Twitter YouTube TikTok

猫とウサギと釣りのブログ

ウサギの親子に育てられた先代猫を引き継ぎ、ロップイヤーの親子と同居するキジシロ猫の兄妹の日常と、筆者の趣味の釣りに関するブログです。(主に釣り、自動車関連の記事もあり)

 
Category: 釣り   Tags: 釣り  三崎港  北条湾  トウゴロウイワシ  ぶっ込み  青魚  活餌  青物  海水温  泳がせ  

【三崎港・北条湾】爆弾低気圧による青物への影響は?

こんにちは。

この記事を書いておりますのが、2021/12/1ですが、前日の夕方から爆弾低気圧※による強風と豪雨が凄かったです。

爆弾低気圧とは

私が幼少期の頃には経験のない雨の降り方でした。

※時間が経過するとツイート内のリンク先が削除されることがあります。



あらゆる警報が出まくる感じで、恐怖こそ感じませんでしたが、道路は川のようでした。

昨日(2021/11/30)、現在北条湾の中に入って来ている青物について記事を書かせて頂きましたが、その青物がいつ北条湾から離れてもおかしくない微妙な状況の時に、正直申し上げて勘弁して欲しい…と思いました。

私もしがないサラリーマンなので、即座に北条湾に赴き、海水温を計り、青物の群れを確認し…など、気持ちの上ではやりたいのですが、現実的にはそういうわけにはいきません。

そこで、ネットから得られる情報等々から、2021/12/1時点の北条湾がどういう感じになっているか予想してみたいと思います。

まず、こちらの動画ですが、これは2021/12/1に爆弾低気圧による雨が止んだ後に撮影したものです。



場所は首都高湾岸線の鶴見つばさ橋上で、東扇島から大黒ふ頭に向かって走っています。(西行き)

大黒ふ頭周辺は、岸壁のそばでも最深部の水深が15mくらいあります。

大型の船舶が接岸したり航行する場所なのでかなり深い水深ですが、それだけ水深が深くても風に煽られ海が荒れ、海底のヘドロを巻き上げ海の色が変色しているのがお分かり頂けると思います。

大黒ふ頭と北条湾では、距離的にはかなり離れていますが、爆弾低気圧の進路からするとほぼほぼ同じような風雨に北条湾も晒されたと思われます。

北条湾の水深は、大黒ふ頭周辺の水深の半分程度の7mくらいしかありません。

当然15mの水深の海がこれだけ荒れるのですから、7mの水深の海であれば大荒れ間違い無し!です。

豪雨に近い雨量の大雨は、当然たくさんの真水を主に北条湾深部に流れ込んでいる狭塚川から大量に流れ込みます。

昨日(2021/12/1)の記事でも書かせて頂きましたが、北条湾は縦に長い地形の湾で海水が淀み易いです。

たくさんの真水が流入することで、その真水も滞留するため一気に海水温が下がってしまう原因にもなります。

あれだの雨が降ったわけですから、壊滅的に海水温が下がってもおかしくないのですが、ポイントは強風です。

この強風が吹くことで、ツイートの動画のように15mもの水深がある海も海底から根こそぎシャッフルされます。

より規模も小さく水深も浅い海なら確実にシャッフルされているので、比較的こういう状況の時は意外と海水温は下がりません。

然程多くない雨量の雨が、風もなくシトシトと長時間降り続ける方が、北条湾内の海水温を下げてしまいます。

あとは、北条湾、城ケ島周辺海域に暖かい海流が流れ込んでいれば、それほど時間を置かずに海水温も元に戻り、青物のエサとなるトウゴロウイワシ青物自体も北条湾から離れてしまうレベルにはなりません。

こちらは昨日(2021/12/1)の記事でご紹介させて頂いた「海天気.jp」から北条湾周辺海域の海面温度をキャプチャーしたものです。

umi.png


これから言えることは、暖かい海流が流れ込んで来ている…とは断定出来ませんが、著しく海面温度が低い海域はありません。

次はこちらですが、こちらも昨日(2021/12/1)の記事でご紹介させて頂いた、神奈川県の水産技術センターリアルタイム海況データ・三崎瀬戸のキャプチャー画像です。

リアルタイム海況データ・三崎瀬戸 20211201


2021/12/1の18時台に画像をキャプチャーしたので、18時までのデータしかありませんが、画像の赤線で囲った海水温を見て頂きますと、風雨が強かったであろう時間帯の海水温は17度台まで下がっていますが、その後徐々に回復し正午辺りから19度台で落ち着いています。

雨が止んでも、その後も風は強く吹いていたのでキレイにシャッフルされ元に戻ったと見て良いと思います。

各魚が好む適温の海水温であったり、今後の青物の動向については昨日(2021/12/1)書いた記事をご覧頂きたいですが、取り急ぎ今回の爆弾低気圧による影響は、然程無いと考えて問題ないと思います。

青物はいつまでいる?釣り方は?(2021/12/1に書いた記事)

青物と呼ばれる、青魚は海水温にとても敏感に反応します。

気温が一気に下がっても海水温にあまり影響は出ませんが、雨や雪などが降ると、その時の降り方や風などの影響で一気に海水温が下がってしまうことがあります。

その下がった海水温を補う暖かい海流が北条湾周辺海域に流れ込んでいるか、浦賀水道や相模湾、城ケ島沖の海水温がどのくらいあるか…などは今の時期は特に注視した方が無難です。

海水温が下がれば下がるで、また新たな魚が回って来るかもしれませんが、今今の北条湾に現れる謎のフィッシュイーターに出会えるチャンスもあと僅かなような気がしています。

ご釣行の際の参考にして頂ければ幸甚です。

また、ご報告させて頂きます。

QRコード
この記事をスマホ・タブレットでご覧頂く場合はこちらからどうぞ。

釣行時リアルタイム更新・釣り用Twitterアカウント(ライブ配信も行っております)

トリックサビキでのサビキ釣りのやり方(動画)

【Twitter】ツイート内の釣り場につきまして

コメントの投稿につきまして

釣り場のゴミと北条湾にいる動物について

北条湾で使用するサビキ仕掛けについて

ライブ配信動画を見たい場面から見る方法




釣りブログを検索
にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ


関連記事

テーマ : 釣り    ジャンル : 趣味・実用


LEAVE
'A'
COMMENT






01-2022
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

12   02

本ブログの著者について

Koichi Otsuka

Author:Koichi Otsuka
犬派なのに猫とウサギと住んでいる、釣りと酒をこよなく愛する40代のオッサン。釣り歴は小学1年生(6歳)から40数年…■本当は船釣りをしたいのに船酔いが激しく断念。自分に与えられたフィールドは陸しかないと神奈川県内を中心に陸釣りに奮闘中。■釣行先は気分によって変わります、予めご了承下さい。■元自動車整備士ということもあり、極稀に車の記事が突然掲載されることがあります。■下記Twitterアカウントにて、釣行時のリアルタイムな情報を配信しております。

釣り歴が長いこともあり、今まで渓流、川、湖、そして海、ルアー、フライ等々あらゆる釣りを経験し、原点回帰とでも言いましょうか、最近は生まれて初めて魚を釣ったサビキ釣りにハマっております。一周回って更に深く掘り下げて釣りを楽しんでおります。本ブログは基本的にビギナーの方でも分かり易く書いているつもりです。そのため、余計な注釈や説明があり文章全体が長い構成になってしまうことを予めご了承下さい。

※猫についてはTV等に出演した先代猫は亡くなり、現在は二代目となっております
【猫とウサギ】お礼とお知らせ

※当ブログはリンクフリーです。釣りのみの記事をご要望の場合「釣りの記事のみのRSS」をご利用下さい。ブログ記事内に掲載してあります、TwitterInstagramYouTubeTikTokのリンクにつきましてもリンクフリーです。ブログ内の写真につきましては転載不可となっております。ご利用をご希望される場合は、メールフォームよりお問い合わせ下さい。

■猫とウサギと釣りに関して端的に動画像を投稿しています
Instagram

■猫とウサギと釣りに関する動画を投稿しています
猫とウサギと釣りの動画(YouTube)

■釣行時の状況をデータを踏まえてリアルタイム配信しています(宜しければフォローをお願い致します・釣行時ライブ配信も行っております)
@kic_iwashi Koichi Otsuka on Twitter(釣り専用)

■我が家の猫が「TBSテレビ・トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」に出演しました(先代猫)
猫の夏ちゃんの動画がTV番組で紹介されました

■我が家のウサギの親子が「うさぎの時間」というウサギ専門誌に掲載されました
うさぎの時間に掲載されました

■50歳を目前にしたオッサンが何を血迷ったかTikTokを始めました
Koichi Otsuka on TikTok

ご質問・お問い合わせはこちらからどうぞ(WEB上には表示されません)

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログの更新通知を受け取れます

更新通知を受け取れます

全ての記事のリンク
投稿順で全ての記事のリンクが表示されます
スマホ・タブレットでご覧頂く場合はこちらから
QR
最新記事
【三崎港・北条湾】依然カマス好調!このままカマスが根付く(居付く)可能性は?(2022年1月23日) Jan 23, 2022
【三崎港・北条湾】まだ湾内にカマスの群れがいることは確認出来ましたが…(2022年1月15日) Jan 16, 2022
【三崎港・北条湾】カマスを釣る際のポイント(釣りエサ編) Jan 13, 2022
【三崎港・北条湾】カマスの時合いを見誤らないための調査釣行(2022年1月10日) Jan 11, 2022
【三崎港・北条湾】カマスの群れはまだいますが非常に食いが渋かったです(2022年1月8日) Jan 09, 2022
ブログ内画像一覧
人気記事
リンク
こんなの釣れます
サビキでワカシを釣ろう!
月別アーカイブ
釣り専用Twitterアカウント
リアルタイムな釣行・釣果情報をお伝えします。