Archive RSS Login

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられた先代猫を引き継ぎ、ロップイヤーの親子と同居するキジシロ猫の兄妹の日常と、筆者の趣味の釣りに関するブログです。(主に釣り、自動車関連の記事もあり)

 
Category: 雑記  

地震学会-大震法の抜本改正実現を

静岡市で開催された日本地震学会秋季大会の最終日に、「地震学の今を問う」と題するシンポジウムが開かれた。

東日本大震災を想定できなかった地震学者たちの“大反省会”である。

地震学の問題点を学術的な観点から洗い出すだけでなく、行政とのかかわりや「防災とどう向き合うか」など、地震学者の社会的役割を自ら問いただそうとした姿勢は評価できる。

それぞれのテーマについて議論が尽くせなかった感は否めないが、シンポジウムを出発点として「これからの地震学(者)」のあり方に一定の方向性を見いだしてもらいたい。

地震学者に今、問われているのは、大震災の反省に立脚し「次の巨大地震にどう立ち向かうのか」という指針を示すことだ。

その点で、東京大学のロバート・ゲラー教授がシンポジウムの特別講演で指摘した「大規模地震対策特別措置法(大震法)」の抜本的な改正に向けて、地震学会としても早急に行動すべきだ。

大震法は東海地震の直前予知が可能であることを前提に、昭和53年に施行された。

阪神大震災後に「直前予知は必ずできるとは限らない」と方針転換されたとはいえ、現在の地震学の知見からは乖離(かいり)した状況にある。

最大の問題点は東海地震だけを直前予知の対象とし、東南海・南海地震と切り離して防災体制が構築されていることだ。

東海地震が単独で起きる可能性が指摘された施行当時とは異なり、現在では東海・東南海・南海の連動を視野に入れなければ防災も減災も考えられない。

たとえば、東海地震の前兆現象が観測され、警戒宣言が発令されるケースでも、東南海・南海地震への対応が定められていない現行の大震法は、防災の現場に大きな混乱を生じさせる可能性が極めて大きい。

地震予知を全面否定するゲラー教授の主張に対しては、異論を唱える研究者も少なくない。

しかし、大震法については「抜本改正の必要性」を共通認識にできるのではないか。

東日本大震災の教訓の一つに、巨大津波に関する新しい知見を防災に反映できなかったことが挙げられるが、大震法は同じ過ちの芽をはらんでいる。

地震学者と学会が社会的な役割を担う意味でも、政府への提言などにより大震法改正を実現してもらいたい。

(産経新聞)

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。



Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!


Category: 雑記  

「震災、地震学の大きな敗北」-学会、異例の自己批判

静岡市で開催された日本地震学会で15日、予測できなかったマグニチュード(M)9クラスの東日本大震災について考えるシンポジウムが開かれた。

巨大地震を想定できなかったのは「地震学の大きな敗北」などと研究者らの自己批判が相次いだ。

学会の最終日に開かれたシンポジウムのテーマは「地震学の今を問う」。

日本の地震予知体制を批判するロバート・ゲラー東京大教授を招いたことで注目を集めた。

ゲラー教授は「東北でM9クラスの地震があり得るという研究成果はあったが、国や学会は見逃した」と指摘し、「政府が仮定している地震と、実際に起きるものが一致していない」と述べた。

東北大大学院地震・噴火予知研究観測センターの松沢暢教授は「東北についてはデータ不足で、最大規模の推定にもっと慎重になればよかった」と研究姿勢を反省。

研究手法の改善策として、批判を大切にし、複数の意見を検討することの重要性を強調した。

同大学院の長谷川昭教授は「巨大地震を想定できず、責任を感じる。今後は学会としてもっと多様な意見を共有すべきだ」と提言した。

議論は、若い研究者が自由な研究ができないことへの批判や、地震学の追究が防災に役立っているかなどについてにも及んだ。

学会は学会員を対象にしたアンケート結果を公表。

東日本大震災を想定できなかった理由について、回答した約630人の約65%が「意識が足りなかった」とした。

(産経新聞)

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。



Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!


Category: 雑記  

「危険性判断できない」横浜市、新たにストロンチウム検出で国に調査要請へ

横浜市港北区の2カ所で新たに放射性ストロンチウムが検出されたことが明らかになった14日、住民からは不安の声があがった。

道路側溝で129ベクレル、噴水底で59ベクレル(いずれも1キロ当たり)が検出されたが、市は測定数値について「現段階で危険性が判断できない」とし、国に対しストロンチウムの調査を市内で実施するよう要望する方針だ。

市が民間の検査機関に依頼して測定し、結果などを公表したのは、9月に比較的高い放射線量を検出したと発表された、港北区大倉山の道路側溝▽同区新横浜の横浜アリーナに隣接する噴水(停止中)の底-の2カ所の堆積物。

住民の調査でストロンチウムが検出された同区の築7年の5階建てマンション屋上の堆積物も検査したが、検査場所や結果は私有地のため公表していない。

市は検査を迅速に行うため、ストロンチウム90と同89を合わせた値が検出される方法で検査を実施した。

このため半減期の長い同90の量が分からず、市担当者は「危険性については判断できない」と話し、国の判断を仰いだ上で、同90の測定などを行っていきたいとしている。

市はマンション屋上からもストロンチウムが検出され、住民に連絡したことを明らかにした。

市は「住民調査の値と比べて極端に高い値ではない」としている。

市は検査方法が難しいことなどからストロンチウムについて調査をしてこなかったが、自主検査をした同区の男性からマンション屋上で1キロ当たり195ベクレルのストロンチウムが検出されたとの情報提供を受け、確認のため測定を実施していた。

今回の市の検査結果について、日本分析センターの池内嘉宏理事は、ストロンチウム89と同90を分離できない分析手法が用いられていることから、「数値が高いので原発事故の影響の可能性はあるが、半減期の短い同89が検出されなければ、事故の影響とは言い切れない」とした上で、「福島県外でストロンチウムの検査は行われておらず、県外で出る可能性は否定できない」と話している。

横浜市が港北区の2カ所で14日夜、新たにストロンチウムが検出されたと発表したことを受け、住民らは「子供が心配」「早く対策を」などと不安の色を隠せない様子を見せた。

ストロンチウムが検出された同区大倉山の側溝周辺は、マンションや民家が立ち並ぶ住宅地。

近所の住民によると、近くには複数の学校があり、登下校の時間には多くの子供であふれるという。

無職の女性(61)は「これまでの状況を考え、ストロンチウムが出たと聞いてもあまり驚かなかった。行政には正確な情報をきちんと伝えてもらいたい」と冷静に話した。

2人の子供を持つ会社員の男性(42)は「子供がいるので本当に不安」と憤った。

男性の妻(41)は「原発の事故があってから公園に遊ばせに行くのを控えさせていて、そろそろ大丈夫かと思ったら…」と眉をひそめた。

2人の子供がいる看護師の女性(39)は「子供の健康が一番心配。行政には対策などを早く出してもらいたい」とため息をついた。

ストロンチウム 

ウラン核分裂時にできる放射性物質。

放射線量の半減期が約29年のストロンチウム90と約50日の同89、約65日の同85などがある。

カルシウムと性質が似ているため骨に蓄積しやすく、半減期の長い同90では、内部被曝(ひばく)による発がんなどの恐れがある。

放出される放射線の一種「ベータ線」は測定が難しく、検査機関が限られる。

(MSN産経ニュース)

TKY201110140712.jpg
福島第一原発と横浜の位置関係



Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!


Category: 雑記  

プレート地震-首都圏直下急増/M7級、30年で98%

直下地震の発生が懸念される首都圏で東日本大震災以降、プレート(岩板)境界型の地震が急増していることが、東京大地震研究所の酒井慎一准教授らのチームの解析で分かった。

マグニチュード(M)7級の地震発生で1万人以上の死者が出ると国の中央防災会議が予想した東京湾北部など、首都圏直下の3カ所のプレート境界で地震活動が活発と推定している。

首都圏の地下には、陸、フィリピン海、太平洋の3枚のプレートが複雑に重なり合っている。

1923年には関東大震災(M7.9)が起きた。

古文書などから首都圏ではM8程度の巨大地震が200年周期で発生し、その間にM7程度の地震がしばしば起きたことが分かっている。

チームによると、大震災後の半年間に首都圏で起きたM3以上の地震は計347回で、過去5年間の合計530回に迫り、半年当たりの回数では6.6倍に上った。

これらの約8割がプレート境界型だった。

特に活発化していると見られる3カ所のプレート境界で地震が発生した場合、影響を受けるのは▽東京湾北部▽房総半島南部▽茨城県南西部~千葉県西部と推定。

東京湾北部のプレート境界(深さ70~80キロ)では、震災以降半年の地震が過去同時期の約6倍に増えていた。

国の地震調査委員会は、首都圏で境界型以外も含めM7級の地震が今後30年以内に起きる確率を「70%」と予測している。

酒井准教授は「直近のデータを踏まえると、今後30年間で98%になる。東日本大震災の影響が反映されるべきだ」と話す。

20110917k0000m040091000p_size5.jpg
首都直下で活発化している地点

(毎日新聞)



Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!


Category: 雑記  

色丹島、3千年間に6回の大津波 北方領土で初の古地震調査

大地震が多発する千島海溝近くの北方領土で、過去約3千年間に少なくとも色丹島へ6回、国後島に3回の大津波が押し寄せた可能性を示す砂層を、北海道大大学院理学研究院西村裕一助教らが確認していたことが8日、分かった。

色丹島の1回は17世紀初頭と推定され、北海道東部で痕跡が確認されている高さ約20メートルの巨大津波と同時期に当たる。

北方領土で日本の研究者が古地震や古津波の調査を行ったのは初。

道東の巨大津波は、過去300~500年おきに発生。

十勝沖、根室沖の2連動型地震が原因とされるが、17世紀初頭の震源域はさらに東の色丹島沖へ広がっていた可能性がある。

(47NEWS)



Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!


10-2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

09   11

Koichi Otsuka

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。釣り歴は小学1年生から30数年…(そろそろ40年w)本当は船釣りをしたいのに船酔いが激しく断念。自分に与えられたフィールドは陸しかないと神奈川県内を中心に陸釣りに奮闘中。釣行先は気分によって変わります。予めご了承下さい。(猫についてはTV当に出演した先代猫は亡くなり、現在は二代目となっております)
【猫とウサギ】お礼とお知らせ
※当サイトはリンクフリーです。釣りのみの記事をご要望の場合「釣りの記事のみのRSS」をご利用下さい。
FaceBook(著者プロフィール)
■何となくどんなヤツなのか分かるかもしれません
Instagram
■猫とウサギと釣りに関する写真や動画を投稿しています
猫とウサギと釣りの動画(YouTube)
■同居している猫とウサギ+趣味の釣りに関する動画を投稿しています(宜しければチャンネル登録をお願い致します)
@kic_iwashi Koichi Otsuka on Twitter(釣り専用)
■釣行時の状況をデータを踏まえてリアルタイム配信しています(宜しければフォローをお願い致します・釣行時ライブ配信も行っております)
猫の夏ちゃんの動画がTV番組で紹介されました
■我が家の猫が「TBSテレビ・トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」に出演しました(先代猫)
うさぎの時間に掲載されました
■我が家のウサギの親子が「うさぎの時間」というウサギ専門誌に掲載されました

ご質問・お問い合わせはこちらからどうぞ(WEB上には表示されません)

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のリンク
投稿順で全ての記事のリンクが表示されます
最新記事
【城ヶ島・三崎港・北条湾】トウゴロウイワシ湧く北条湾・他のイワシの釣果は如何に…(2019年9月15日) Sep 15, 2019
【城ヶ島・三崎港・北条湾】若干痩せてはいるものの良型のマイワシが回ってきました!(2019年9月8日) Sep 08, 2019
【城ヶ島・三崎港・北条湾】9月最初の北条湾釣行…マイワシの釣果を確認!(2019年9月1日) Sep 01, 2019
【城ヶ島・三崎港・北条湾】長潮の北条湾…ダメかと思ったらウルメイワシ入れ食い!爆釣れ!(2019年8月25日) Aug 25, 2019
Twitterにツイートした記事の補足 Aug 22, 2019
ブログ内画像一覧
人気記事
コメント
AdSense
月別アーカイブ
AdSense
釣り専用Twitterアカウント
リアルタイムな釣行・釣果情報をお伝えします。
フリー素材なら
写真素材のピクスタ
スマホでご覧頂く場合はこちらから
QR