの記事のみのRSS」をご利用下さい。ブログ記事内に掲載してあります、TwitterInstagramYouTubeTikTokのリンクにつきましてもリンクフリーです。ブログ内の写真につきましては転載不可となっております。ご利用をご希望される場合は、メールフォームよりお問い合わせ下さい。

■猫とウサギと釣りに関して端的に動画像を投稿しています
Instagram

■猫とウサギと釣りに関する動画を投稿しています
猫とウサギと釣りの動画(YouTube)

■釣行時の状況をデータを踏まえてリアルタイム配信しています(宜しければフォローをお願い致します・釣行時ライブ配信も行っております)
@kic_iwashi Koichi Otsuka on Twitter(釣り専用)

■我が家の猫が「TBSテレビ・トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」に出演しました(先代猫)
猫の夏ちゃんの動画がTV番組で紹介されました

■我が家のウサギの親子が「うさぎの時間」というウサギ専門誌に掲載されました
うさぎの時間に掲載されました

■50歳を目前にしたオッサンが何を血迷ったかTikTokを始めました
Koichi Otsuka on TikTok

ご質問・お問い合わせはこちらからどうぞ(WEB上には表示されません)

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログの更新通知を受け取れます

更新通知を受け取れます

全ての記事のリンク
投稿順で全ての記事のリンクが表示されます
スマホ・タブレットでご覧頂く場合はこちらから
QR
最新記事
【三崎港・北条湾】まだ湾内にカマスの群れがいることは確認出来ましたが…(2022年1月15日) Jan 16, 2022
【三崎港・北条湾】カマスを釣る際のポイント(釣りエサ編) Jan 13, 2022
【三崎港・北条湾】カマスの時合いを見誤らないための調査釣行(2022年1月10日) Jan 11, 2022
【三崎港・北条湾】カマスの群れはまだいますが非常に食いが渋かったです(2022年1月8日) Jan 09, 2022
【三崎港・北条湾】カマスを釣る際のポイント(釣り針&ハリス編) Jan 06, 2022
ブログ内画像一覧
人気記事
リンク
こんなの釣れます
サビキでワカシを釣ろう!
月別アーカイブ
釣り専用Twitterアカウント
リアルタイムな釣行・釣果情報をお伝えします。