Twitter YouTube TikTok

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられた先代猫を引き継ぎ、ロップイヤーの親子と同居するキジシロ猫の兄妹の日常と、筆者の趣味の釣りに関するブログです。(主に釣り、自動車関連の記事もあり)

 
Category: 動物・植物・生き物  

南極で増える外来植物、原因は防寒具

現在南極では、一年生植物のイチゴツナギなど外来植物が定着しつつあるという。

外来植物の増加は、研究者や旅行者などが気付かずに持ち込む種子が原因と見られている。

気温、湿度共に極めて低い南極は、過酷な気候条件によって、地球上で最も原始的な自然環境が維持されてきた場所である。

だが近年、観光や学術調査などを目的として南極半島を訪れる人数が急増、独自の生態系が脅かされている可能性があるという。

南極のダンコ島に上陸する観光客たち
南極のダンコ島に上陸する観光客たち


今回、南アフリカにあるステレンボッシュ大学の生態学者スティーブン・チョウン(Steven Chown)氏の研究チームが実態調査を行った。

チョウン氏らは、2007年末から2008年初頭にかけての夏季に南極を訪れた研究者や旅行者、随行員、渡航船乗組員に協力を依頼。

南極訪問者のおよそ2%にあたる853人分の着衣、靴、バッグ、装備品の付着物を吸引装置で採取した。

付着物の中からは種子や“むかご”など植物の繁殖体が2600個以上見つかり、多くの外来植物が渡航者によって南極に持ち込まれている実態が明らかになった。

1人あたりの個数では、旅行者は平均2~3個、研究者は平均6個見つかった。

ただし現在の年間渡航者数では、旅行者が研究者を大きく上回っている。

2007~2008年にかけての夏季では、研究者7000人に対し、旅行者は3万3000人という。

チョウン氏は、どちらも南極の生態系に対するリスクに変わりはないと推測している。

■外来種の半数は低温環境に適応

研究チームによると、南極に持ち込まれる外来植物の49~61%は耐寒種で、過酷な条件下でも生育し定着できるという。

植物は主に渡航者の防寒具で運ばれて来たと考えられる。

南極以外の寒冷地で使用した際に植物が付着した可能性がある。

実際今回の調査でも、ハコベなど北極圏に分布する植物が見つかったと報告されている。

外来植物の特性と南極の現在の気候とを考え合わせると、生態への影響が最も危険視される地域は、南極半島の沿岸部およびその周辺の島々だという。

国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が公表した2100年の気候予測に基づけば、少なくともロス海周辺、場合によってはアメリー棚氷の西側にある沿岸部の不凍地域にまで定着域を拡大する可能性がある。

南極の沿岸部で気温がさらに上昇すれば、外来種の繁殖にも一層の拍車がかかるだろう。

しかしチョウン氏は次のようにも話す。

「南極がある日突然、草花に覆われるわけではない。大半は依然として厚い氷に覆われた非常に過酷な環境で、植物は育たない」。

■装備品の洗浄が重要

極域生態系の専門家である英国南極観測局(BAS)のピーター・コンベイ氏は今回の調査について、「南極における各国政府の調査活動も観光事業も、生態系にとっては大きな危険性をはらんでいるという客観的な証拠を示した」と評価する。

危険を認識できれば、その回避方法も明らかになってくる。

例えば、屋外用の装備品やバッグなどの洗浄だ。

南極に持ち込まれる種子の個数減少に大きな効果があるだろう。

チョウン氏は、南極の生態系への影響を軽減する手立てを講じるためにも、研究結果のさらなる活用を希望している。

(ナショナルジオグラフィック)

未経験可。勤務時間は自由出勤。時給1,500円~の副業。

Twitterでフォロワーを増やしたい方





Add to Google
iGoogleにガジェットを追加!
関連記事


LEAVE
'A'
COMMENT






08-2022
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

07   09

本ブログの著者について

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる、釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。釣り歴は小学1年生(6歳)から40数年…■神奈川県内を中心に陸釣りに奮闘中。■釣行先は気分によって変わります、予めご了承下さい。■元自動車整備士ということもあり、極稀に車の記事が突然掲載されることがあります。■釣り専用Twitterアカウントにて、釣行時のリアルタイムな情報を配信しております。■釣行時、ツイキャスよりリアルタイムな釣りをしている状況をライブ配信しております。詳細は【釣行時のライブ配信につきまして】をご覧下さい。

釣り歴が長いこともあり、今まで渓流、川、湖、そして海、ルアー、フライ等々あらゆる釣りを経験し、原点回帰とでも言いましょうか、最近は生まれて初めて魚を釣ったサビキ釣りにハマっております。一周回って更に深く掘り下げて釣りを楽しんでおります。本ブログは基本的にビギナーの方でも分かり易く書いているつもりです。そのため、余計な注釈や説明があり文章全体が長い構成になってしまうことを予めご了承下さい。

※猫についてはTV等に出演した先代猫は亡くなり、現在は二代目となっております
【猫とウサギ】お礼とお知らせ

※当ブログはリンクフリーです。釣りのみの記事をご要望の場合「釣りの記事のみのRSS」をご利用下さい。ブログ記事内に掲載してあります、TwitterInstagramYouTubeTikTokのリンクにつきましてもリンクフリーです。ブログ内の写真につきましては転載不可となっております。ご利用をご希望される場合は、メールフォームよりお問い合わせ下さい。

■猫とウサギと釣りに関して端的に動画像を投稿しています
Instagram

■猫とウサギと釣りに関する動画を投稿しています
猫とウサギと釣りの動画(YouTube)

■釣行時の状況をデータを踏まえてリアルタイム配信しています(宜しければフォローをお願い致します・釣行時ライブ配信も行っております)
@kic_iwashi Koichi Otsuka on Twitter(釣り専用)

■我が家の猫が「TBSテレビ・トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」に出演しました(先代猫)
猫の夏ちゃんの動画がTV番組で紹介されました

■我が家のウサギの親子が「うさぎの時間」というウサギ専門誌に掲載されました
うさぎの時間に掲載されました

■50歳を目前にしたオッサンが何を血迷ったかTikTokを始めました
Koichi Otsuka on TikTok

ご質問・お問い合わせはこちらからどうぞ(WEB上には表示されません)

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログの更新通知を受け取れます

更新通知を受け取れます

全ての記事のリンク
投稿順で全ての記事のリンクが表示されます
スマホ・タブレットでご覧頂く場合はこちらから
QR
最新記事
【三崎港・北条湾】長潮とは思えぬ活性の高さでウルメイワシ好調!3年ぶりに釣りのお供とも再会!(2022年8月7日) Aug 09, 2022
【三崎港・北条湾】今シーズンの青魚の動きがたいぶ読めてきました!(2022年7月31日) Aug 02, 2022
【三崎港・北条湾】若潮とは思えない釣果&サバは新たな群れが合流しあの珍客も登場!(2022年7月24日) Jul 26, 2022
【三崎港・北条湾】サバの群れは減少しつつもアジ・ウルメイワシが好調!(2022年7月17日) Jul 18, 2022
【三崎港・北条湾】サバの群れが北条湾を離れ始めたかもしれません…(2022年7月10日) Jul 12, 2022
ブログ内画像一覧
人気記事
コメント
リンク
北条湾ではこんなのも釣れます
GIF画像のリンク先は釣果があった時の動画(ブログ記事の場合があります)です。各釣行の詳細は動画内のリンクよりご覧下さい。
サビキ釣りを楽しもう!(猫とウサギと釣りのブログ)

サビキ釣りでワカシ(ブリの幼魚)

サビキ釣りでアカネキントキ(稚魚)

サビキ釣りでボラ(トド)

サビキ釣りでチカメキントキ(稚魚)

チョイ投げでタイワンガザミ(ワタリガニ)

サビキ釣りでギンガメアジ(メッキ)

チョイ投げでヘダイ(シロチヌ)

チョイ投げでイイダコ

サビキ釣りで釣った小魚をエサにイナダ(ブリの幼魚)

サンマの切り身をエサにウキ釣りでカマス(アカカマス)

サビキ釣りで釣った小魚をエサにマゴチ

チョイ投げでマハゼ(落ちハゼ)

サビキ釣りでメバル

サビキ釣りでオオモンハタ(幼魚)

サビキ釣りでイサキ(稚魚)

サビキ釣りでカタボシイワシ

サビキ釣りでメジナ(グレ・幼魚)

サビキ釣りでムツ(稚魚)

サビキ釣りでセイゴ(スズキの幼魚)

サビキ釣りでウミタナゴ

チョイ投げでマダイ(幼魚)

【番外編】サビキ釣りで釣った魚をエサにアカエイ 北条湾では死にエサや活餌でも活餌が弱ってくるとエイの格好の餌食になります。

青魚(アジ・サバ・イワシ)、毒魚、頻繁に釣れる外道扱いの魚種は掲載しておりません。
月別アーカイブ
釣り専用Twitterアカウント
リアルタイムな釣行・釣果情報をお伝えします。