Archive RSS Login

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられた先代猫を引き継ぎ、ロップイヤーの親子と同居するキジシロ猫の兄妹の日常と、筆者の趣味の釣りに関するブログです。(主に釣り、自動車関連の記事もあり)

 
Category: 釣り   Tags: 釣り  三崎港  城ケ島  サビキ  北条湾    雨の日  

雨の日や雨の後の釣りについて

こんにちは。

時ということもあり、タイトルの雨の日の後の釣りでの留意点を少しお話しさせて頂きたいと思います。

と思いましたのも、Twitterでもツイートさせて頂いておりますが、真水と海水について分かり易く書かれている記事を見つけたので、その記事にちなんで、実際に釣りに行く場所や、Twitterやブログでご紹介させて頂いております北条湾での留意点をお話し致します。




「死の海域」が過去最大規模のおそれ、米国南部 - 世界で拡大しつつある低酸素海域、原因は川から流れ込む水

これは米国の話なので、記事に書かれていることが全て当てはまるわけではありませんが、昨今日本でも各地で大規模水害が起こることが当たり前になってきている節もあり、降るの量が一昔前とは比べ物にならなくなってきていると思います。

当然、水害が起こるレベルのが降っても、最終的には海に流れ出します。

こういったレベルのですと、あまりニュースなどにはなりにくいですが、氾濫した川の下流域や河口、ひいてはその川が流れ込んでいる湾や近海で、真水による海への影響が必ずあります。

近年ですと、駿河湾で獲れる桜エビ。

これが歴史的不漁に見舞われており、一説には原因は駿河湾に流れ込んでいる川が原因だとも言われています。

北条湾は露骨に雨の影響を受けやすい、言い方を変えると雨の影響が分かり易いので、北条湾についてお話しさせて頂きます。

先週の本ブログ記事でも簡単にお話しさせて頂きましたし、上記リンクの記事にも書かれていますが、海水と真水ですと海水の方が重たいです。

重たい要因でもあるのですが、海水と真水ですと海水の方が比重が重いので大きな力を加えないと中々混ざりません。

コップやビーカーレベルで考えますと、簡単に混ざるようなイメージですが、広大な海という範囲と、そこに降る大量の雨水で考えますと、仮に北条湾内の水を全てかき混ぜるということになると、どれだけの力が必要なのか想像もつきません。

北条湾や、北条湾深部にある狭塚川上流域に雨が降ると、北条湾の一番奥の表層部に真水が溜まり、真水の層と海水の層に分離します。

一度、お時間がある時にでも製氷所の前からダイブセンター方面に走り、そのまま対岸の花暮岸壁まで自動車の良いので、北条湾を眺めながら走って頂くと、北条湾が如何に細長い形をしており、海水が滞留し淀み易いかご理解頂けると思います。



そもそも、この地形から海流による流れの影響をを受けにくく、主に潮汐(潮の満ち引き)による海水の動きで出来る流れで湾内の海水がシャッフルされているので、雨量が多く長雨とかになると中々雨水と海水が混じり合いません。

つまり、北条湾内に真水の層と海水の層が出来てしまうので、真水や汽水域が苦手な青魚は海水の層、もしくは海水のみの場所にどんどん逃げて行きます。

例えば、小田原の早川(早川港)、江ノ島の片瀬川などは川が海に流れ出ていきなり広大な相模湾に面しています。

これであれば海の中の海水の流れでどんどん真水と海水がシャッフルされるので、特段真水が流れ込んでいることを意識しなくても問題ありません。

多少雨量が多い雨の日や、その直後であっても影響が及ぶ範囲も狭く大した影響は出ません。

しかし、北条湾のように囲まれた狭い場所で且つ海水の流れが無い場所ですと、どんどん真水と海水が分離していきます。

釣りに行かれる予定の日の近々で大雨が降ったり、釣り当日に雨が降っている場合などは北条湾は避けて釣りをされるのが賢明かもしれません。

雨の日や降雨直後に北条湾で釣りをされる場合は、魚の活性が上がっていると思われる時間帯は特に、アタリがあるまで普段釣りをしているタナより少しずつタナを下げていって下さい。

タナを変えながら何回か試してみて、全くアタリが無い場合は青魚の群れが湾内から出てしまっていることが多いです。

ちなみに、ボラなどがこういう時に湾内に居ても、ボラは汽水域でも問題なく過ごせる魚なので当てにはなりません。

無駄な手間を掛けないことを優先するのであれば、大雨の後や雨天の時は北条湾以外でサビキ釣りをすることをお勧め致します。

リンクの米国の記事中にもありますが、川があることのメリットとしては青魚達が好むプランクトンや有機物が豊富に北条湾内にあるということです。

真水の問題さえなければ、青魚達にとっては格好の餌場なので湾内に入って来ます。

また、これからの時期ですと、青魚達を追って大型魚もたくさん入って来ます。

これを活餌などで狙うには、北条湾は狭いということが逆に釣り易さに繋がります。

今年は梅雨らしい梅雨になりそうです。

Twitterでは全て書き切れないので、改めてブログ記事にさせて頂きましたが、雨の後や雨天時の釣行などの参考にして頂けたらと思います。

最後に…

雨の日のや雨天後の釣行は、決断が大事です。

釣れない…魚がいない…と少しでも思ったら、釣り座をすぐに変えることをお勧め致します。

釣りの原則としては、海面に当たる雨粒などで海中から陸上の人が見えない…や、海中が濁り易く針掛かりし易い…雨音で人の気配がかき消され易い…など、釣りににとっては雨は悪いことばかりではありません。

釣れない…ということは、そこに魚が居ないことが多いです。

優柔不断が一番良くありません。

今週末は、天気が荒天なようなので釣りに行くか迷っておりますが、またご報告させて頂きます。

皆様の大漁を祈っております。

釣行時リアルタイム更新・釣り用Twitterアカウント

YouTubeにて釣行時の動画アップしています!





このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 釣り    ジャンル : 趣味・実用


06-2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

05   07

Koichi Otsuka

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。釣り歴は小学1年生から30数年…(そろそろ40年w)本当は船釣りをしたいのに船酔いが激しく断念。自分に与えられたフィールドは陸しかないと神奈川県内を中心に陸釣りに奮闘中。釣行先は気分によって変わります。予めご了承下さい。(猫についてはTV当に出演した先代猫は亡くなり、現在は二代目となっております)
【猫とウサギ】お礼とお知らせ
※当サイトはリンクフリーです。釣りのみの記事をご要望の場合「釣りの記事のみのRSS」をご利用下さい。
FaceBook(著者プロフィール)
■何となくどんなヤツなのか分かるかもしれません
Instagram
■猫とウサギと釣りに関する写真や動画を投稿しています
猫とウサギと釣りの動画(YouTube)
■同居している猫とウサギ+趣味の釣りに関する動画を投稿しています(宜しければチャンネル登録をお願い致します)
@kic_iwashi Koichi Otsuka on Twitter(釣り専用)
■釣行時の状況をデータを踏まえてリアルタイム配信しています(宜しければフォローをお願い致します・釣行時ライブ配信も行っております)
猫の夏ちゃんの動画がTV番組で紹介されました
■我が家の猫が「TBSテレビ・トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」に出演しました(先代猫)
うさぎの時間に掲載されました
■我が家のウサギの親子が「うさぎの時間」というウサギ専門誌に掲載されました

ご質問・お問い合わせはこちらからどうぞ(WEB上には表示されません)

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のリンク
投稿順で全ての記事のリンクが表示されます
最新記事
【城ヶ島・三崎港・北条湾】海の日らしくない寒空の北条湾釣行・食いが渋かったです…(2019年7月15日) Jul 15, 2019
【城ヶ島・三崎港・北条湾】雨の中の北条湾釣行・マヅメ時にアジ好調!(2019年7月7日) Jul 07, 2019
【城ヶ島・三崎港・北条湾】イワシ再到来でサビキで五目釣り(2019年6月29日) Jun 30, 2019
【城ヶ島・三崎港・北条湾】20cmオーバーのサバ入れ食い・引きがたまらない見事なサバタイム!(2019年6月23日) Jun 23, 2019
【城ヶ島・三崎港・北条湾】低気圧通過の変わり易い天気の中での釣行(2019年6月16日) Jun 16, 2019
ブログ内画像一覧
人気記事
コメント
AdSense
月別アーカイブ
AdSense
釣り専用Twitterアカウント
リアルタイムな釣行・釣果情報をお伝えします。
フリー素材なら
写真素材のピクスタ
スマホでご覧頂く場合はこちらから
QR